HIDISC「HY-MB6000ACWH」― 予想外に便利!コンセントから直に充電できるモバイルバッテリー(実機レビュー:natsuki)

公開日: : 最終更新日:2017/12/02 アクセサリ , ,

HIDISC HY-MB6000ACWH
こんにちは、natsukiです。様々なバリエーションのあるモバイルバッテリー。まず目がいくのは、容量、サイズ、重量、急速充電やPower Deliveryに対応しているかどうか、というスペック面でしょう。そんな中に、全体からすると少数派ですが、本体にACプラグを備え、コンセントから直接充電できるタイプのものがあります。これが予想外に便利なもので、紹介してみたいと思います。一応、タイトルに具体的な製品名を挙げていますが、今回のレビューは「コンセント付きモバイルバッテリーというジャンル」の紹介だと思ってください。

スポンサーリンク

1.予想外に活躍することになった、センチュリー「エコトーク2000」

エコトーク2000
私がコンセント付きモバイルバッテリーを使い始めたきっかけは、完全に偶然でした。機種は、画像の「エコトーク2000」です。狙って買ったのでは無く、出先でスマホの電池が切れかかり、アダプターもない状況で、コンビニに駆け込んだ時にたまたま置いてあったのがこれです。なお、Amazonに出品されている同名の製品はこの旧タイプのようで、外見からしてまったく異なっています。

エコトーク2000
スペックは、実用最低限と言っていいものです。容量は3.7Vの2,200mAh(=8.14Wh)で、実際に使った感じでも、4.35Vで3,780mAh(=16.443Wh)のUMI Zに充電して、50%分に満たないくらい。まあ、ほぼスペック通りでしょう。出力ポートはUSBポートが一つで、急速充電などに対応しているわけでもありません。コンセント接続時、バッテリー使用時ともに、出力は5Vの1Aです。サイズは実測で95mm×57mm×25mm、重量は113gと、サイズのわりには軽量です。ただ、この容量ならもうちょっと小さくても…、とは思ってしまいますね。

というように、スペック上では、失礼ながら、あんまり光るところの見当たらない「エコトーク2000」。ところが、実用面ではこれが大活躍。まず前提として、私の場合は、はじめからモバイルバッテリー頼りの使い方はあまりしないので、あくまで緊急避難としての役割のみになります。なので、「エコトーク2000」の容量でも、まあ、なんとかなります。すると、「コンセントで充電できる」というこの一点が、特に出先では非常にありがたい。職場やホテルなどだと、持参する充電アダプターは最低限ですし、備え付けのものも限られています。しかし、コンセントならどこにでもあるので、充電に困ることはまず無い。そんなわけで、気が付けば、常に持ち歩いて使い倒していました。給電速度が遅いのは、使いづらければ一時的に外せばいいだけなので、実用上は特に不便とは感じません。

エコトーク2000
こうして、まったく予想外に活躍した「エコトーク2000」ですが、さすがスペックが低すぎて、上位のモバイルバッテリーが欲しくなりました。目標は2点。第一は、さすがに容量をもうちょい欲しいということ。ただし、サイズ的には大きいのは避けたいところです。特に、個人的に薄さは重要。第二は、コンセントの向きが、画像のような電源タップを使った場合に、他と干渉してしまうこと。そこで、コンセントから直接充電可能なモバイルバッテリーをいろいろ探してみました。

2.コンセントから充電可能なモバイルバッテリーたち

購入を検討した製品のうち、代表的なものを並べてみます。他にも色々見ましたが、特に気になったものということです。条件は、容量は5,000mAh程度、重量200g以内で、できるだけ薄いもの、です。容量10,000mAh級のものもいくつかあって、これはこれで魅力的なんですが、今回はモバイル性重視でパス。

Anker「PowerCore Fusion 5000」

Ankerのモバイルバッテリー
まずは、おそらくこのタイプの一番人気であろう、モバイルバッテリーの王者Ankerの製品、「Anker PowerCore Fusion 5000」です。発売から1年たっていないのに、Amazonのレビュー数はこの記事執筆時点で572件の評価平均4.5と、さすがはAnkerといったところ。いろんな面で、これが一つの基準になるでしょう。容量は5000mAhの 18.5Wh(3.7V)。サイズは71mm×70mm×31mmで重量189g。microUSBでの充電にも対応。ポートはフルサイズUSBを2つ備えます。最大出力はコンセント接続時で5Vの2.1A、バッテリーとして使用時は5Vの3Aで、おなじみAnker独自技術のPowerIQとVoltageBoostによって最適な電流で充電してくれるそうです。ただし、さすがにQualcomm Quick ChargeやUSB Power Deliveryには対応していません。価格はAmazonで2,599円で安定。

ただし、形状が電源タップに挿した時に他と干渉するのと、厚さが3cmを越えるのが不満点のため、保留。以下、電源タップに挿した時に干渉しない、ACプラグが「横向き」に生えている製品をピックアップします。

Panasonic「モバイルバッテリー搭載AC急速充電器 QE-AL201」

Panasonicのモバイルバッテリー
形状、性能からいえば、これが素晴らしい。Panasonicの「モバイルバッテリー搭載AC急速充電器 QE-AL201」です。Amazon出品から3年ほど経つ、一見古い製品ですが、2016年7月以降のロットからバッテリーの質が改善されて、なんと、公称2700回の再充電が可能という信じがたい数値を掲げてます。ほとんどのモバイルバッテリーは公称500回が定番ですからね。さすがはPanasonicと言うべきか。容量は3.7Vの5,000mAh(=18.5Wh)で、この他に2,500mAhと7,500mAhのものもラインアップされています。サイズは、93mm×78mm×24mm。重量195g。最大出力はコンセント接続時も、バッテリー使用時も共通で5Vの1.8Aとややおとなしめ。

品質は申し分ないのですが、その分お値段もそこそこかかります。Amazonだと、ここ数ヶ月は3,770円くらいで推移しています。

オズマ「iPhone/スマートフォン用リチウム充電器自動判別タイプ5000mAh」

オズマのモバイルバッテリー
これもなかなか悪くない。オズマという、あまり耳にしないメーカーの「iPhone/スマートフォン用リチウム充電器自動判別タイプ5000mAh」です。容量は3.7Vの5,000mAh(=18.5Wh)で、3,000mAhのものもあります。サイズは115mm×59mm×21.5mm。重量は163g。薄さと軽さがなかなか優秀です。最大出力は、コンセント接続時で5.2Vの1.5A、バッテリー使用時で5Vの2.0Aです。価格は楽天で税込み2,463円の送料別。

スポンサーリンク

3.サイズ感はほぼそのまんまで、上位互換のHIDISC「HY-MB6000ACWH」に決めた!

HIDISC HY-MB6000ACWH
そして、最終的に買ったのがこれです。HIDISC磁気研究所という、これもあまり聞かないメーカーの「HY-MB6000ACWH」です。容量は6,000mAh。電圧の表記がありませんが、リチウムイオンポリマー電池を使用しているので、3.7Vで間違いないでしょう。サイズは公称109mm×55.6mm×19mmで、重量155gと、先述の容量5,000mAh陣よりも容量で上回りながらわずかに軽量。コンセントを備えながら、厚さ19mmも惹かれるポイントです。なお、実測値は109mm×55mm×19mmに、160gで、ほぼ公称値通りでした。最大出力はコンセント接続時とバッテリー使用時の区別の記載がなく、フルサイズUSBが5Vの2.1A、microUSBが5Vの1Aです。

決定打は、やっぱり価格。購入時はAmazon楽天ともに1,499円でした。や、安い! もっとも、かなり値動きが激しく、記事執筆時点では1,999円となってしまっています。

コンパクトな筐体

HIDISC HY-MB6000ACWH
左からHUAWEIの5インチスマホ「Asend G620S」、「HY-MB6000ACWH」、「エコトーク2000」です。「エコトーク2000」より面積は少しだけ増え、厚さは減少。重量はさすがにちょっと増えました。それでも、十分満足の素晴らしいサイズ感!

HIDISC HY-MB6000ACWH
よっしゃ! そして、干渉しないコンセントの向き。19mmの薄さが活きます。

HIDISC HY-MB6000ACWH
このように、倒した状態でも大丈夫なので、壁面のコンセントにもスマートに挿せます。

HIDISC HY-MB6000ACWH
同梱物はこんな感じ。付属のケーブルは、USB Type-C対応です。

HIDISC HY-MB6000ACWH
microUSBへは、このように引き出しケーブルが付いています。この手のギミックは断線が不安ですが、通常のUSB出力もできるので、万が一断線してもそっちを使えばよいだけで問題ないでしょう。

バッテリーとしての使用感

さて、価格があまりにも安いと不安になってしまうのは品質。ただし、先述のように、私はそんなハイスペックは求めていないので、普通に充電できれば十分です。とりあえず、バッテリーへの充電時に異常発熱するようなことはありませんでした(ある程度の発熱はあります、これはモバイルバッテリーなら当たり前)。

HIDISC HY-MB6000ACWH
それから、PIPO X10に充電して、容量をチェックしてみました。なお、PIPO X10の電源はDC-INジャックのため、ケーブルの都合から電流値はさほど上がらず、無駄に時間がかかっています。画像はモバイルバッテリー側が空っぽになった状態で、画像は通電してますが、数秒で消えてしまうくらいになってます。注目して欲しいのは、右側中段の「Wh」で、23.40Whをたたき出しています。23.4Wh÷3.7V≒6324mAhなので、ちゃんと公称値+αの容量があることが分かります。

HIDISC HY-MB6000ACWH
当たり前かもしれませんが、画像のようにコンセントに挿したまま、アダプタのようにして充電することも可能です。ホームページの製品説明にはこれについて特に説明がなかったので、念のためメーカーに直接メールで問い合わせて、問題なく可能であるとの返答を得ました。なので、安心かと思います。

電流は最大2.1Aとのことですが、試しに、Ankerの電源アダプター「PowerPort+5 USB-C Power Delivery」と比較してみました。以下、その比較表になります。

HIDISC HY-MB6000ACWH
もともと急速充電などには対応していませんので、天下のAnkerアダプターとこれだけ張り合えれば上等でしょう。なお、これらのうち、PIPO X10とGPD Pocketは、電源が付いていると消費電力が供給電力を上回ってしまい、バッテリーを回復することはできずに、じわじわ減っていく状態になります。

4.まとめ

まったくの偶然から使い始めることになった、コンセント充電が可能なモバイルバッテリーですが、充電にアダプターを必要としない取り回しのよさから、思いがけず必須のアイテムとなってしまいました。弱点としては、コンセントのギミックを備えて電源アダプタも内蔵することから、どうしても、単なるモバイルバッテリーに比べればかさばりがちということがあります。そんな中で、このHIDISC「HY-MB6000ACWH」は大健闘しており、実際使ってみても、このサイズ感は申し分無しです。

これ以外にも、いくつか紹介したように、それぞれの製品に個性があるので、自分に合ったものを選ぶとよいかと思います。今回は省略しましたが、もっと大容量が欲しい場合は、10,000mAh級も何種類かあります。コンパクトさとどっちをとるか、なかなか悩みどころですが、アダプター無しでどこでも充電できる手軽さは、使用環境によっては手放せなくなりますよ。

5.関連リンク

HIDISC 6000mAH モバイルバッテリー:Amazon

スポンサーリンク

Comment

  1. アダプタが分離しているタイプを長年使っていますが、一体型の方が良さそうですね。ケーブル1本で両方充電できるのは大きい。

    • natsuki より:

      コメントありがとうございます。
      私も、偶然使うまでその利便性に気付かなかったので記事にしました。それなりの旅行ならともかく、ちょっと出る時でも、これならカバンに入れっぱなしでさほど邪魔になりませんからね。厚さ19mmというのは非常に扱いやすいです。

  2. なお より:

    これと薄型のUSB付OAタップが旅行なんかに便利です

    3R-KCUSBTAP02
    軽いし、薄いし、ホテルの部屋の電源は限られてますが、こいつはもとの電源は潰さない設計です
    うちのトイレは狭いからこいつで、ウォシュレットの電源やタブレットの充電してます

    • natsuki より:

      コメントありがとうございます。
      この3R-KCUSBTAP02、いいですね。
      やっぱり、携帯するには塊やコード付きの形状より、カード型でできるだけ薄い方がいいですものね。

  3. 匿名 より:

    モバブって結局ケーブルとACアダプター持ち歩くからこういうのいいかも

    • natsuki より:

      コメントありがとうございます。これなら、microUSBの出力1Aでよければ、アダプターどころかケーブルすら要りません。とりあえずの用途なら、これ1つとmicroUSB→USB Type-C変換ソケットだけで十分ですよ。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑