HP Spectre x360 13 - この冬の本命コンバーチブル2 in 1か?13.3インチ、HPのプレミアムモデルがリニューアル

公開日: : HP , , ,

HP Spectre x360 13
HPが13.3インチのコンバーチブル2 in 1「Spectre x360 13」を発表しました。どうでもいいかもしれないですが、従来モデルは「Spectre 13 x360」という名称だったので、微妙に製品名も変わった、ということになります。言うまでもなく「Spectre」というのはHPの個人向けPCでは「ハイエンド(HPではマスターピースと呼んでいます)」な製品ブランドで、Spectre x360 13もゴージャスな雰囲気を漂わせる高級機という印象があります。

スポンサーリンク

1.スペック

HP Spectre x360 13
CPUはWhiskey Lake世代(正確には世代ではなく、開発コードネーム)のCore i5-8265U/Core i7-8565Uです。この世代のCPUはウインタブではまだレビューしたことがなく、その実力はよくわかっていませんが、Passmarkがベンチマークスコアを公開していました。

Core i7-8565U: 9,225
Core i5-8265U: 7,244
Core i7-8550U: 8,336
Core i5-8250U: 7,661
※10月28日現在のPassmark公表値。数値が大きいほうが高性能

Passmark公表値で、Core i7-8565Uはサンプル数5、Core i5-8265Uはサンプル数2、という状況なので、まだ十分に信頼できるデータとは言えません。実際、Core i5-8265UのほうはKaby Lake RのCore i5-8250Uよりも低いスコアになっています。Kaby Lake RとWhiskey Lakeだと、ターボ・ブースト時のクロックスピードが異なる(Whiskey Lakeのほうが高い)ものの、基本的にはWhiskey LakeになってWi-Fiまわりの機能が向上した、というのが大きな変化と言える程度なので、CPUとしての一般的な処理性能は数%くらいの改善にとどまるのかもしれません。

RAMは8GB/16GB、ストレージはSSDのみで256GBから1TBまでの設定があります。またディスプレイは13.3インチIPS液晶で、FHD解像度と4K解像度が設定されます。コンバーチブル2 in 1なので、もちろんタッチ対応です。

また、従来モデルと同様、Spectre アクティブペン(一部モデルに付属、他はオプション扱い)による1,024段階の筆圧に対応するペン入力ができます。

入出力ポートは、薄型筐体ということもあって、ちょっとクセがあるかもしれません。フルサイズ(Type-A)USBポートは1つ装備されますが、他はType-C(Thunderbolt 3)となります。Thunderbolt 3が装備されることにより、映像系ポートは省かれています。ただ、これは従来モデルと同じ構成ではあります。

サイズのほう、従来モデルと比較してみましょう。

ニューモデル: 308 × 217 × 14.3-16.0 mm / 1.32 kg
従来モデル: 307 × 218 × 13.6-15.5 mm / 1.29 kg

さすがのHPもモデルチェンジのたびにサイズを小さくするというのは難しいようですね。国産PCだとNECのLAVIE Hybryd ZEROや富士通のLIFEBOOK UHが700 g台という驚異的な軽量筐体を実現していますが、これらの製品は「マグネシウム・リチウム合金」を使っていて、質感が非常に高い、という感じではありません。ウインタブで実機レビューした際にプラスティック製かと勘違いしたくらいでして…。後述しますが、Spectreは独特のゴージャスな筐体になっていますので、デザイン性とか手触りとか、そういった部分を重視しているのだろうと思います。

ただし、バッテリー稼働時間は驚異的に伸びました。従来モデルも約16時間という公称値でしたが、ニューモデルではなんと22時間強です。話半分としても終日バッテリー切れを気にしなくて済むでしょうね。それと、「コネクテッド・モダンスタンバイ(スリープ状態でも通信をし、通知もできる)」にも対応します。最近のHPはモバイルPCにこの機能を積極的に採用しています。

また、ゲーミングノートみたいに「HP Command Center」というアプリを搭載し、「パフォーマンスモード、推奨モード(自動)、クーラーモード、クワイエッドモード」と、利用環境に応じて温度調整と冷却機能の制御をコントロールできるようになっています。

2.筐体

HP Spectre x360 13
正面から見たところです。サイズが従来モデルとほとんど変わりませんが、もともと13.3インチノートとしてはかなりコンパクトな部類に入る製品だったので、ベゼルも細いですし、とてもスタイリッシュです。

筐体素材はCNC加工のアルミ製で、HPによれば「ただ単に薄型・軽量を追求することだけが、ゴールではないから。」とのことです。つまり、Spectreらしい質感を重視しているということですね。

HP Spectre x360 13
Spectreのイメージカラーは「アッシュブラック(黒地に金)」ですが、ニューモデルでは「ポセイドンブルー」という新色が追加されました。エッジ部分がゴールド、というのは変わりませんが、ブラックとは違う、濃いブルーになっていて、こちらも人気色になるのではないかと思います。

スポンサーリンク

HP Spectre x360 13
新旧モデルを並べたところです。なんか、あんまり変わってないような気もしますが、よく見るとヒンジ部分の両端が斜めにカッティングされています。また、パームレストに指紋センサーも新設されました。

スピーカーはもちろんHPお得意の「Bang & Olufsen」でクワッドスピーカー(4スピーカー)が搭載されます。2つはキーボード面に、残りの2つは底面です。HPのBang & Olufsenは個人的には「ノートPCで最強」だと評価してまして、この製品の音質も素晴らしいだろうと思います。

HP Spectre x360 13
ニューモデルのデザインアクセントはここでしょう。筐体後部です。USB Type-Cポートが斜めに配置されていて、HPによれば「ポート位置を斜めにすることで右手の操作性が向上しました。もちろん、ディスプレイと干渉しない設計になっております。」とのこと。実用性については何とも言えませんが、斬新な試みだとは思います。

HP Spectre x360 13
側面とポート配置です。左側面(画像下)にはUSB Type-Aポートのみ。あとはすべて右側面(画像上)にポートが集中します。で、microUSBスロットとUSB Type-Cポートの間にスイッチのようなものが見えますよね?

HP Spectre x360 13
このスイッチは「プライバシースイッチ」です。この製品にはオプションで「内蔵型 覗き見防止スクリーン(HP Sure View)」を装備することができ、スイッチひとつで視野角を狭くすることができます。従来モデルにもあった機能ですが、Spectre x360ならではの便利機能です(ただし、筐体色アッシュブラックのみ装備可能)。

HP Spectre x360 13
たぶん蛇足だと思いますが、コンバーチブル2 in 1なので、ご覧のようにテントモードやスタンドモード、タブレットモードへの変形が可能です。この製品はペン入力ができますので、スタンドモードやテントモードを使う頻度も高そうですね。

3.価格など

HP Spectre x360 13は12月初旬の発売予定で、主なバリエーションと価格は下記のとおりです。

ベーシック:Win10 Home/Core i5/8GB/256GB/FHD:139,800円(150,984円)
スタンダード:Win10 Home/Core i7/16GB/512GB/FHD:159,800円(172,584円)
プロフェッショナル:Win10 Pro/Core i7/16GB/1TB/FHD:177,800円(192,024円)
パフォーマンス:Win10 Pro/Core i7/16GB/1TB/4K:189,800円(204,984円)
※カッコ内は税込み価格
※プロフェッショナルモデル、パフォーマンスモデルにはアクティブペン付属

13.3インチのコンバーチブル2 in 1として、最安値ではないと思いますが、凝りに凝った筐体を採用し、最新の、そして高いスペックで固めた製品としては決して割高ではないと思います。実際のところ、通常のビジネス用途であればベーシックモデルでも十分な実力があると思いますし、ベーシックモデルだからといって見た目に差があるわけでもないですし。

ただ、Spectreの独特の世界観といいますか、アッシュブラックに代表されるゴールドを多用した筐体デザインは、やはり好き嫌いがわかれるのではないか、と思います。個人的にはこの配色は好きではありません。普通のシルバーとか、ホワイトの筐体色を用意してくれたらもっといいのに、なんて思っちゃいますね。一方で、この配色こそSpectre!と考える人も少なくないと思います。

経験上、HPのSpectreにハズレはない、と思います。この製品も購入して後悔するようなことはないでしょう。発売が12月初旬とのことですが、年末商戦の台風の目になると思います。

4.関連リンク(HP)

HP Spectre x360 13 製品詳細
icon

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
geekbuying セール
  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑