ドン・キホーテ NANOTE - あのドンキが7インチUMPCを発売します!しかもお値段税抜き19,800円!

ドン・キホーテ NANOTE
「驚安の殿堂」ドン・キホーテが7インチのUMPC(コンバーチブル2 in 1)を発売します!ドン・キホーテは「情熱価格PCシリーズ」と称し、これまでも激安なタブレットやノートPCを手掛けてきましたが、ついにUMPCです。しかもお値段はなんと税抜き19,800円!さて、どんな製品でしょうか?

スポンサーリンク

1.スペック

ドン・キホーテ NANOTE
価格が価格なので、UMPCとしては「過去最低のスペック」だと思います。ONE-NETBOOK One Mix(初代)に近いですが、RAMやストレージ容量はさらに小さいですね。

CPUのAtom Z8350はOne Mixと同じです。2020年の今だと、使っていて「ややもっさり」という使用感になると思いますが、比較的ライトな作業(テキストライティングやWebブラウジングなど)であれば、大きな不満なくこなせると思います。RAM4GB/ストレージ64GBというのも、いまどきのWindowsマシンとしてはミニマムな構成ではありますが、使い始めてすぐにストレージ不足で詰む、ということはありません。

ディスプレイは7インチのタッチパネル、WUXGA解像度で、おそらくIPS液晶になっていると思います。One Mixシリーズのような筆圧対応のペン入力はできないでしょうね(ウインタブ推定)。また入出力ポートは必要最低限の水準は確保されていると思います。ただし、これもウインタブ推定になりますが、DC-INジャックが見当たらないので、充電/給電はUSB Type-Cを使うのではないかと思われます。それと、7インチのUMPCとしては珍しくWebカメラも搭載しています。

サイズはOne Mixシリーズ(7インチ)よりも若干厚みがあるくらいです。

NANOTE:181 × 113.6 × 19.6 mm / 520 g
One Mix(初代):182 × 110 × 17 mm / 510 g

2.筐体

ドン・キホーテ NANOTE
正面から見たところです。One Mixシリーズに非常によく似ています。特にキーボード面のスペースキー付近がそっくりですね。ただし、右上の電源ボタン付近のデザインが異なります。また、配列も似ていますが、全く同じというわけではなく、違っているところもあります。

スポンサーリンク

また、ディスプレイ面の左側にカメラのレンズらしきものが見えます。Webカメラ搭載、というのは「がんばったね」と思いますね。

ドン・キホーテ NANOTE
天板です。無地ですね。筐体素材は不明ですが、コンバーチブル2 in 1筐体なので金属製かと思われます。

ドン・キホーテ NANOTE
コンバーチブル2 in 1なので、テントモードやタブレットモードでの利用も可能です。

ドン・キホーテ NANOTE
トップ画像を再掲します。この画像で入出力ポートの配置がある程度わかります。ポート類は右側面に集中していて、これを見る限りDC-INが見当たりません。また、USB Type-Cポートが「いかにも」な位置にあるように感じられますので、おそらくUSB Type-Cからの給電/充電になると予想しました。

3.価格など

ドン・キホーテ NANOTEは5月1日の発売予定で、価格は税抜き19,800円(税込み21,780円)です。この価格はUMPCとしては驚異的な安値です。ディスプレイ品質はどうか、挙動のサクサク感がどのくらいか、など、仕上がりが気になるところですが、コロナの関係で外出自粛の折、5月1日に店頭で実機に触れるのは難しいところです。そういった心配をすることなく、早く手にとってみたいものですね。

4.関連リンク

情熱価格PCシリーズに7インチ UMPC が初登場 360°開くコンパクトサイズ『NANOTE(ナノート)』誕生!:ドン・キホーテ ニュースリリース

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    日本語入力が簡単にできそうだしType-Cの充電も悪くない
    ハンドストラップがつけられればいいな

    • wintab より:

      こんにちは。経験上、7インチはキーボードサイズが結構厳しいです。慣れるまでが苦行かと。でも欲しいですけどねw

  2. 匿名 より:

    私の経験上、使い物になるWindowsマシンは最低でも10インチです。それ以下は実用的ではありません。でも私はこの手の物に性能や操作性は求めません。ただ「面白いから買う」のです。
    以前、8インチのWindowsマシンを買いましたが、操作性はクソ最悪でした。それより小さいのだから結果は目に見えて・・・でも買うんです。なぜって、面白いからです。それだけです。^^

    • wintab より:

      こんにちは、おそらく全ウインタブ読者が同意するコメントでしょう。でね、これを買ってしまうと急に宗旨変更して「これ意外といいよ!」なんていい出すわけで、これもまた全ウインタブ読者がそうなるのか、と思います。私もそうなんですけどねw

      • 匿名 より:

        キングジムのポメラ風な外見ですね。

        スペック的にも、文章作成用に絞ったほうがよさそうですね。

        • wintab より:

          エディターで文章を書くなら軽快に動くと思います。キーボードに慣れるのに苦労するんじゃないか、と。

  3. 匿名 より:

    電車通勤している人なら高解像度だし、文字入力できる単行本リーダーとして優秀なのかな?
    個人的には Linux 使いなので 64bit OSに対応してくれているかで評価が全く変わるのですが…

  4. 匿名 より:

    正直,このご時世にドンキにいくリスク・・・けどほしい・・・おもちゃにしかならないけどほしい・・・

    • 匿名 より:

      おもちゃとして使えれば十二分なのではw

      うちの場合は、8インチの泥タブ(ZenPad)が役割かなり被ってしまうので
      不要…なんだろうけど多分買っちゃう。

  5. 匿名 より:

    この手のUMPCでようやくハイフンの位置が0の右に来たものが・・・
    頑張ればLinux運用できそうだしこれはほしいですね・・・

  6. 匿名 より:

    ドン・キホーテでぐぐったら家から11キロ車で17分の所にあるのを発見
    来月買いに行こうかな
    日本語キーボードでポケットに入るのがイイ

  7. 匿名 より:

    UMPCなんてこんなんでいいんだよ。どうせキーボード打ちにくいし。今のCorei7で16GB512GBとかが狂ってる。

    • wintab より:

      こんにちは。スペックに関しては人それぞれとは思いますが、私も個人的には現状のUMPCのスペックは少々高すぎかと思っています。

  8. かぜ より:

    中華UMPCがハイスペックになったり大きくなったりしてるなかで、逆に個性が際立ってますね。
    自分はGPDpocket2使ってるので全く不要なのですが、逆にオモチャ用に割り切れる分無駄に欲しくなってます。

  9. 匿名 より:

    実用性があるかないかなんて関係ない!
    ガジェット好きは買うのだ。

    GPDやONE MIXはおもちゃというには高価すぎた。Core i7とかの高性能CPUを積んでてもキーボードがネックになってどうせバリバリは使えないのに、無駄に高価で買うのを躊躇したが、これならおもちゃとして罪悪感なく買えるぜ!

    • wintab より:

      こんにちは、この価格なら罪悪感なしで買えちゃいますもんね。あとは現状だとドンキの実店舗に行きにくいというのはあります。でもこれ売り切れそうな勢いですからねえ。困りますよねー。

  10. 匿名 より:

    高性能・高価格のUMPCを買っても、結局バッテリーの切れ目が縁の切れ目なので、このくらいの価格のものを「2年遊べればいいかー」くらいの気持ちで買うのが良い気がします。

    • wintab より:

      こんにちは。そうですね。個人的にはUMPCをサブ機として本格的に外出先で使うのはちょっと厳しいかと思ってます。確認業務とかメールの返信とかだといいんですが、ウインタブの記事を完結するのは(できますけど)ちょっとつらいですね。

  11. 匿名 より:

    Windows「も」 使えるポメラと考えればあり。

    • wintab より:

      こんにちは、その認識なら問題ないと思いますけど、キーボードは慣れるのが大変だと思います。ただ、ライターのかのあゆさんは、「これで使いやすい」と言ってますけど…。

  12. 匿名 より:

    7インチUMPCの場合、私は両手で横側を抑えて親指打ちですね。それで十分早く打てます。

    • wintab より:

      こんにちは、ご自身にあった使い方が見いだせれば一段と快適になりますね。私しょっちゅうIME切り替えとかをするので、なかなか早く打てません。

  13. 匿名 より:

    似たスペックのpeakagoがindiegogoにあるけどコロナの影響で遅延していて値段も1万高いから出資した人辛いね

  14. 匿名 より:

    発売日の今日、コロナも怖いけど物欲に勝てず、昼頃ドンキに行ってきました。物を買ったらすぐに店内を離脱するつもりで。
    ところがいくら探しても見つからないので店員に聞いたら売り切れとのこと。諦めきれず、車で別の巨大なドンキへ行くも、なんとここでも売り切れ。
    発売日当日の昼なのにどうやら完売のようで、次回入荷も未定だそうです。ああ悔しい。

    • wintab より:

      こんにちは。おそらくあちこちでレビュー記事が出回ると思うので、それを読んでから次回入荷分を買えばある意味勝ち組かも?

  15. 匿名 より:

    先ほど購入しましたが、2万円のパソコンとしてはかなり品質が良いですね
    筐体は金属製で安っぽさは無いですし、キーボードの打ち心地も標準的で、ディスプレイも発色なども良質です
    難点はUMPCらしさ全開の特殊キー配置、520gという重量、USB-Type-A(3.0)が1個とType-Cが1個(充電ポート兼用)というポート数の少なさくらいですね

    総じてスペックにしても筐体品質にしても2万円とは思えない出来のため、ここに来るような人で2in1-UMPCを持っていないなら即買いでも損はしないと思います

    • 匿名 より:

      追記
      物理的にタブレットモードにした場合はキーボードでの操作が無効化されます
      ディスプレイはほぼ横から見てもほとんど変色を起こさないため、IPS相当だと思われます
      TAB、無変換、入力切り替え、F9~F12がFnキーとのコンビネーションキーになっています
      マウス代わりの黒ポチは撫でて操作するタイプです
      排気口のようなものはありますが、ファンレスのようです

    • wintab より:

      こんにちは「ここに来るような人で…即買いで損はしない」→これ。
      ただ、今現在は在庫切れで買いたくても買えないようですね。

      • 匿名 より:

        やたらCPUが熱を持つのに金属な筐体裏面が熱くならないのを不審に思い、ついでにちょっといろんな人が分解していたので、興味本意で分解してみたところ……
        なんと、USB端子と放熱板とを絶縁するテープ(2枚重ね)のおかげでCPUの伝熱シート(シリコン製で厚め(たぶん2mmくらい?))が放熱板に触れてないという設計不良がありました(排気口側から目視可能)
        仕方ないので絶縁テープを1枚剥がして適当にmicroHDMIの上あたりに貼り付けたところ、CPU用伝熱シートが放熱板に接着されて、きちんと放熱できていることを確認しました(CPU温度60℃台→40℃台)
        ここに来る人なら問題ないとは思いますが、やっぱりある程度は色々と自分で弄る気がないと厳しいですね

        • wintab より:

          こんにちは、ライターのかのあゆさんが、注意喚起もこめてレビュー記事を書いてくれました。読者の方々には叱られるかもしれませんが、最後におっしゃっている一言がまさにピッタリの製品だと思います。

  16. 匿名 より:

    私も近所のドンキに昼頃在庫問合せすると、午前中に売り切れで次期入荷は未定との事。悔しいので行動範囲の他市町村のドンキ数店にも問合せするも全滅。
    やはり相当売れている様ですね。この値段でOnemixっぽい筐体でこのスペック、個人的にも是非とも入手して遊び倒したいものです。

    • wintab より:

      こんにちは。買えなかった人は他にも多数おられるご様子です。次回入荷の時期が早ければいいですね。

  17. Re:Pu より:

    暗いニュースが多い中、ドンキの格安UMPCは本当に救いですね!(そこまでか)
    スマホやMacBookと同じUSB-Cで充電できるのも便利そう
    自粛が終わったらゲームのリモートプレイやクラウドゲーム用に試してみたい!

    • wintab より:

      こんにちは。「そこまで」だと思います。世の中コロナで暗くなっていて、私も先行きに不安を感じてますので、この価格でUMPCが買える!というのは本当に朗報だと思います。ただこれ、いつになったら買えるのか…。