ASUS ROG Zephyrus M16 - 最新スペックで「四辺超狭額ベゼル」のゲーミングノート。ディスプレイ品質が高いのでクリエイターにもおすすめです

ASUS ROG Zephyrus M16
ASUSが16インチサイズのゲーミングノート「ROG Zephyrus M16」を発表しました。第11世代(Tiger Lake-H)のCore i7とGeForce RTX30シリーズを搭載する高性能マシンで、ディスプレイ品質にもこだわりが感じられる製品です。

スポンサーリンク

1.ROG Zephyrus M16 スペック

  ROG Zephyrus M16
OS Windows 10 Home
CPU Intel Core i7-11800H
外部GPU NVIDIA GeForce RTX3050Ti
GeForce RTX3060/GeForce RTX3070
RAM 16GB
ストレージ 512GB/1TB PCIe SSD
光学ドライブ なし
ディスプレイ 16インチ (1,920 x 1,200) 144Hz
16インチ (2,560 x 1,600) 165Hz
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth 5.1
入出力 USB Type-C(Thunderbolt 4)、USB 3.2 Gen2 Type-C、USB 3.2 Gen2 、USB 3.2 Gen1、オーディオジャック、HDMI、LAN(RJ45)、microSDカードリーダー
カメラ Webカメラ(720p/1080p)
バッテリー 駆動時間 最大8.6-10.6時間
サイズ 355 x 243.5 x 19.9-22.3 mm
重量 2.0 kg

バリエーションモデル

・GU603HE:RTX3050Ti/512GB/1,920×1,200
・GU603HE:RTX3050Ti/1TB/2,560×1,600
・GU603HM:RTX3060/512GB/1,920×1,200
・GU603HM:RTX3060/1TB/2,560×1,600
・GU603HR:RTX3060/1TB/2,560×1,600
※左からGPU/ストレージ/ディスプレイ

ポイント

・8コア16スレッドのCore i7-11800H搭載
・外部GPUはGeForce RTX30シリーズ
・左右ベゼルは4.6mmと極細、画面占有率94%
・解像度とリフレッシュレートの異なる2種類のディスプレイ
・静音タイプのキーボード
・6 スピーカー搭載

コメント

上記の通りROG Zephyrus M16には全部で5つのバリエーションモデルが存在しますが、OSはWindows 10 Home、CPUは第11世代(Tiger Lake-H)のCore i7-11800H、RAMは16GBと、これらは共通です。異なるのはGPUの型番、ストレージ容量、ディスプレイ仕様ですね。

スポンサーリンク

特に注目したいのが2種類あるディスプレイの仕様です。いずれもアスペクト比(画面の縦横比)16:10で、高解像な2,560 × 1,600のタイプはリフレッシュレートが165HzでDCI-P3 100%、1,920 × 1,200のタイプはリフレッシュレート144HzでsRGB100%と、高速で高い発色性能を誇ります。

2.ROG Zephyrus M16 筐体

ASUS ROG Zephyrus M16
正面から見たところです。ご覧のようにベゼル幅が非常に細く、特に左右ベゼルの幅4.6 mmというのはゲーミングノートとしては最も細いのではないかと思われます。高いリフレッシュレートと発色性能を備えたディスプレイの使用感(没入感)をさらに高めてくれるのではないでしょうか。

ASUS ROG Zephyrus M16
天板です。筐体素材は開示されていませんが、おそらく金属(アルミ)製と思われます。また、天板がカラフルに光っていますが、ASUSの説明だと「光によって表情が変わる、超微細なドットパターン」ということなので、ROG Zephyrus G14のようなAniMe Matrixではないようです。

ASUS ROG Zephyrus M16
ROG Zephyrus M16は入出力ポートも充実しています。USBポートは合計で4つ(うち1つがThunderbolt 4)、HDMIにmicroSDカードリーダー、もちろん有線LANポートもついています。

ASUS ROG Zephyrus M16

クリックで拡大します

こちらの画像のほうがポート配置がわかりやすいですね。左側面に多くのポートがありますが、右側面にもUSB Type-Aポートがありますので、実用面では大きな支障はないと思います。

なお、キーボードの画像がありませんでしたが、「86キー日本語キーボード (RGB イルミネートキーボード)」と開示されていますので、テンキーレスタイプですね。ASUSのプレスリリースでは「打鍵音を30dB以下に抑えた静音タイプ」「Nキーロールオーバーに対応」「2,000万回の打鍵テストをクリアするほどの耐久性」と説明されていました。

3.ROG Zephyrus M16 価格など

ASUS ROG Zephyrus M16は7月15日の発売予定で、ASUS Storeでは予約販売がスタートしていますが、一部のバリエーションモデルは「2021年秋発売予定」となっています。価格は下記の通り。

・GU603HE:RTX3050Ti/512GB/1,920×1,200:2021年秋発売
・GU603HE:RTX3050Ti/1TB/2,560×1,600:219,800円
・GU603HM:RTX3060/512GB/1,920×1,200:249,800円
・GU603HM:RTX3060/1TB/2,560×1,600:239,800円
・GU603HR:RTX3060/1TB/2,560×1,600:2021年秋発売
※税込み価格

2,560 × 1,600解像度/1TB SSDのモデルよりも1,920 × 1,200解像度/512GB SSDのモデルのほうが高いんですね?ここはちょっとよくわかりません。この価格設定、私なら高解像で大容量SSDのほうにしますね。

最新スペックでスタイリッシュなゲーミングノート、ゲーマーはもちろん、クリエイターのニーズにも応えてくれそうな製品だと思います。

4.関連リンク

Zephyrus M16icon:ASUS Store

スポンサーリンク