CHUWI AeroBook Pro 15.6 - 4Kディスプレイと旧世代のCore iプロセッサーを搭載し、価格を抑えた15.6インチノートがクラウドファンディング開始です!

CHUWI AeroBook Pro 15.6
先日ご紹介した中国メーカー「CHUWI」の15.6インチノート「AeroBook Pro 15.6」のクラウドファンディングがスタートしました。先日の記事では情報が不十分だった詳細スペックと価格も判明しましたので、改めて記事にしたいと思います。旧世代ながらCore iプロセッサーを搭載し、ディスプレイが4K解像度となる高性能ノートです。

スポンサーリンク

1.スペック

CHUWI AeroBook Pro 15.6
AeroBook Pro 15.6は事前情報と異なり、2種類のバージョンが存在します。

●Core i5/RAM8GB/256GB SSD
●Core i7/RAM16GB/512GB SSD

Core i5/Core i7とも旧世代(第6世代)ですが、外部GPUには「Iris」を搭載します。第6世代なのでHDRには対応しませんが、Intel HD(UHD)Graphicsよりも高いグラフィック性能を備えていることが期待されます。

取り急ぎ、Core i5-6287UについてPassmarkが公開するベンチマークスコアを調べてみました。

Core i5-6287Uのベンチマークスコア

※画像引用元:Passmark。クリックで拡大します

比較対象としたのは第8世代(Whiskey Lake)のCore i5-8265Uと第10世代(Comet Lake)のCore i5-10210Uですが、ご覧の通り、結構な差があります。肝心の6287Uのサンプルがわずかに1しかないので、あまり信頼できるデータとは言えませんが、スコアが低いのは旧世代なのでやむを得ないと思いますし、これでも現行のCeleronあたりと比較すると段違いに高性能ではあります。個人的には旧世代のCore iプロセッサーを搭載し、そのぶん価格を低く抑えるという、最近の中華PCのアプローチには好感を持っています。

また、ストレージに関しては「空きのM.2スロット」があります。そのため、DIYでストレージを拡張することも可能です。

ディスプレイはAeroBook Pro 15.6の最大のセールスポイントです。4K解像度でsRGBカバー率100%の色域を確保しているとのことです。ウインタブではCHUWI製品を何度もレビューしていますが、ディスプレイ品質は高く評価しています。でも4Kディスプレイの品質が実際にどのくらいの水準か、というのはなんとも言えませんね。ただ、個人的には価格以上のものになっている可能性は高いと思います。

スポンサーリンク

入出力ポートは15.6インチノートとしては「並」くらいですね。USBポートに関しては合計で3つあり、Type-Cは映像出力にも対応するものの、2.0規格のものが含まれます。また、SDカードリーダーもmicro規格です。

一方でサイズはなかなかコンパクトにまとまっています。タテ・ヨコサイズは2020年水準としては「まあまあ」くらいの感じ(それほど小さくもない、という意味です)ですが、厚さ15.9 mm、重量1.7 kgというのはかなりの薄型・軽量と言えます。1.7 kgだとモバイルノートとして毎日持ち歩くのはちょっと厳しいかもしれませんが、たまに出先に持ち出すくらいなら問題ないでしょう。

2.筐体

CHUWI AeroBook Pro 15.6
CHUWI製品は割とスタイリッシュなものが多いですが、このAeroBook Pro 15.6も同様で、ベゼルが細く美しいものになっています。

CHUWI AeroBook Pro 15.6
部分的ではありますが、キーボードの画像も公開されています。これを見ると、オードソックスなテンキー付きのものになっているのがわかります。また、バックライトも装備されているとのことです。

テンキーのレイアウトはちょっとクセがありますね。スペース節約のためか、加減乗除キーが数字キーの上部に集められています。以前レビューした「ASUS X545FA」によく似た配列になっています。

CHUWI AeroBook Pro 15.6
入出力ポートです。右側面にあるUSBポートは2.0規格ですが、こちらにはマウスを接続することになるんでしょうから、特に問題はないか、と思います。

3.価格など

CHUWI AeroBook Pro 15.6は米国のクラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」でクラウドファンディング中で、3月26日時点での最安値はCore i5モデルが519ドル(58,991円)、Core i7モデルが849ドル(94,515円)となっています。また、CHUWIから案内されたURL経由の場合、Core i5モデルが509ドル(56,695円)となります(Core i7モデルは通常価格)。

価格面で食指が動くのはやはりCore i5モデルかと思います。中華ノートとしてはやや高価となりますが、旧世代ながらCore iプロセッサーを搭載し、RAM、ストレージとも十分な容量を確保し、さらに4Kディスプレイまでついている、ということを考慮すれば、かなりお買い得と感じられますね。

4.関連リンク

CHUWI AeroBook Pro 15.6
※CHUWI公式サイトからINDIEGOGOにリダイレクトされ、割引価格で購入できます

スポンサーリンク