nubia RedMagic 5G - ゲーム用に考え抜かれた機能満載!冷却ファンもついたハイエンドなゲーミングスマホ、ついに販売開始!なんと6万円台から!

nubia RedMagic 5G 販売開始
先日紹介記事を掲載した「ほんとにハイエンド」なゲーミングスマホ「RedMagic 5G」がとうとう販売開始です!紹介記事ではライターのひつじさんが「恐らくグローバルモデルも10万円を下回る価格で手が届く可能性があります」ということを書いていましたが、10万円なんてとんでもない!6万円台から購入できます。

スポンサーリンク

なお、RedMagic 5Gの製品概要については下記の紹介記事をご覧ください。この記事では確定したスペックと価格情報をお伝えします。
nubia Red Magic 5G - ゲーミングスマホとしては最高クラスの性能に5G対応、さらにカメラも64MP!「これ以上はない」レベルか

nubia RedMagic 5G 販売開始
これがスペック表。OSはAndroid 10をベースにした独自UI「RedMagic OS 3.0」が搭載されます。ウインタブでは前身モデルの「RedMagic 3S」を実機レビューしていますが、UIはほぼ完全に日本語対応していました。

CPUは最新ハイエンドなSnapdragon 865です。Snapdragon 855+搭載のRedMagic 3SでもAntutuスコアが497,000点出ましたので、現状のAndroidアプリであればすべてサクサク、最高画質で動作すると思います。RAMは8GB/12GBで、LPDDR5という高速な仕様、ストレージは128GB/256GBでUFS3.0と、こちらも高速です。筐体色によってRAMとストレージの構成は変わります。

nubia RedMagic 5G 販売開始
左側が「Eclipse Black」で8GB/128GB、右側が「Pulse」で12GB/256GBというRAM/ストレージ構成です。ほかに「HotRod Red」という筐体色もあり、こちらも8GB/128GBですが、4月21日現在まだ販売がスタートしていません。

ディスプレイは従来モデルと変わらず6.65インチの有機ELで、FHD+(2,340 × 1,080)解像度ですが、リフレッシュレートがなんと144 Hzです!中上位クラスのゲーミングノート並みですね。ただし、Androidのゲームは高リフレッシュレートに対応していないものが多い、というか、基本60 Hz対応だったりしますので、144 Hzの恩恵を受けられるゲームはまだ少ないと思います。

スポンサーリンク

通信周りでは、製品名が示すとおり5Gに対応しますが、n78は使えるもののn77には対応していませんので、現状だと「ドコモかau」ですね。また、ミリ波(n257)には非対応です。Wi-Fi6(ax規格)にも対応します。技適対応については現状・将来の予定とも不明ですが、超高速な通信を楽しめるでしょう。

カメラはイン側が8MPとやや寂しいものの、アウト側は64MPを含むトリプルレンズです。従来モデルの3Sがアウト側48MPのシングルカメラだったので、5Gのカメラ品質には期待が持てそうです。

サイズは従来モデルよりも若干小さくなりました。ただし、この製品は水滴型ノッチもなく、ポップアップ式カメラでもパンチホールカメラでもないので、長さ(長辺)は決して小さくはありません。また、重量も200gを超えてますね。

nubia RedMagic 5G 販売開始
ひとつだけどうしても書きたいのがこれ、「冷却ファン」です。他のライターさんにも聞いてみたのですが、冷却ファンのついたゲーミングスマホって他には見当たりません。ただ、従来モデルのRedMagic 3Sにもファンはありましたが、私の使い方だと「ファンを止めていても特に発熱とかは気にならないなあ」と感じています。

nubia RedMagic 5G 販売開始
RedMagicの公式サイト(直販サイト)では本体と同時に周辺機器の販売もスタートしています(詳しくはこちら)。中でも「これは必須!」と思われるのが画像の「Pro Handle Protective Case」でしょうね。RedMagicにはケースが付属していないので、本体と一緒に購入するのがいいと思いますし、どうせなら「コントローラーつき」のほうにしたいところ。ちなみにこのセット、39.9ドルです。

nubia RedMagic 5GはRedMagic公式サイトで販売中で、4月21日現在の価格はEclipse Black(8GB/128GB)が579ドル、Pulse(12GB/256GB)が649ドルです(送料無料です)。8GB/128GBであれば6万円台で購入できるということですね。個人的には「激安」かと思います。

で、この記事を書きながら我慢できずに注文してしまいました。Pulseのほうで、Pro Handle Protective Caseも一緒に注文したので688.9ドルの買い物となりました。PayPalで支払い、案内された円貨(確定の円貨かどうかわかりません)は77,458円でした。外出自粛が続いていて、「あー、もう!なんか買いたいぞー」と思っていたので、つい思い切ってしまいました。

現状中国からの物流が少し乱れているようですが、順調であれば4月中に実機を手にできると思います。

関連リンク

RED MAGIC 5G:RedMagic公式サイト(直販もやっています)

スポンサーリンク

コメント

  1. y より:

    紹介記事書いてたら自分が欲しくなってそのまま買っちゃうって、ガチのヲタライターですやんw(褒めてます)
    それでこそウィンタブさん!

    • wintab より:

      ちょくちょく記事に書いてるんですけど、ずっと自宅にいるとなんかストレス溜まっちゃって、Realforceキーボード買おうかなとかロジクールのMXマスター(マウス)買おうかなとか思ってたんですよ。まさに不要不急な買い物。ちょうどそのタイミングでこれが発売されたんでつい…。

  2. koara より:

    お邪魔しま~ 面白そうな機種だと思ってたので、昨日記事読んでそのままオーダーしちゃいました♪ 同じ内容で注文したので、どちらが先に届くかなーなんて。wintabさんの記事読んで購入したのは10機種↑で初コメでした。

  3. koara より:

    追伸
    本日、無事届きました。
    受け取り時にDHLから税金・手数料で¥5400請求有り・・・
    サイト直送時のご参考まで。

    • wintab より:

      koaraさん、お仲間です。私も今日受け取りました。後から明細送ってくると思いますけど、5,400円は関税ですね。私も払いましたが、結構痛い。とりあえず製品画像とベンチマークテストだけやって記事にしようと思います。

      • koara より:

        普段は込みなので、受け取り時請求は慌てました・・・
        PDAさんにフィルム注文、ブログのネタにしときました。
        記事、楽しみにしてますね♪

  4. mokkun より:

    大変参考になりました!
    私も購入したのですが公式通販は発送開始されたら追跡コードとかは表示されますか?

    • wintab より:

      こんにちは。DHLのトラッキングコードがメールで届きます。また、記事中に記載の通り、受取時に税金見合いのお金5000円強、「代引き手数料でーす」と言われて支払うことになります。

  5. mokkun より:

    コメントありがとうございます!
    トラッキングコードが届くなら安心ですね
    それにしてもやっぱり手数料高いですね…

  6. kaku より:

    4/28にメールが届き、
    2020-04-28 15:47:39 Shipment information received
    と来ましたが、そこからどれくらいで手元に届きますか?関西の阪神間です。
    手数料6000円弱が必要なんですね
    覚悟しておきます。このサイト見てなかったら知らないって言うところでした。

    • wintab より:

      こんにちは。ご連絡が遅れてしまいましたが、もうトラッキングができるのでは?