ASUS Mini PC PB60G - GeForce GTX1650グラフィックモジュール付属!オンラインゲームも楽しめそうな高性能ミニPC

ASUS Mini PC PB60G
ASUSが高性能なミニPC(ASUSではコンパクトPCとも呼んでいます)「PB60G」を発売しました。ウインタブでは最近CHUWIやMINISFORUMのミニPCを何度かレビューしていますし、テレワークが普及した昨今、ノートPCユーザーがミニPCに関心を寄せる傾向が強まっているのではないか、と勝手に予想もしています。そんな中で発売されたPB60Gですが、ビジネス用としてもクリエイティブワーク用としても、そしてゲーム用としても使えそうな、とても魅力的な製品だと思います。

スポンサーリンク

1.概要

  PB60G
OS Windows 10 Home
CPU Intel Core i7-8700T
外部GPU NVIDIA GeForce GTX1650(4GB)
RAM 16GB(最大32GB)
ストレージ 512GB SSD + 1TB HDD
光学ドライブ なし
ディスプレイ 13.3インチIGZO(1,920 x 1,080)タッチ
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0
入出力 USB 3.1 Gen1 Type-C、USB 3.1 Gen2 × 3、USB 3.1 Gen1 × 2、USB 2.0 × 2、HDMI × 2、DisplayPort × 3、DVI、イヤホンジャック、マイクジャック、LAN(RJ45)
カメラ なし
バッテリー なし
サイズ 175 × 175 × 70.2 mm
重量 1.59 kg

CPUは第8世代(デスクトップ用Coffee Lake)のCore i7-8700Tです。デスクトップ用の「末尾T」というのは「超省電力タイプ」を指していますので、性能は少し控えめです。しかし、第8世代の超省電力タイプとは言え、デスクトップ用のCore i7なので、Passmarkのベンチマークスコアは10,000を越えていますから、十分な実力があると言えるでしょう。

外部GPUも搭載しています。GeForce GTX1650ですね。PB60GはもともとゲーミングPCではないんですが、このCPUとGPUの組み合わせなら、仕事終わりに「一戦まじえるか!」というのも十分可能でしょう。ただこの製品、GPUを本体と同じ筐体ではなく「グラフィックモジュール」という別筐体に搭載しています。

ASUS Mini PC PB60G
こんな感じです。上がPC本体、下がグラフィックモジュールです。おそらく「理屈上は」グラフィックモジュールなしでもPCとして使えると思います(すみません、確証はありません)。あと、これも確証はないのですが、サイズから見てGPU BOXのように好きなグラフィックカードに換装できる、ということもなさそうです。

スポンサーリンク

RAMは標準で16GBですが、空きスロット(DDR4-2666)が1つあり、最大で32GBまで搭載可能です。ストレージも512GB SSD+1TB HDDと十分すぎる容量になっています。

ASUS Mini PC PB60G
ASUS Mini PC PB60G
入出力ポートは「非常に素晴らしい」と思います。PB60GはMINISFORUMなどのハイスペックミニPCよりも「ワンランクかツーランク上」くらいの価格なのですが、ポート構成に関してはそれら中国系のミニPCを圧倒していますね。

ちょっと脱線しますが、私が現在使っているMINISFORUM EliteMini H31Gは、処理性能、省スペース性とも極めて高水準で、「大満足」しているんですが、ポート構成に関しては明らかに弱いです。以前も書いたことがありますが「前面にUSBポートがない」「USB Type-Cポートがない」というのは少々不便です。

ASUSのPB60Gならポート構成に不満を感じることはないでしょう。絶対数が十分な上、前面にUSBポートもありますし、USB Type-Cポートもあります。外部ディスプレイ出力もなんと最大6画面です。株とか為替のトレーディングもできそう。

…そう言えばSDカードリーダーはないですね。ここは必要に応じて外付けでなんとかしなくちゃいけません。

ASUS Mini PC PB60G

ASUS Mini PC PB60G
もちろん縦置きやディスプレイの背面に装着することも可能です。縦置き用のスタンドやVESAマウンターも同梱されます。あと、この画像にアンテナがありますが、PB60GはWi-Fiにも対応します。ただし、Wi-Fi6(ax規格)には非対応です。

最後にサイズですが、MINISFORUM H31Gと比較してみましょう。

ASUS PB60G:175 × 175 × 70.2 mm / 1.59 kg
MINISFORUM H31G:154 × 153 × 62 mm / 1.15 kg

MINISFORUMよりも一回り大きいです。

MINISFORUM EliteMini X400
この画像は私のデスクを撮影したものです。右側にH31Gが写っていますが、十分コンパクトではあるものの、「そろそろミニPCと呼ぶには厳しい」くらいの大きさと言えるかもしれません。この記事ではPB60Gを「ミニPC」と呼んでいますが、ASUSが「コンパクトPC」とも表現しているのは妥当でしょうね。

2.価格など

ASUS Mini PC PB60GはASUS Storeで販売中で、11月12日現在、定価が135,273円(税込み148,800円)のところ、「発売記念セール開催中!期間・台数限定で26,364円OFF!」ということで108,909円(税込み119,800円)となっています。

ちなみに、この記事で比較してきたMINISFORUM H31Gの「Core i7-9700F/GTX1050Ti/RAM16GB/512GB SSD」という構成のモデルは879ドル(約93,000円)で、輸入消費税を含めると10万円くらいにはなりますので、PB60Gとそれほど大きな価格差にはなりません。

PB60Gは拡張性(パーツの換装や増設という意味です)においては大型のデスクトップPCよりも劣るものの、スペック面やポート構成などを見ると、小さいながらも十分に高性能で使い勝手のいいデスクトップPCと言えます。もちろん省スペース性という点では一般的なデスクトップPCを寄せ付けません。発売記念セールの価格であれば「買い」でいいんじゃないでしょうか。

3.関連リンク

PB60G-B7234ZDicon:ASUS Store

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    この重さでディスプレイの背面に付くんだ。
    ファン音もうるさそうだね。

  2. 匿名 より:

    画像見るとチラっとPCIe x8基盤の先端が見えますね・・・
    GTX1650はPCIe供給電源75Wだけで別途補助電源は必要としないので
    PCIe x16→x8の変換基盤を噛ませて抜き差し耐久性を強化しただけかな?
    古典的PCIeタイプのeGPUだけどで最近流行りのホットスワップタイプの
    thunderbolt eGPUだと2割程度性能が低下するので
    電源落としてから抜き差しすれば十分なminiPCの場合はこちらの方が合理的でしょね