マウス m-Book X400B(Ryzen)- 14インチで重さ1.13 kgのモバイルノートにRyzen搭載モデルが台数限定で追加されました!鮮やかなレッドが素敵!

マウス m-Book X400B
マウスコンピューターのm-Book X400についてはウインタブでも6月25日に紹介記事を掲載しています。14インチで第8世代のCore iプロセッサーを搭載する高性能マシンで、重量もわずかに1.13 kgと、非常に魅力的なパッケージングの製品なのですが、ウインタブでは一度紹介記事を掲載したっきりになっていました。そのX400に「X400B」というモデルが追加されています。CPUがCore iプロセッサーではなくAMD Ryzenで、価格も既存モデルよりもかなり低めに設定されています。そして何より「筐体色が素晴らしい」んですよね!

スポンサーリンク

1.スペック

マウス m-Book X400B
マウスコンピューターはBTOメーカーなので、注文時に構成をカスタマイズすることができます。X400Bの場合は主要構成でOSのバージョン、RAM容量、ストレージ容量が変更できます。CPUはRyzen 5 3500Uで、非常に乱暴に言うと、第8世代のCore i5くらいの性能です。また、過去のウインタブでの実機レビュー経験に照らすと、グラフィック性能はCore i5以上の実力があると感じています。

RAMは標準で8GB、最大で16GBまで搭載可能です。ストレージも標準だと256GB SSD、最大で1TB SSDにすることができますので、RAM、ストレージともお好みの容量にすることができますね。ディスプレイは14インチのFHD解像度で、IPS液晶なのかTN液晶なのかは開示されていませんが、ウインタブが先日とある展示会でこの製品のIntel版を目にし、視野角が広かったのでIPS相当の液晶が使われているものと理解しています。

入出力ポートの構成は素晴らしいと思います。さすがマウスコンピューター。これだけの軽量に仕上げつつも4つのUSBポート、HDMI、さらに有線LANポートまで装備しています。SDカードがmicro規格なのがちょっと残念ですけど、文句なしの水準だと思います。それと、WebカメラがWindows Helloの顔認証に対応しているというのもいいですね。

サイズも「やっぱり素晴らしい」です。タテヨコサイズは14インチとして十分にコンパクトで、厚さ17.5 mmというのは「それほど薄くはない」ですが、マウスコンピューターって「使い勝手を悪くするくらいなら厚く重いほうがマシ」と考えているようなので、入出力ポートの充実ぶりを考慮するとここは全く文句ありません。そして、重量は1.13 kgと、マウス製品としては異常に軽いと思います。いやこれ冗談です。でも、14インチで1.13 kgなら他社製品よりも軽いですし、どこにでもひょいひょいと持ち出せますよね。

2.筐体

マウス m-Book X400B
正面から見ると四隅が丸みを帯びていて、ちょっと個性的です。左右のベゼルは非常に細くなっていますよ。

スポンサーリンク

マウス m-Book X400B
天板です。「マグネシウム合金素材にレッド塗装」です!個人的にこの配色はツボにはまりました。めちゃめちゃいいと思います。Intel版のほうはブラック筐体で「ある意味マウスっぽい」んですけど、それと正反対に鮮やかなレッド。最高です。

マウス m-Book X400B
キーボードも他のマウス製品とは雰囲気が異なります。82キー/キーピッチ約18mm/キーストローク約1.4mmという仕様なので、特にキーピッチが広いほうではありませんが、おそらくキートップのサイズが大きめなんだろうと思います。キー間隔が狭く見えますよね?また、このキーボードはバックライトも装備しています。

マウス m-Book X400B
側面と入出力ポートの配置です。種類と数が充実しているだけでなく、USBポートは左右にバランスよく振り分けられていますし、とても使い勝手がよさそうです。

マウス m-Book X400B
前面と背面です。SDカードリーダーはmicro規格で前面に配置されています。

3.価格など

マウス m-Book X400Bはマウスコンピューター公式サイトで販売中で、11月26日現在の価格は79,800円(税込み87,780円)から、となっています。ただこれ、「台数限定」になってまして、2,500台限り、とのことです。

また、Intel版のX400のほうもセールになっていてCore i7-8565U/RAM8GB/256GB SSDという構成のモデルが87,800円(税込み96,500円)と、通常価格よりも下がっていました(12月4日まで)。

記事中でも触れましたが、マウスコンピューターという会社は薄型化、軽量化のためにポートを削ったりするようなことは基本的にしません。なので、13.3インチだけど1.5 kgとか、そういう製品が目につくのですが、X400Bは14インチで1.13 kgと、他社に一歩も引けを取らない軽量筐体を備え、マウスらしい充実した入出力ポート構成も維持しています。さらに価格も非常に低めに設定されていますので、ビジネスにせよパーソナルにせよ、とても魅力的なモバイルノートだと思います。あと、やっぱり色が最高ですよね!

4.関連リンク(マウスコンピューター)

14型 m-Book X400シリーズ
icon

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    Lenovoのセールを見た後だと高く感じてしまう……