MSI Summit B14 A11 - 14インチのハイスペック・モバイルノートにタッチ液晶モデルが追加されました

MSI Summit B14 A11
MSIが14インチサイズの薄型・軽量ハイスペックビジネスノートパソコン「Summit-B14-A11MOT-200JP」を発売します。先行して販売されている「Summit B14 A11」の新バリエーションで、従来モデルには設定がなかったタッチ対応ディスプレイを搭載しているのが特徴です。

スポンサーリンク

1.スペック

スペック表

  Summit B14 A11
OS Windows 10 Home / Pro
CPU Intel Core i7-1165G7
外部GPU なし
RAM 16GB(最大32GB or 64GB)
ストレージ 512GB M.2 NVMe SSD
光学ドライブ なし
ディスプレイ 14インチ(1,920×1,080)sRGB相当
14インチ(1,920 × 1,080)sRGB相当
14インチ(1,920 × 1,080)タッチ
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth 5.1
入出力 USB Type-C(Thunderbolt 4)、USB 3.2 Gen2 × 2、HDMI、microSDカードリーダー、オーディオジャック
※Thunderbolt非搭載モデルあり
カメラ Webカメラ(92万画素)
バッテリー 52Whr/4,600mAh(10時間)
サイズ 319 × 219 × 15.9-16.9 mm
重量 1.3-1.36 kg

バリエーションモデル

●A11MOT-200JP(ニューモデル):Windows 10 Home/タッチ液晶
●A11M-031JP:Windows 10 Pro/非タッチ液晶
●A11M-765JP:Windows 10 Home/非タッチ・sRGB液晶

ポイント

●第11世代(Tiger Lake)のCore i7-1165G7搭載
●RAM/ストレージはビジネスマシンとして余裕あり
●タッチ対応モデル追加
●Wi-Fi 6(ax規格)に対応
●ビジネスにも適した精悍な「インクブラック」の筐体色

コメント

MSIのSummitブランドはハイエンドなビジネスノートに使われます。B14 A11のCPUは第11世代(Tiger Lake)のCore i7-1165G7のみが設定され、RAMとストレージの容量もビジネスマシンとしては十分な余裕があります。一方で、ここはMSIっぽくないのですが、外部GPU搭載モデルはありません。

今回発売される「A11MOT-200JP(以下、MOTと書きます)」のみ、ディスプレイがタッチ対応します。また、他の2モデルがノングレアタイプであるのに対し、MOTのみグレア液晶です。また、RAMの仕様も異なっており、MOTのみデュアルチャネル(RAMスロットが2つ)、最大64GBまで増設可能です。

入出力ポートの仕様も見た目は同じですが、MOTのみ異なります。MOTのUSB Type-Cは「USB 3.2 Gen 2」でThunderboltではありません。また、USB Type-Aポートも他の2モデルがGen 2であるのに対し、Gen 1です。入出力ポートの規格が低めになっている点には注意しておきましょう。私はUSBポートを使って大容量のデータ伝送をする機会がありませんのであまり気にしませんが、頻繁に大容量のデータ伝送をしている人は使用感に差が出てくるものと思われますし、ThunderboltがないということはGPU BOX(eGPU)の接続も不可となります。

また、MOTのみサイズ(厚さと重量)が異なります。他の2モデルは厚さ16.9 mm/重量1.3 kgですが、MOTのみ厚さ15.9 mm/重量1.36 kgとなります。主にディスプレイがタッチ対応する、というのが要因と思われます。

Summit B14 A11は全モデル「Microsoft Office Home&Business 2019」が付属します。

スポンサーリンク

2.筐体

MSI Summit B14 A11
ベゼルが細く、「インクブラック」の筐体色が精悍なイメージです。下部ベゼルにはMSIの新ロゴが配されます。

MSI Summit B14 A11
天板です。筐体素材はアルミニウム合金。MIL規格(MIL-STD 810G、米国国防総省物資調達基準)準拠の堅牢性があります。

MSI Summit B14 A11
トップ画像を再掲します。ご覧のようにリフトアップヒンジ構造(ヒンジ開口時に筐体後部がせり上がり、キーボード面に適度な角度がつく構造)を採用しています。従来モデルの「Modern 14シリーズ」とよく似た外観になっており、サイズもほぼ同じです。

MSI Summit B14 A11
キーボードです。この画像では英語配列になっていますが、日本仕様は「シングルカラーバックライト内蔵テンキーレス日本語キーボード」となります。Modern 14の実機レビューでは「キーピッチは手採寸で上下左右に約19 mm、キーストロークは標準から若干深めくらい」と書いていますが、それとほぼ同じサイズ感と思われます。

タッチパッド左上に指紋センサーがあります。

MSI Summit B14 A11

クリックで拡大します

側面と入出力ポートの配置です。Type-Cポートも含め合計で3つのUSBポートがあり、HDMIにmicroSDカードリーダーと、14インチモバイルノートとしては悪くないポート構成だと思います。なお、上でご説明した通り、バリエーションモデルによってUSBポートの仕様が異なっていることにご注意ください。

MSI Summit B14 A11
底面です。グラフィックイコライザーを模した感じの通気口が見えますが、このデザインはModern 14やPrestige 14と共通です。

3.価格など

MSI Summit B14 A11はビックカメラなどの家電量販店で販売中で、タッチ液晶搭載のニューモデル「A11MOT-200JP」は4月15日発売、4月8日現在予約販売中です。A11MOTのビックカメラでの価格は税込み166,800円(ポイント10%つき)でした。また、この価格にはMicrosoft Office Home&Business 2019を含みます。

ビックカメラでの価格、ポイントが10%つくのとOfficeが付属するということを踏まえると、割とリーズナブルなのではないかと思います。また、個人的に最近「ノートパソコンでもタッチ液晶のほうがいいのでは?」と感じていることもあり、ニューモデルのA11MOTはかなり魅力的と思われました。

4.関連リンク

Summit B14 A11:MSI公式サイト
SUMMITB14-A11MOT-200JPicon:ビックカメラ

スポンサーリンク