HP Spectre x360 15 - Spectre史上、最もパワフル!ゴージャスなハイエンド15.6インチ2 in 1

公開日: : HP , , ,

HP Spectre x360 15
つい先日、HPの最新13.3インチ2 in 1「Spectre x360 13」をご紹介しましたが、HPではこの製品と同時に、ほぼ同じデザインの15.6インチ2 in 1「Spectre x360 15」を発表しています。

スポンサーリンク

「ちょっと待って!Spectre x360の15.6インチって、こないだ発売されたじゃん!」と、HPファンなら思うかもしれません。そのとおり、2018年6月に「Spectre 15 x360」という製品が発売されたばかりです。なので、HPのPC製品としては異例と言える速さでモデルチェンジされた、ということになります。

1.スペック

HP Spectre x360 15
冒頭に書いたとおり、Spectre x360 15とSpectre x360 13は「サイズ」を除けばほぼ同じデザインです。しかし、中身はかなり違っています。もともと「Spectre」という製品ブランドはHPの個人向けPCでは最上位に位置しますが、この製品には「下位グレード」というものが存在しません。「全部ハイエンド」です。

OSはPro版、CPUにはゲーミングノートでも主流と言えるCoffee Lake世代の6コア、Core i7-8750Hが搭載されます。それ以外のCPUはラインナップされません。また、外部GPUとして、GeForce GTX1050Tiが搭載されます。この組み合わせはゲーミングノートでもよく見られ、「中位クラスのゲーミングノート」くらいに相当します。

従来モデルのSpectre 15 x360はこれとは違っていまして、「Kaby Lake G」、つまり「Core i7-8705G + Radeon RX Vega M GL」の組み合わせになっていました。新旧のCPU + GPUの組み合わせによる性能差がどのくらいなのか、具体的には何とも言えませんが、HPみずからこの製品のことを「Spectre 史上、最もパワフル」と称しています。

RAMは16GBで固定です。8GBとかはありません。また、ストレージは512GBもしくは1TBのSSDで、強いて言えば「512GB SSDを搭載するのが下位モデル」ということになります。どこが下位だよ…。

ディスプレイは15.6インチのIPS液晶で、4K解像度です。FHD解像度の設定はありません。もちろんSpectreアクティブペン2が標準で付属し、1,024段階の筆圧に対応した手書き入力ができます。ディスプレイのリフレッシュレートは不明ですが、IPS液晶で4K解像度ですから、その美しさは疑いがない、と言えるものの、「ゲーム用じゃないかもね」とは思います。

入出力ポートは13.3インチのSpectre x360 13とあまり変わりません。一応HDMIポートが追加されていますが、15.6インチサイズのPCとしてはポートの数は少ないほうです。ただし、13.3インチと同様、USB Type-CはThunderbolt 3なので、個々のポートの性能は非常に高いです。

サイズのほう、従来モデルと比較してみます。

ニューモデル: 359 × 249 × 19.0-21.0 mm / 2.17 kg
従来モデル: 359 × 249 × 19.0-21.0 mm / 2.13 kg

ピッタリ同寸ですね。重量は40グラム重くなっていますが、ほとんど無視していいレベルでしょう。タテ・ヨコサイズは15.6インチのPCとして非常に小さいと言えます。最小レベルと言ってもいいくらいです。ただし、重量は2 kgを越えています。Spectreでは筐体の質感・触感を重視していて、ひたすら軽量化する、という考え方は採っていないようです。

バッテリー稼働時間は伸びました。従来モデルが最大11時間、ニューモデルでは最大13時間45分です。また、この製品は「コネクテッド・モダンスタンバイ」を採用していますので、スリープ中でも通知が受け取れ、スリープ復帰も高速です。

しかし、13時間45分というのは、あくまで「GeForceが眠っていること」が条件だと思います。つまり、軽めの作業に終止する、という前提ですね。ひとたびGeForceが動き始めたら稼働時間は一気に短くなると思います。

それと、13.3インチのSpectre x360 13にも採用された「HP Command Center」というソフトウェアが装備されます。このソフトウェアはゲーミングノートなどでは一般的に見られる「温度調整及び冷却機能を制御」するもので、「パフォーマンスモード、推奨モード(自動)、クーラーモード、クワイエッドモード」の4つのモードを選択することができます。

スポンサーリンク

2.筐体

HP Spectre x360 15
従来モデルもそうでしたが、横幅がギリギリまで小さくなっていますので、左右のベゼルは極細です。上部のベゼルはやや太くなっていますが、そのせいでWebカメラ(Windows Helloの顔認証に対応します)は一般的な場所に配置されます。ビデオチャットなどをする場合、上部ベゼルにカメラがあったほうが自然な画像になりますよね。

HP Spectre x360 15
新旧モデルの比較です。これ、13.3インチのSpectre x360 13のときと全く同じといいますか、ヒンジのあるほうのエッジ部分の処理が異なるだけで、ほとんど同じデザインです。ただし、ニューモデルの方には指紋センサーが装備されます。あと、横幅359 mmながら、しっかりテンキーも装備されます。

キーボードは、日本仕様だと「JIS標準準拠・106キー」、つまり日本語配列でバックライトが装備され、キーピッチは18.7 × 18.4 mm(主要キーの場合)、キーストロークは約1.55 mmとなっています。

HP Spectre x360 15
コンバーチブル2 in 1なので、このようにテントモード、スタンドモード、タブレットモードへの変形が可能です。PCのスペックが高く、ディスプレイも大型かつ高精細なので、アクティブペンを使ってのイラスト制作なんかにも向きますし、その際にタブレットモードやスタンドモードは重宝するでしょう。

HP Spectre x360 15
13.3インチと同様、デザインアクセントは背面のヒンジ付近の処理にあります。このように斜めにカットされ、USB Type-Cポートも斜めに配置されています。HPによれば、HPによれば「ポート位置を斜めにすることで右手の操作性が向上しました。もちろん、ディスプレイと干渉しない設計になっております。」とのことです。

なお、筐体色は「Spectreといえば」のアッシュブラックのみです。個人的にはどうも馴染めないんですよね、この色。

HP Spectre x360 15
側面とポートの配置です。13.3インチにそっくりではありますが、外部GPUを搭載している関係か、通気口が目立ちます。また、HDMIポートがついているため、ポートのレイアウトも13.3インチとは異なります。

それと、右側面(画像下)のUSB Type-Aポートの左側に「プライバシースイッチ」というのがついています。これはカメラを無効化する働きがあります。

3.価格など

HP Spectre x360 15は12月初旬の発売予定で、価格は229,800円(税込み248,184円)から、となっています。この製品はストレージ以外に構成の幅はありませんので、ストレージ512GB版が229,800円ということですね。また、この価格にはアクティブペンも含まれます。

この製品のスペックを見て、最初に頭に浮かんだのは「ThinkPad X1 Extreme」です。X1 Extremeは注文時に構成のカスタマイズが可能ですが、あえてSpectreと同じシステム構成にすることができます。

もちろん「似ても似つかない」わけですが、ハイエンドのノートPCとして、好対照なのではないかと思います。どっちがいいかは人それぞれですし、どういう使い方をするのかにもよりますので、なんとも言いようがありません。え?私?言うまでもありません。

4.関連リンク(HP)

HP Spectre x360 15 製品詳細
icon

Comment

  1. グラボ搭載で筆圧対応とか豪華だし、角をカットしてUSBポートにするのはとても斬新。

    • wintab より:

      PYUさん、こんにちは。HPのプレミアムクラスはマジいろいろ考えられているし、筐体品質が抜群だし、素晴らしいと私も思います。

  2. じょせふ より:

    デザインが気に入り公式でspectre x360 15予約しました
    とても待ち遠しい……

    • wintab より:

      じょせふさん、こんにちは。ご購入おめでとうございます。そりゃあ待ち遠しいでしょう。ハイエンドマシンですし、デザインも抜群だし。うらやましいです。

  3. unii より:

    これだけ筐体がかっこいいのでUS配列にカスタマイズできると最高だなぁ。。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
geekbuying セール
  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑