Sony Xperia XZ3 ー Xperiaシリーズ初の有機ELディスプレイ採用、デザイン面での改善も!(かのあゆ)

Xperia XZ3
こんにちは。かのあゆです。ソニー・モバイルが先日開催されたIFA 2018にて今年後半のフラッグシップモデルとなる「Xperia XZ3」を正式発表しました。OSに最新のAndroid 9.0 Pieを搭載し、ディスプレイにシリーズ初となる有機ELを採用した端末となります。今回もSIMフリー市場で販売されるモデルではないと思われますが、すでに日本での投入も確定しています。

スポンサーリンク

1.スペック

Xperia XZ3 スペック
基本的なスペックは今年前半に投入されたXperia XZ2のスペックをほぼ踏襲しています。CPUは2018年のフラッグシップモデルに数多く採用されているハイエンド向けのQualcomm Snapdragon 845、RAM4GB、ストレージ64GBという構成はXperia XZ2やそのコンパクト版となるXperia XZ2 Compactをそのまま継承しています。

搭載OSは先月リリースされたばかりのAndroid 9.0 Pieを最初から搭載しています。この辺に関しては、従来Xperiaに搭載されているソフトウェアの仕様がほぼ素のAndroid OSに近いものとなっており、以前からAndroid OSの開発にも貢献しているソニー・モバイルの取り組みが今回も活かせた形となります。

サイドパネル
ディスプレイに関しては前モデルのXperia XZ2から仕様が大きく変更されています。シリーズ初となる有機ELディスプレイに変更され、それに伴いディスプレイ両面も曲面形状に変更されました。そして、Samsung Galaxyシリーズの「エッジパネル」に似たランチャー「サイドパネル」を呼び出せるようになっています。

同じくGalaxyやLG端末などで採用されている「Always On Display」も搭載されたため、画面オフの状態でも時計や各種通知の確認ができるようになりました。また解像度もFullHD+(2,160 x 1,080)からQHD+(2,880 x 1,440)に変更されています。

以前のXperiaから搭載されている画像処理エンジンの「X-Reality Mobile」も引き続き搭載されており、ソニー製テレビである「ブラビア」の開発チームも開発にかかわっていることもあってディスプレイの美しさはかなり期待できそうです。

カメラの性能はアウトカメラがXperia XZ2と同じ19MPを継承していますが、インカメラに関しては5MPから13MPに強化されています。またカメラソフトウェア面でもカメラを構えるだけでカメラアプリを自動起動してくれるようになるなどのアップデートが行われています。

スポンサーリンク

2.デザイン

前面デザインは大幅に進化
Xperia XZ2では同時期に発売した他社メーカーのフラッグシップモデルと比較すると、18:9縦横比のディスプレイに変更されたものの、ベゼルが結構目立つデザインとなっていましたが、Xperia XZ3では有機ELに変更され、エッジディスプレイを採用したことで一気にデザイン面では他社フラッグシップモデルと並ぶものになりました。

ただしエッジディスプレイを採用したおかげで人によってはXperiaというよりは「どこかで見たような」デザインと感じられるのが気になる人は気になるかもしれません。ただ一気にスタイリッシュなデザインに一新されたので個人的には大歓迎です。

Xperia XZ3 カラー
背面デザインはXperia XZ2のものを継承。ただしXZ2で不評だった「厚み」に関しては大幅に改善されて薄くなりました。

指紋認証センサーは背面に配置されます。前モデルのXperia XZ2もそうでしたが、アウトカメラの位置が少し違和感を覚えるものになっているのが気になります。カラーリングは「ブラック」「ホワイトシルバー」「「フォレストグリーン」「ボルドーレッド」の4色が用意されます。

3.まとめ

Xperia XZ3はまだ発表されたばかりということもあり、現時点ではグローバル版の詳細な発売時期、販売価格などは発表されていません。また日本での投入もすでに確定となっていますが、例年通りSIMフリー版としては販売されず、ドコモ・au・ソフトバンクからキャリアモデルとしてまもなく投入の発表が行われるものと思われます。

前モデルのXperia XZ2はいろいろな意味で賛否両論だったのが印象的ですが、今回のXperia XZ3は有機ELになったことでデザイン面ではかなり良い方向に生まれ変わったのではないでしょうか。

ただXperiaはいつもそうなのですが、同一コンセプトのフラッグシップモデルを1年に2回投入するというスケジュールのため、半年前に発売されたXperia XZ2がもう旧モデルになってしまうほか、微妙だった部分も改善されているため、Xperia XZ2を購入したばかりのユーザーは複雑な感情を覚えるかもしれません。

以前から言われていることではあるのですが、そろそろXperiaのフラッグシップモデルに関しては無理に1年に2回投入するというスタイルではなく、本当にその1年でベストなものを投入するべきなのでは?というのが個人的な感想だったりします。

ただ、個人的にはアウトカメラの位置が相変わらず違和感を感じる点を除けば久しぶりに気になるXperiaのフラッグシップモデルになっています。

4.関連リンク

Xperia XZ3 : Sony Mobile(Global UK English)

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    XPERIAはデザインが常に1年遅れてる気がする。売れる為にユーザーニーズをリサーチしてると遅れていく気がする。

  2. 匿名 より:

    前の側面指紋認証を復活してくれよ……たのむよ……兼電源出来ないならしなくてもいいからさ……それがXperiaじゃないか……

  3. 匿名 より:

    なんか、どこかのOEMみたいですねえ

  4. Alpha より:

    PREMIUMは出ないらしいのでスナドラ855搭載されるはずのXZ4シリーズまで待った方が圧倒的に良いかと…