FRONTIER XN(2018)- 15.6インチのハイスペック・ゲーミングノートにGTX1060モデルが追加されました

FRONTIER XNにGTX1060モデル追加
BTOメーカーのFRONTIERがノートPCのトップモデル「XNシリーズ」にバリエーションを追加しました。FRONTIERのゲーミングノートは比較的ラインナップがシンプルで、全モデルCPUにCoffee Lake世代の6コア・Core i7-8750Hを搭載し、外部GPU(GeForce GTXシリーズ)の型番によって製品シリーズが決まる、という型番構造になっています。GTX1050 → NZシリーズ、GTX1050Ti → GNシリーズ、そして、今回のモデル追加によりGTX1060/GTX1070 → XNシリーズ、ということになりました。

スポンサーリンク

なお、今回紹介する「XNシリーズ」については、すでに製品概要を説明している記事がありますので、こちらも合わせてご覧ください。
FRONTIER XN(2018)- FRONTIERのゲーミングノート、トップモデルが大きくパワーアップ!そして薄型化!

1.スペック

FRONTIER XN
XNシリーズはFRONTIERのゲーミングノートでは最上位に位置する製品で、つい先日GPUにGeForce GTX1070を搭載するモデルが発売されています。この際、FRONTIERのゲーミングノートシリーズにはGTX1060という、おそらく高い需要があると思われる中上位のGPUを搭載する製品がラインナップされない状態になっていました。

しかし、今回のモデル追加により、最上位モデルのXNがGTX1060もしくはGTX1070を搭載する格好となりました。

バリエーションが追加されたXNシリーズは、もともとBTOメーカーであるFRONTIERとしてもカスタマイズ範囲が非常に広い製品となります。OSはHome版とPro版を選べ、CPUはCore i7-8750Hで固定です。これまで述べてきたとおり、GPUはGTX1060とGTX1070を選べますが、GTX1070はVRAM8GBのMax-Qデザイン(薄型ノートに最適化された構造のもの)、GTX1060はVRAM6GBの非Max-Qデザインとなります。

RAMはスペック表上、最低4GBからとなっていますが、注文時に指定できる最低のRAM容量は8GBからで、最大32GBまで増設注文が可能です。ストレージは2基搭載可能で、M.2 SSD + 2.5インチSATA SSD/HDDの組み合わせができます。

ディスプレイは15.6インチのFHD解像度ですが、詳細が開示されていません。ここのところ、ゲーミングノートでもディスプレイのリフレッシュレートに注目する人が増えていますので、この点は少し残念です。

入出力ポートは充実しています。USBが合計で5つ、映像系もHDMIに加えMiniDisplayPort × 2を備えます。ゲーマーの人は外部ディスプレイを接続してプレイするケースもあるでしょうし、なにかと周辺機器を接続する機会も多いと思いますが、拡張性については心配なさそうですね。

サイズは特に小さいわけではありません。横幅380 mmというのは「トラディショナルな15.6インチ」という感じです。しかし、厚さが2センチを切る18.6 mmである、という点と重量が2キロを切り、1.98 kgである、という点は高く評価できると思います。

2.筐体

FRONTIER XN(2018)
横幅が380 mmということもあり、ベゼルが特に細いということはありません。引き締まって見えますが、正面から見て、特に強い個性が感じられるわけではありません。

スポンサーリンク

FRONTIER XN(2018)
一般にFRONTIERのノートPCは天板が無地だったり、ごくシンプルなデザインのものが多いのですが、XNシリーズは例外と言ってもいいくらいに派手です。見るからにゲーミングノートという感じです。なお、天板の装飾はペイントされているだけで、イルミネーション的な機能はないだろうと思います。

FRONTIER XN(2018)
キーボードです。キーピッチは約18 mm、キーストロークは約1.15±0.2 mmとなっています。ゲーミングノートの一部に装備されるプログラムキー(マクロキー。ユーザーが操作を割り当てられるフリーのキー)はなく、割と普通のキーボードと言う感じです。指紋センサーの装備はありません。

FRONTIER XN(2018)
専用のソフトウェアが付属し、バックライトのカラーコントロールが可能になっています。このあたりはゲーミングノートらしさがあります。

FRONTIER XN(2018)
側面と入出力ポートの構成です。ゲーミングノートとしてはかなりの薄型であることがわかります。ポートの数と種類は十分、USBポートが左右に振り分けられているので周辺機器の接続も容易と思われます。なお、一部のゲーミングノートに見られるような、背面のポート配置はありません。

3.価格など

FRONTIER XNはFRONTIER公式サイトで販売中で、10月29日現在のベースモデルの価格は下記のとおりです。

GTX1060:
基本モデル(RAM8GB/500GB HDD):149,800円(161,784円)
おすすめ構成A(RAM8GB/320GB SSD):154,800円(167,184円)
おすすめ構成B(RAM16GB/256GB SSD + 1TB HDD):169,800円(183,384円)

GTX1070:
基本モデル(RAM8GB/1TB HDD):169,800円(183,384円)
おすすめ構成A(RAM8GB/320GB SSD):172,800円(186,624円)
おすすめ構成B(RAM16GB/256GB SSD + 1TB HDD):189,800円(204,984円)
※カッコ内は税込み価格

もともとGTX1070搭載モデルもスペックの割に安い、と感じていたのですが、追加されたGTX1060モデルは同一構成だとさらに2万円弱安くなっています。ゲーミングノートという性質上、ストレージにSSDを搭載するほうがいいとは思いますが、FRONTIER製品はカスタマイズ余地が大きいので、比較的少ない追い金で好みの構成に仕上げられると思います。

4.関連リンク(FRONTIER)

XNシリーズ(HM370)

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑