FRONTIER FRT220P - 10.1インチでキーボードが付属するWindows タブレット。ノートPCとしても使えます

FRONTIER FRT220P
BTOパソコンメーカーのFRONTIERが10.1インチサイズのWindows タブレット(2 in 1)「FRT220P」を発売しました。日本市場ではめっきり見かけなくなった低価格帯のWindows タブレットですが、この製品はタブレット単体としての利用のほか、ヒンジ付きのキーボードが付属し、CPUもAtomではなくCeleronになっていますので、モバイル用サブPCとしても活躍してくれそうです。

スポンサーリンク

1.スペック

   FRT220P
OS  Windows 10 Pro
CPU Intel Celeron N3350
外部GPU なし
RAM 4GB
ストレージ 64GB eMMC
光学ドライブ なし
ディスプレイ 10.1インチIPS(1,280 × 800)
ネットワーク 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2
入出力 USB 3.2 Gen1 Type-C、USB 3.2 Gen1 、miniHDMI、microSDカードリーダー、オーディオジャック
(キーボード側にUSB 2.0)
カメラ イン2MP/アウト2MP
バッテリー 3000mAh/22.2Wh/7.4V
サイズ タブレット:260 × 174 ×10 mm
キーボード:260 × 174 × 13 mm
重量 タブレット:635 g
キーボード:500 g

OSはWindows 10 Proです。「エントリー機になぜ?」と思うのですが、最近このパターンが多いですね。ドスパラのVF-AD4とか、中華PCでもBMAX製品なんかはPro版が搭載されていることが多いです。

このFRT220Pには「FRT210P」という前身モデルがあり、FRT210PのCPUがAtom Z8350だったのに対し、FRT220PではApollo Lake世代のCeleron N3350になりました。AtomからCeleron、ということで、かなりの性能アップを期待される人もいるかも知れませんが、N3350というのは2コアCPUで、性能はそれほど良くありません。Atom Z8350よりは「少しパワーアップした」くらいに考えておくといいでしょう。

タブレットとしてシングルタスクでWebブラウジングや動画視聴をするぶんには悪くないと思いますが、キーボードを接続して文書作成などをする場合は、割とライトなものでないと少しストレスがあると思います。

スポンサーリンク

RAMは4GB、ストレージは64GB eMMCと、こちらも2020年のWindows PCとしてはミニマムな水準です。ストレージの64GBという容量に関しては、使っているうちにちょくちょく容量不足の警告が出てくるものの、不要なアプリやデータをこまめに削除するようにすれば使えないことはありません。

ディスプレイは10.1インチのIPS液晶で、解像度は1,280 × 800なので、特に高精細とは言えませんが、使っていて画面の粗さが気になる、というほどではありません。実際、エントリークラスのノートPCではまだまだ1,366 × 768という解像度のものも多いです。

入出力ポートは、10.1インチのタブレットとしては「こんなもん」でしょう。また、キーボード側にもUSB 2.0ポートが1つありますのでノートPC形態で使う場合もサイズの割に拡張性があると思います。

サイズは前身モデルから変更がありません。しかし、重量は少し重くなりました。

FRT220P:
 タブレットのみ:635 g
 キーボードのみ:500 g
FRT210P:
 タブレットのみ:595 g
 キーボードのみ:480 g

おそらく筐体(外装)は変わっていないと思われますが、CPUが変更になった関係で内部の仕様が変わっているのでしょう。なお、バッテリーに関してはmAh表示だと前身モデルの6,000 mAhから小さくなっていますが、前身モデルの数値算出に用いる電圧が3.7Vになっていたため、実質的には新旧でバッテリー容量は変わっていません。

2.筐体

FRONTIER FRT220P
FRONTIER FRT220P
この製品の大きな魅力はヒンジのついたキーボードが付属していることです。キーボードを接続すれば、このように「10.1インチモバイルノートそのもの」として使えます。

FRONTIER FRT220P

クリックで拡大します

FRONTIER FRT220P

クリックで拡大します

タブレット本体のキーボードの各部説明です。FRONTIERは製品情報の開示姿勢が素晴らしい、といつも思いますが、この2枚の画像を見ていただければもはや筐体説明は不要ですよね。

3.価格など

FRONTIER FRT220PはFRONTIER公式サイトで販売中(出荷は9月中旬以降)で、定価32,800円(税込み36,080円)のところ、8月27日現在、発売記念特価として29,800円(税込み32,780円)となっています。

CPU性能が高くないので、「メインで使うノートPC」には向かないものの、持ち出し用あるいはテレワーク時のサブPCとして、またタブレット単体での動画視聴やWebブラウジング用としては便利に使えそうです。筐体構造やサイズが異なりますが、ドスパラの14インチノート「VF-AD4」と価格がほぼ同じなので、ご自身の利用シーンを想定しつつ両者を比較すると、ニーズが見えてくるかも知れませんね。

4.関連リンク

FRT220P:FRONTIER

スポンサーリンク

コメント

  1. より:

    スペック表のディスプレイ解像度が間違っています。
    誤 (1,280 × 1,080) → 正 (1,280 × 800)