ASUS ROG G703GI - これがROGのハイエンド、Core i9 + GTX1080で筐体のゴツさも半端ない!妥協なきハイエンド・ゲーミングノート

公開日: : ASUS , ,

ASUS ROG G703
ASUSのゲーミングブランド「ROG(Republic of Gamers)」の最新ハイエンドモデル「ROG G703GI」を紹介します。この製品は7月3日現在、ASUS Shopで593,784円(税込み)で予約注文を受け付けていて、ROGシリーズの中でも最も高価な製品です。この価格を見て「じゃ記事読むのやめた」と思う人もいるかもしれませんが、ネタとして知っておいてもいいでしょう。スペックもすごいですが、筐体のオラオラ感が半端ありません。ビジネスシーンには明らかに不向きな製品です。

スポンサーリンク

1.スペック

ASUS ROG G703
OSは可愛らしくWindows 10 Homeです。しかし、CPUのCore i9-8950HKはファクトリーオーバークロック(ASUSが出荷時にオーバークロックを施しているという意味です)が施され、通常だと最大4.3GHzなのが最大4.8GHzとなっています。もともとCore i9-8950HKはオーバークロックに対応するCPUなのですが、誰でも簡単にこの作業ができるというわけではありませんし、メーカー側であらかじめこの処理をしてくれているというのは上級ゲーマーには歓迎されるかもしれないです。

GPUはGeForce GTX1080で、SLI(GPUを2基搭載すること)を除けばゲーミングノート用としては最高性能のものとなります。そして、RAMは64GBで固定です。64GBって聞くと「なーんだ、僕のスマホのストレージと同じじゃん」とボケをかましてみたくなりますよね。しかも「DDR4 2666MHzデュアルチャンネル」の超高速なものが使われます。

ストレージはSSD + HDDという構成ながら、SSDのほうは「256GB SSD + 256GB SSDのRAID 0」です。「RAID 0」というのは2つのストレージにデータを分散させて読み書きするストライピングという構造で、非常に高速になります。しかし、RAID 1(ミラーリング、同じデータを複数のストレージに保存すること)のように、バックアップとしての機能はありません。とにかく「スピード命」です。

ということで、CPU、GPU、RAM、ストレージに関しては妥協なき高速化が施されていて、「これで遅かったら仕方ない」といえるレベルでしょう。

ディスプレイは17.3インチで解像度こそFHD(1,920 × 1,080)にとどまるものの、リフレッシュレートが144Hzになっていて、ゲーミングノートとしては最高水準となります。ちなみに、リフレッシュレートとは「1秒間に何回ディスプレイの表示が切り替わるか」という指標で、数値が大きいほど切り替わる回数が多い、つまりゲームのアクション描写がなめらかになります。一般的なノートPCだと60Hzというのが普通で、120Hzというのが一部のゲーミングノートにあり、144Hzというのはあまり見かけません(OMEN X by HPくらいですね、思いつくのは)。

入出力ポートに関しては、個々のポートはみな高性能なのですが、数そのものはそれほど多くはありません。ただし、必要にして十分な数はありますし、特に映像出力系はThunderbolt 3も使えますので、こちらも不満のない水準だと思います。

それと、どうやらこの製品には指紋認証だの、顔認証だのと言った、生体認証には対応していないようです。

ちょっと笑うのがバッテリー稼働時間で、公称値が1.7時間というノートPCは初めて見ました。しかし、この製品の特性上、バッテリー稼働でゲームをするというのは考えにくいので、実質的にバッテリーはUPS(無停電電源装置)がわり、と理解すべきでしょう。

サイズもすごいです。ROGに限らず、各メーカーともハイエンドのゲーミングノートは基本的に「山みたい」なサイズとなりますが、それにしても厚さ5センチオーバー、重量5キロ弱、というのはすごいですよね。事実上「引っ越しのときに便利」くらいな感じで、据え置き型としての利用が前提でしょう。

2.筐体

ASUS ROG G703
正面から見ると「ブラックにシルバーのアクセント」となっていて、タダモノじゃない感は大きいです。しかし、

スポンサーリンク

ASUS ROG G703
オラオラ感満点なのはこのアングルでしょう。DELL ALIENWAREと同様にヒンジが若干前方についていて、背面の迫力がすごいです。しかも筐体色もシルバーと言うかシャンパンゴールドというか、かなり目立つ感じですよね。

ASUS ROG G703
そしてこの画像。かなり厚みが強調されたデザインの上、「よく冷えるんでしょうねえ」と言いたくなるような巨大な通気口があります。この製品をオフィスで使ったとしたら、対面にいる人は迷惑するだろうなあ、なんて想像すると、少し可笑しくなります。

ASUS ROG G703
キーボードです。右側のシルバーのアクセントが印象的です。「Aura Syncテクノロジー」が搭載され個々のキーのライティングを細かく設定することが可能です。キーストロークは2.5 mmと深く、キートップには0.3 mmのくぼみがつけられています。言うまでもなくNキーロールオーバー(複数のキーを同時に押してもすべて認識される)、アンチゴーストに対応します。ただし、注意したいのが「107キー英語キーボード」である、ということで、日本語配列は用意されません。

ASUS ROG G703
これが別アングルから見たところです。パームレストには滑り止め加工もなされているとのこと。

ASUS ROG G703
一般にゲーミングノートは音響もよく考えられています。ゲームをする際の臨場感にも関わる部分ですからね。もちろん音楽鑑賞にも向きます。この製品はクワッド(4)スピーカーを装備していて、キーボード面に2つ、底面にも2つのスピーカーがあります。また、音響システムは「ESS Sabre」で、「CD品質の8倍のサンプルレート」とのこと。すみません、この辺のすごさはあまりよく理解できていません。

ASUS ROG G703
冷却ファンは通常の5Vではなく12Vのものが搭載されます。当然良く冷えます。また、「アンチダストクーリングシステム(特許技術とのことです)」により、内部のホコリを自動的に排出する仕組みになっています。

3.価格など

ASUS ROG G703GIは7月上旬の発売予定で、ASUS Shopでは現在予約注文を受け付けています。記事冒頭に書いたとおり、価格は税込み593,784円です。「60万あったら何ができるか」なんてことを考えてしまうと、思わず遠くを見る目になってしまいますが、非常に尖ったスペック、尖ったデザインのゲーミングノートで、メーカーを代表する最高水準のゲーミングノートとは「かくあるべし」ということなんでしょうか。

最近のウインタブ、「ゲーミングノートの非常に高い性能を生かして、ビジネスなど非ゲーミングシーンで使うのもあり」という論調なのですが、この製品にスーツは似合わんでしょうね。あと、オフィスでこれを使っていると、違った意味で人が寄ってきそうな気がします。もちろん「そういうのが楽しいのだ」という人、私は好きです。

4.関連リンク(ASUS Shop)

ROG G703GI(G703GI-I9G1080)

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑