FRONTIER ZNA - 第12世代のCore i7とGeForce RTX3070Tiを搭載する、FRONTIERのゲーミングノート最上位モデル

FRONTIER ZNA
BTOパソコンメーカーのFRONTIERが同社としてはハイエンドとなるゲーミングノート「ZNAシリーズ」を発売しました。CPUに第12世代(Alder Lake)のCore i7を、GPUにはGeForce RTX3070Tiを搭載する高性能な製品です。

スポンサーリンク

1.FRONTIER ZNA スペック

スペック表

  FRONTIER ZNA
OS Windows 11 Home/Pro
CPU Intel Core i7-12700H
GPU NVIDIA GeForce RTX3070Ti Laptop(8GB)
RAM 16GB/32GB/64GB
ストレージ 500GB/512GB/1TB/2TB NVMe SSD
M.2 NVMe SSD増設可
光学ドライブ なし
ディスプレイ 15.6インチ(1,920 × 1,080)144Hz
ネットワーク 802.11a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth 5.0
入出力 USB Type-C(Thunderbolt 4)、USB3.2 Gen2 Type-C、USB3.2 Gen1 × 2、HDMI、Mini Display Port、microSDカードリーダー、イヤホンジャック、マイクジャック、LAN(RJ45)
カメラ Webカメラ(200万画素)
バッテリー 11.4V/6780mAh/80Wh
サイズ 358 x 240 x 234.9 mm(誤りです)
重量 2.4 kg

ベースモデル

・RAM16GB/512GB SSD
・RAM16GB/1TB SSD
・RAM32GB/1TB SSD

コメント

FRONTIERのゲーミングPCは注文の際にシステム構成のカスタマイズが可能です。このZNAシリーズの場合、主要構成ではOSのバージョン、RAM容量、SSD容量をカスタマイズできます。

CPUは第12世代の高性能タイプ(型番末尾H)、Core i7-12700Hです。2022年に発売された(発売される)ゲーミングノート用CPUとしてはおそらく最もポピュラーな型番だと思います。GPUはGeForceの上位型番、RTX3070Tiです。FRONTIERのゲーミングノートにはRTX3080/3080Tiを搭載するモデルはありませんので、RTX3070Tiを搭載するZNAシリーズがハイエンドモデル、ということになります。

スポンサーリンク

RAMは16GBから最大64GBまでカスタマイズが可能、SSDは512GB、1TBといった標準的な容量に加え、2TBという大容量も選択できますし、512GB/1TBのM.2 NVMe SSDを追加することもできます。またディスプレイは15.6インチのFHD解像度、リフレッシュレートは144Hzです。ゲーミングノートとしてはオーソドックスな部類と言っていいと思います。

通信まわりではWi-Fi6に対応し、入出力ポートはUSBが合計で4つ(うち1つはThunderbolt 4)でHDMI、miniDP、microSDカードリーダー、そして有線LANポートと充実した構成です。

サイズは表記ミスですね…。タテ・ヨコは正しい数値だと思いますが、高さは23-24 mmくらいなのかな、と思います。重さは2.4 kgと、15.6インチのゲーミングノートとしては標準的くらいのサイズ感です。

2.FRONTIER ZNA 筐体

FRONTIER ZNA
ここ1-2年くらいの間に発売された15.6インチノートは横幅が360 mmを切っているものが多いです。この製品の横幅も358 mmと小さく、よって左右のベゼル幅もかなり細くなっています。

FRONTIER ZNA
天板です。これはシンプル…。完全無地です。ゲーミングノートの天板は凹凸があったりデコレーションが施されているものが目に付きますが、ZNAは「逆」ですね。これはこれで個性的だと思います。

FRONTIER ZNA
キーボードです。「日本語キーボード 107キー、キーピッチ約18.2mm、キーストローク約1.8mm±0.2mm)」と開示されています。15.6インチノートとしてはオーソドックスにテンキーがつくタイプですが、Enterキーの下側の部分、具体的には方向キーと右Shiftキーがややトリッキーかな、と感じます。特に右Shiftキーはサイズが小さく、慣れないとちょっと使いにくそうです。

このキーボードはバックライトがつき、カラフルな色に点灯させることができますが、どうやら「1ゾーン」のようなので、「色の切り替えはできるが、キーボード全体が単色」ということになります。また、設定アプリでキーボードマクロの登録も可能です。

FRONTIER ZNA
FRONTIER ZNA
前面と背面(上の画像)と側面(下の画像)です。この製品は背面にもポートがあります。

3.FRONTIER ZNA 価格など

FRONTIER ZNAはFRONTIER公式サイトで販売中で、7月11日現在の価格は税込み269,800円から、となっています。他社の同等クラスの製品と比較してすごく安い、という感じではありませんが、RAMやSSDのカスタマイズ料金が比較的低めと感じられますので、大容量のRAMやSSDを搭載したい場合にはお買い得感が出てきそうです。

筐体デザインがゲーミングノートとしてはかなりシンプルなので、意外に「こういうのが欲しかった」という人も少なくないかもしれないなあ、と思いました。

4.関連リンク

FRONTIER ZNAシリーズ:FRONTIER

スポンサーリンク