ASUS TransBook 3 T303UA - これがASUSのSurfaceタイプ、12.6インチ、最強トランスブックはこれ!

公開日: : ASUS , ,

ASUS TransBook 3 T303UA
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。ASUSのTransBook祭り、最後はこれ、12.6インチサイズの「TransBook 3 T303UA」です。2016年8月リリースのTransBook他機種については下記の記事をご覧ください。
ASUS TransBook T101HA ー Atom 2 in 1の「絶対王者」 新型になる!
ASUS TransBook Mini T102HA - もうひとつの10.1インチTransBookはSurfaceタイプ!

スポンサーリンク

今回紹介するT303UAは、サイズが大きいというだけでなく、TransBookというブランド名の製品としては「史上最強」なんじゃないか、と思いますし、Surfaceタイプのライバル製品に対しても総合力で一歩も引けをとらない、ハイスペックな製品です。

1.スペック

ASUS TransBook 3 T303UA スペック表

クリックで拡大します

この製品にはバリエーションが3つあります。まず筐体色「チタニウムグレー」「シャンパンゴールド」があり、「チタニウムグレー」の方には製品版のOfficeである「Office Home and Business Premium プラス Office 365 サービス」が付属するものが独立したバリエーションとなっています。ちなみに製品版Officeがつかないモデルには互換ソフト「KINGSOFT Office Standard」が付属します。

システム構成は3バリエーションとも共通で、CPUがCore i5-6200U、RAMが8GB、ストレージ512GBと、この時点で並のクラムシェルノート以上にハイスペックですし、他社のSurfaceタイプの多く(ほとんどはCore m機です)よりも高性能であるといえます。また、ディスプレイは3K(2,880 × 1,920)で、これを上回る他社製品は「DELL XPS 12」くらいしかありません。

ということで、主要構成を見た時点でこの製品が並のTransBookではなく、またSurfaceタイプとしてもごく高スペックであることがわかります。

周辺機能も充実しています。アウトカメラは1,258万画素(12メガピクセル)と、モバイルWindows機としては極めて高性能ですし、USBもType-CでThunderbolt 3です。もちろんWi-Fiもac規格に対応しています。

それと、この製品にはキーボードカバーと1,024段階の筆圧に対応する「ASUS Pen」が付属します。なので、本家Surfaceのように別売りで高額な出費は必要ありません。また、Windows Helloにも対応していて、「顔パス(顔認証)」が可能です。私は一度「顔パス」を体験したことがありますけど、いっぺん使ってしまったらやめられないくらい便利です。最初ちょっと気恥ずかしいですけどねw

いいことばかりでなく、ちょっと気になる点もあります。バッテリー稼働時間です。約5時間ですから、ACアダプターがないとやや心細いかもしれません。

サイズの方は十分に軽く、薄いですが、他のSurfaceタイプの製品と比較して突出して軽いとか、薄いとかいうことはありません。むしろ標準的と言えそうです。

2.筐体

ASUS TransBook 3 T303UA ななめ後ろ
筐体は典型的なSurfaceタイプです。タブレット側にキックスタンドをもち、薄型のカバー兼用キーボードをセットするものですね。デザイン面でもキックスタンドの形状がSurface Pro 4にそっくりで、あまり個性的とは言えないかな。あと、同時に発表された「TransBook Mini T102HA」にもよく似ていますが、この製品のほうがやや角ばって見えます。

スポンサーリンク

TransBook Mini T102HA 天板
筐体素材はマグネシウム・アルミニウム合金です。質感は問題ないでしょう。

ASUS TransBook 3 T303UA サイドビュー
横から見るとこんな感じ。しかし、Surfaceタイプの製品って、横から見ると「カマキリ」というんでしょうか「ナナフシ」というんでしょうか、ちょっと昆虫ぽい、と思うのは私だけですか?

ASUS TransBook 3 T303UA キーボード
本体に付属するキーボードカバーです。いや、だからね、どうせならキーのついている方を見せて欲しかったんですよね。これじゃ何も書けません。

なお、メーカーによれば、「キーストローク 1.4mm、キーピッチ 19.24mm を確保し、イルミネート機能対応」ということなので、簡易的なデザインですが機能は本格的、と考えていいでしょう。

3.価格と発売時期

ASUS TransBook 3 T303UAは9月16日の発売予定で、直販サイト「ASUS Shop」では現在予約注文を受付中です。価格は、

Officeつき: 194,184円(税込み)
Officeなし: 167,184円(税込み)

と、私にしてみれば高額ですが、Surfaceタイプの製品としては標準的です。ちなみにSurfaceタイプで最もコストパフォーマンスが高いと思われるのは「Lenovo miix 700」で、Lenovo直販サイトのクーポンを使うとキーボード込みで10万円を切るものがありますが、当然スペックはやや低くなります。その点T303UAはCore i5機ですし(その分バッテリーがやや心細い)ディスプレイも「DELL XPS 12」に次ぐ高精細なので、価格に見合う価値は十分にあります。というか個人的にはむしろコストパフォーマンスが非常に高いと感じます。

TransBookといえばAtomの10.1インチ、というイメージがありましたが、T303UAは明らかに別格ですね。本格的なビジネス2 in 1で、Surfaceタイプの中でも有力な選択肢になると思います。

4.関連リンク

ビジネスシーンでの即戦力となる「ASUS TransBook 3 T303UA」をはじめとしたASUS PC製品2016年秋冬モデルを発表:ASUS プレスリリース
ransBook 3 T303UA-512S(Officeつき):ASUS Shop
TransBook 3 T303UA-6200GY(Officeなし、グレー):ASUS Shop
TransBook 3 T303UA-6200GD(Officeなし、ゴールド):ASUS Shop
※なお、ASUSではT303UAを購入すると26,800mAhの超大容量モバイルバッテリーをプレゼントするキャンペーンを開催中です。詳しくは製品ページのバナーを確認してください。

Comment

  1. 海外ではTransformer 3 Proと呼ばれる製品なのでしようか?
    だとしたら、日本でのバリエーションには不満ですね。
    CPUがi5のみ、メモリも8Gだけ。
    外部接続のGPUは出ない?

    ガッカリです

    • wintab より:

      かつぶし丸さん、こんにちは、コメントありがとうございます。多分そうだと思います。スペック違いはTransBook T100HAのように少し遅れて出てくる可能性はあると思います。GPUは難しいかもしれませんね。

  2. e92m36mt@gmail.com より:

    CPUなど海外モデルと比べたスペックも残念ですが、駆動時間が短過ぎ…実質3時間持つかどうかってとこですね(XPS12並み?)。
    3Kとのトレードオフになってるんですね、きっと。

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。同感です。一応モバイルバッテリーのプレゼントキャンペーン中ですけどねw

      • びーまー より:

        駆動時間の短さをフォローしたいキャンペーンに見えて仕方ありません…。3Kでなくていいからカタログスペック8〜9時間ぐらいは欲しかったなぁ。

        • wintab より:

          びーまーさん、こんにちは、コメントありがとうございます。あと、キャンペーンのバッテリーって結構重そうですしね。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑