DELL Inspiron 15 3000(AMD)- 15.6インチ、DELL CINEMAでエンターテインメント体験を!低価格なAMD搭載スタンダードノート

公開日: : DELL , ,

DELL Inspiron 15 3000 AMD
DELLは個人向けメインストリームPCライン「Inspiron」にてAMD搭載のスタンダードノート「Inspiron 15 3000(AMD)」を発売しました。なんか最近よく「メインストリーム」という表現を見かけるんですけど、メーカーの定義はともかく、「中堅」とか「ボリュームゾーン」という意味で理解すればいいと思います。Inspironの場合、上位の製品ブランドに「XPS」がありますが、Inspiron自体に「3000(エントリー)」「5000(プレミアム)」「7000(ハイエンド)」という、さらなるランク付けがなされていて、一言で理解するのが難しいです。

スポンサーリンク

今回紹介する製品は「メインストリームであるInspiron」の「エントリーである3000」ということになるので、DELLとしては低価格帯に位置する製品で、実際価格も40,980円(税込み44,258円)からと、お手頃な価格になっています。

1.スペック

DELL Inspiron 15 3000 AMD スペック表
スペック表を見て感じる、この製品の最大の特徴はCPUがAMDである、というところです。ウインタブではAMDを搭載する製品の実機レビュー経験はほとんどなく、その魅力についてもきちんと理解できていないのですが、読者の中にはAMDユーザーの人も少なくないですね。ただ、この製品のCPU(AMDではAPUといいます)は注目のRyzen Mobileとかではなくて、低価格帯に位置するものなので、AMDユーザー(おそらくハイエンドCPUを使っていると思います)でもいまいちピンとこないかもしれないですね。

一応、PASSMARKが公表しているベンチマークスコアをチェックしてみます。

AMD E2-9000: 1,819
Celeron N3350: 1,118
Celeron N3450: 1,826
Core i3-7100U: 3,782
※2月3日現在のPassmark公表値
※数値が大きい方が高性能

IntelのCPUと比較するとApollo Lake世代のCeleron N3450とほぼ同性能、ということになります。ただし、これはあくまでPassmarkのベンチマークスコアでしかないので、これだけで完全に性能評価ができる、というわけではありません。ウインタブの数少ない実機試用経験だと、AMDはグラフィック処理に優れていると感じますので、ドラクエベンチなどをやるとCeleron N3450よりも高いスコアとなる可能性はあると思います。でも、Core i3とは勝負にならないでしょうね。

また、E2-9000の内蔵するグラフィックチップは「Radeon R2」と言います。Intel製のCPUでいう「Intel HD Graphics」と同じ位置づけですね。

RAMは4GB、ストレージは1TB HDDです。残念ながら注文時に構成のカスタマイズは出来ません。また、ディスプレイも15.6インチでHD解像度となります。これもまたカスタマイズは出来ないです。その他の部分を一通り見ても、典型的な低価格帯のスタンダードノート、って感じですね。

しかし、スペック表に反映されない特徴として、「DELL CINEMA」対応というのがあります。DELLはパソコンによるエンターテインメント体験を充実させるべく「DELL CINEMA」を提唱しており、これは「CinemaColor/CinemaSound/CinemaStream」という三本柱から成り立っています。

スポンサーリンク

Inspiron 15 3000 AMDの場合、CinemaColor(ディスプレイ品質)は該当していないようですが、他の2つには対応しています。

CinemaStream : SmartByteは通信パケットの種類を検知し、映像や音楽に最大の帯域幅を割り当てます。途切れることのない快適なストリーミングでスムーズな映像を楽しめます。
CinemaSound : Waves MaxxAudio Pro音響処理プロセッサーを搭載。ボリュームを上げてもあらゆる音域をクリアに再現し、プロ仕様の高音質を体験できます。
(DELL製品ページより引用)

つまり、SmartByte(ネットワーク通信の最適化)とWaves MaxxAudio Pro(高品質なスピーカーシステム)を採用しており、パソコンでの映画視聴や音楽鑑賞を快適に楽しめる、とのことです。AMDのCPUはそれに一役買っているのかもしれないですね。

2.筐体

DELL Inspiron 15 3000 AMD
この製品、あまり多くの筐体画像が公開されていません。しかし、既存モデルであるInspiron 15 3000(IntelのCPUを搭載)と同一の筐体が使われているようです。製品サイズを見てもタテ・ヨコサイズは決して小さいとはいえず、したがってDELLの上位モデルのような狭ベゼル設計にもなっていません。また、筐体素材もプラスティック製と思われます。

DELL Inspiron 15 3000 AMD 側面

クリックで拡大します

側面とポート類です。「1.SDカードリーダー / 2.オーディオジャック / 3.USB 2.0 / 4.DVDドライブ / 5.ケンジントンロック / 6.DC-IN / 7.LANポート / 8.通気口 / 9.HDMI / 10.USB 3.0」となります。スタンダードノートとして標準的な構成だと思います。あと1つUSBポートがあればもっと良かったですね。また、低価格な製品ですが光学ドライブはしっかり装備されています。

3.価格など

DELL Inspiron 15 3000(AMD)はDELL公式サイトで販売中で、価格は40,980円(税込み44,258円)から、となっています。またこの製品は2月4日現在、スペックの異なるバリエーションモデルは存在せす、OSのバージョン(HomeかProか)、Officeの有無、筐体色(ブラックかグレーか)を選択できます。

DELL公式サイトもクーポンによる値引き販売が常態化しており、この記事を書いている2月4日現在だと「5%オフクーポン」が使えます(製品ページにクーポンコードがあります)。その結果、価格は38,931円(税込み42,045円)からと、少しお買い得になっています。

価格帯からしてエントリークラスのスタンダードノートということになりますが、CPUにAMDを採用し、DELL CINEMAによる充実したエンターテインメント体験ができる、というのが魅力です。お値段の割に楽しそうな製品といえるんじゃないでしょうか?

4.関連リンク(DELL)

New Inspiron 15 3000(AMD)

スポンサーリンク

Comment

  1. なお より:

    CINEMAってなんのこっちゃとおもったのですが
    いわゆるカクつき防止みたいですね
    APUは、CPU+GPUなのでグラボのせる(スペース的にも)必要がないのがいいですね

    ムービー再生中は、それほどCPUいらないのが逆に割り切った考え方になってますね
    SSDもそれでHDDになってるし

    ただUSB2.0は3.0にしてほしかったですね

  2. E=mc^2 より:

    Raven Ridge(Ryzen U)が見えてる状況でBristol RidgeのE2-9000は買いにくいんだよなあ…
    海外分で供給埋まってしまってるってとこなんだろうけど

    • wintab より:

      E=mc^2さん、こんにちは、コメントありがとうございます。ノート用、いつ発売になるんでしょうね?私はAMD系のCPUやGPUを試した経験がほとんどありません。でもRyzenは興味津々です。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP スペシャルクーポン
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑