FRONTIER NSM(2020)- 14インチで軽量なモバイルノートに第10世代CPUが搭載されました!

FRONTIER NSM(2020)
BTOパソコンメーカー「FRONTIER」の14インチモバイルノート「NSMシリーズ」が一部改良され、スペックが新しくなりました。NSMシリーズは薄型・軽量なモバイルノートながらスペックも高く、ビジネスマシンとして非常に魅力的な製品です。なお、今回の変更点は多くはなく、筐体は従来モデルから変わっていませんので、この記事では変更点を中心にご説明します。筐体構造等については下記の紹介記事をご参照ください。
FRONTIER NSM(2019)- 14インチで重量1.2 kg!使いやすいパッケージングの高性能モバイルノート

スポンサーリンク

FRONTIER NSM(2020)
FRONTIERの製品は注文時に構成のカスタマイズが可能(BTOパソコン)ですが、このNSMはOSのバージョンを変更できる程度で、ハードウェア構成は全く変更ができません。ベースモデルは下記の2つです。

・Core i5/RAM8GB/256GB SSD
・Core i7/RAM16GB/512GB SSD

今回の変更点はCPUの型番のみです。第8世代(Whiskey Lake)から第10世代(Comet Lake)に変更されました。Core i5/Core i7それぞれに組み合わされるRAMとストレージは1種類のみで、「だいたいこんな感じになるよね」という構成ではありますが、FRONTIERの製品なのでカスタマイズ余地が欲しかったところですね。

スポンサーリンク

あとは従来モデルから変更はありません。ディスプレイは14インチのFHD解像度、ノングレアタイプで、「IPS」という表記はありませんが、ほぼ間違いなくIPS相当の、視野角の広いものになっていると思います。通信まわりも残念ながらWi-Fi6には対応しませんでした。

また、入出力ポートは薄型モバイルノートとしては十分な構成になっていると思います。USBポートが合計で4つありますしね。SDカードリーダーもmicro規格ではないというのがうれしいところです。

FRONTIER NSM(2020)
FRONTIER NSMシリーズはFRONTIER公式サイトで販売中で、2月20日現在の価格は94,800円(税込み104,280円)から、となっています。

お気づきの人もいると思いますが、この製品の筐体はおそらく「MSI Modern 14」と同じものだと思われます。ただし、CPUとGPU(MSIには外部GPU搭載モデルもあります)の組み合わせや筐体色など、MSIとは異なる部分もありますし、価格も異なります。なので、ご購入のタイミング(あるいはセール価格)やニーズに合わせてお好きなものを選ぶといいんじゃないか、と思います。個人的にはFRONTIERなので、注文時にRAMやストレージ容量のカスタマイズ、また外部GPUの搭載有無などが選択できるようになっていたら、なお良かったのでは?と思います。

関連リンク

NSMシリーズ(10世代CPU):FRONTIER

スポンサーリンク