Windowsストアアプリ - Microsoft Solitaire Collection なつかしくておじさん感激

Microsoft Solitaire Collection
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。先日紹介した「Microsoft Jigsaw」ですが、Windowsストアの定番といえるもので「いまさら」感が漂っているように思われ記事にするのを敬遠していたのですが、実際記事にしてみたら意外にも好評だったようです。調子に乗って、というわけではないんですけど、また定番ゲームを紹介しようと思います。しかも今回はWindows界における定番中の定番、往年の「Windows3.1」時代からのビッグネーム「ソリティア」です。

スポンサーリンク

さすがにこの時代にソリティアだけ、ということはなく、他のトランプを使ったパズルゲームも入っています。Windows3.1の「ソリティア」に加え、Windows95の「フリーセル」ももちろん入ってます。アプリサイズは113.5MBとやや大きめ、無料アプリですが、広告を消したりするためには月額150円、年額だと1,000円の課金が必要です。

1.遊び方の確認

Microsoft Solitaire Collection メニュー
これがアプリ起動後のメニュー画面です。Microsoftのパズル系アプリ(JigsawとかNumber Puzzleとか)は共通のインターフェースですね。このアプリには5種類のカードゲームが入っていてますが、全部の遊び方を知ってる、という人はそんなに多くないと思います。どれも簡単なルールのゲームですが、最初に遊び方を確認しなくちゃいけないですよね。
Solitaire Collection ゲーム説明
どのゲームも、はじめる際に簡単なゲーム説明が表示されます。遊び方を「うろ覚え」くらいの人ならこの説明を読むだけで大丈夫でしょう。

Solitaire Collection 遊び方説明
画面左下の「メニュー」でアプリバーを出すと「遊び方」というアイコンがあります。これをタップすると詳細な遊び方説明を見ることができます。画像つきで説明されているのでかなりわかりやすいです。

2.5種類のゲーム

Klondike(ソリティア)

Klondike
ソリティアって、本当の名称は「Klondike(クロンダイク)」なんですね。ちなみに「ソリティア(Solitaire)」というのは「ひとりで遊ぶゲーム」という意味なんだそうです。これ、Windows3.1に付属するゲームで、これでマウス操作を覚えたとか、職場で遊んでいるところを上司に見つかってめちゃめちゃ怒られたとか、40代以上の人ならいろいろな思い出があるかも。時間制限なしの昔ながらの遊び方です。

FreeCell

Freecell
たしかWindows95からでしたっけ、Windowsのおまけゲームになったのは。ソリティアと違って、基本的にクリア不可能のステージがない(正確にはいくつか存在するそうです)ので、頑張りがいのあるゲーム性でした。

スポンサーリンク

Spider

Spider
Windows Me以降にバンドルされていたゲームとのことです。私は遊んだことがなかったのですが、初級クラスならば難易度も低く、比較的簡単にクリアできます。

TriPeaks

Tripeaks
このゲームはWindowsにバンドルされてないような気がします。というか全然知りませんでした。こちらも比較的簡単に遊べますが多少運の要素があるかな。

Pyramid

pyramid 
これもWindowsのオマケじゃないと思います。アプリの初期状態では難易度も低く、快適に遊べるのですが、やはり運任せの要素があります。

ずーっと昔によく遊んだソリティアですが、今やってみるとかなりストレスが溜まってしまいます。「絶対にクリアできない」ステージが少なからずあるためです。今のゲームはクリア不可能なつくりにはしていないというか、かならず解決できるような仕組みになっていると思います。その前提で遊ぶので「なんとかなるはずだ」と思って必死に取り組むことができるのですが、最初からクリア不可能という可能性があって、しかもその頻度が結構高い、というのはモチベーションが下がってしまいますよね。なので、私はソリティアで遊ぶことはありません。

最初のうち比較的難易度が低くて楽しめるのがSpider、昔と変わらず熱中できるのがフリーセルで、どちらもやり始めるとかなり長時間遊んでしまいます。PyramidとTriPeakは私は過去遊んだ経験がないため、ある意味新鮮なのですが、こちらも運に左右させるところがあり、フリーセルほどはやりこんでいません。

3.その他の機能

Solitaire Collection テーマ変更
このゲーム、「テーマ(背景やトランプのデザイン)」がいくつか用意されていて、好きなものを選ぶことができます。ちなみに上の画像のテーマは「ウエスタン」です。また、自分のPCやタブレットのカメラロールの画像を背景に使うなどのカスタマイズも可能です。

Solitaire Collection デイリーチャレンジ
Microsoftのこのシリーズ、デイリーチャレンジというのがあって、毎日お題をクリアしてコインをもらう、というイベントコーナーがあります。Solitaire Collectionではデイリーチャレンジをクリアしてコインを貯めていくのですが、たまったコインに応じて「スター」を獲得でき、そのスターを貯めて新しいステージをアンロックする仕組みになっています。チャレンジの内容も簡単にクリアできる初級からかなり手強い上級までありますが、上級でも以前記事にしたMicrosoft Jigsawほどの無理ゲー感はなく、なんとかなる感じです。

それと、Solitaire Collectionも課金のオプションがあり、課金すると広告が非表示になるほか、デイリーチャレンジでもらえるコインが増えるなどの特典があります。ただ、月額課金で150円(年払いだと1,000円)というのはスマホやタブレットのゲーム用課金額としては微妙で、もちろん社会問題化したガチャ系の課金システムと比較すると良心的ではありますが、いかに楽しいゲームといえどちょっと躊躇するところがありますね。とりあえず無料の状態でもかなり楽しく遊べるので、まずは無料の範囲内で遊んでみましょう。

Microsoft Solitaire Collection、年配の人には懐かしく、若い人には新鮮な、本当によくできたパズルゲームだと思います。ぜひWindowsタブレットで往年のカードゲームを楽しんでください。

4.関連リンク

Microsoft Solitaire Collection

スポンサーリンク