マウス X5 - 重量わずか1.4 kg、鮮やかなレッドの天板にRyzen 5搭載!「15.6インチモバイルノート」が登場です!

mouse X5
マウスコンピューターが15.6インチノート「X5」を発売しました。この製品は既存の14インチ「X400」シリーズに属するとのことで、外観がX400によく似ています。しかし、ちょっとびっくりしたのが「15.6インチで重量1.4 kg」というところ。1.4 kgと言えば「ちょっと重めのモバイルノート」くらいなので、この製品は「15.6インチモバイルノート」と言っていいかも知れません。

スポンサーリンク

1.スペック

mouse X5
マウスコンピューターはBTOパソコンメーカーなので、注文時に主要構成をカスタマイズできます。この製品の場合はOSのバージョン、RAM容量、ストレージ容量をカスタマイズ可能です。

CPUはAMD Ryzen 5 3500Uで、ざっくりいうとCore i5に近い性能です。RAMは標準で8GB、カスタマイズにより16GBまで搭載可能で、ストレージは標準で256GB、こちらもカスタマイズで最大1TBまでのSSDを選択できます。CPU、RAM、ストレージ構成から考えて、中上級クラスのノートPCということができるでしょう。

ディスプレイは15.6インチのFHD解像度で、IPS相当なのかTN液晶なのかは開示されていませんが、価格帯から考えて視野角の広いIPS相当の液晶が使われているのではないかと思います。入出力ポートはUSBが合計で4つ、HDMI、有線LAN、microSDカードリーダーと、必要十分な数と量が確保されています。…マウス製品ですけどD-subはないですね…。またWebカメラはWindows Helloの顔認証に対応します。

注目のサイズです。これ、15.6インチとしては非常に小さいですね。最小クラスと言っていいでしょう。それと、冒頭に書いたとおり重量もわずかに1.4 kgですから、モバイルノートとして使うことも十分可能だと思います。

2.筐体

mouse X5
上下左右ともベゼル幅がかなり細くなっていて、特に左右が極細、という感じです。一方でWebカメラはしっかり上部ベゼルにありますので、使用感を損ねることもありません。なんかマウスのPCとは思えないくらいです。

スポンサーリンク

mouse X5
天板は鮮やかなレッド。先日紹介記事を掲載した14インチのX400B(Ryzenモデル)と同じ色で、筐体素材もX400(B)と同じマグネシウム合金です。

mouse X5
キーボードです。15.6インチサイズですがテンキーはありません。日本語配列88キーでバックライト(ホワイト)がつき、キーピッチは約18mm、キーストロークは約1.4mmと開示されています。テンキーがないことにより、一層モバイルノートっぽさが強調されているように思われます。実際、外出先では作業スペースが十分に確保されないこともあるので、ホームポジションがPCの中央となるテンキーレスキーボードのほうが使い勝手はいいんじゃないかと思います。

mouse X5
側面と入出力ポートの配置です。かなりの薄型であることがわかりますし、ポートの数も十分ですよね。

3.価格など

マウス X5はマウスコンピューター公式サイトで販売中で、12月19日現在の価格は89,800円(税込み98,780円)から、となっています。ベースモデル(89,800円)のシステム構成はRyzen 5/RAM8GB/256GB SSDなので、特にカスタマイズしなくとも十分なものになっていると思います。

これまでのマウス製品は「実用性をよく考えているが、少し大きくて重い」という印象がありましたが、先行して販売されているX400シリーズといい、このX5といい、既存のイメージとは全く異なり、薄型軽量で、ポップなデザインのノートPCであると思います。「15.6インチモバイルノート」とも言えるパッケージングのX5、乃木坂のCMでマウスの存在を知って訪れた新しい顧客層を一気に獲得するんじゃないでしょうか?

4.関連リンク(マウスコンピューター)

15.6型 mouse X5シリーズicon

スポンサーリンク