Lenovo Z5s - 低価格モデルながらトリプルレンズカメラ搭載!スペックも十分すぎるミッドハイスマホ(かのあゆ)

公開日: : Android , ,

Lenovo Z5s
こんにちは。かのあゆです。Lenovoが新型ミッドハイスマートフォンである「Lenovo Z5s」を発表しました。同時期に発表された「Lenovo Z5 Pro GT」が最新ハイエンドCPUであるQualcomm Snapdragon 855と世界初の12GB RAM搭載機として登場したこともあって、そちらのほうが注目されがちですが、Lenovo Z5sも3万円台で購入できる端末でありながらトリプルレンズカメラを採用するなど、注目すべき一台に仕上がっています。

スポンサーリンク

1.スペック

Lenovo Z5s スペック
搭載OSは最新のAndroid 9 PieベースのZUI 10を採用しています。ZUIといえばLenovoがかつて展開していた「ZUK」ブランドのスマートフォンに採用されていた独自UIですが、ブランド廃止後も独自UIの名称としてひっそり継続されており、Lenovoブランドのスマートフォンで現在でも採用されています。

以前レビューしたZUK Z2の時点では純正で日本語ロケールが入っていないのが難点ではあったものの、かなり使いやすくカスタマイズされていた印象だったので、現在の最新バージョンがどのような操作性なのか気になる点ではあります。

CPUにはAI対応のミッドハイ向けQualcomm Snapdragon 710を採用しています。日本国内で流通している端末では採用しているのがOppo R17 Proのみという状況ですが、海外では搭載端末が増えており、Lenovo Z5sもその中の一台ということになります。

性能面では3年前のハイエンドCPUであったQualcomm Snapdragon 820に近いものとなっており、ミッドハイレンジのスマートフォンもついにここまで性能向上したのかと感心させられてしまうのですが、基本的に3Dゲームのプレイもよっぽど重量級のタイトルでもない限り快適に動作するでしょう。

RAMは4GB/6GB、ストレージは64GB/128GBとこちらもフラッグシップ端末と同水準となっており、メインスマートフォンとしても十分活躍できるスペックだと思います。

Lenovo Z5s ディスプレイ
ディスプレイは解像度2,340×1,080で縦横比19.5:9となっており、Oppoなどにも使われている水滴型のノッチを採用したことにより、画面占有率は92.6%を実現しています。

スポンサーリンク

Lenovo Z5s Camera
カメラはインカメラが16MP、アウトカメラが 16MP+8MP+5MPのトリプルレンズ構成になっています。

スペックが異なるとはいえ、トリプルレンズ採用機は日本国内向けだとハイエンド端末のHuawei P20 ProとMate 20 Proくらいで、どちらも高価格帯に位置しているので、3万円台から買えてしまうLenovo Z5sに採用されているのは驚きです。レンズは広角+望遠+フルサイズポートレートという構成になっています。

バッテリーは3,300mAh。パッケージに付属している充電器を利用することにより急速充電もサポートしています。

2.デザイン

Lenovo Z5s 前面
前面デザインは水滴型ノッチを採用したスタイリッシュなものとなっており、画面占有率が高いこともあって3万円クラスから買えるミッドレンジクラスの端末とは思えない高級感のあるものになっています。

Lenovo Z5s 背面
背面デザインはHuawei端末によく似たデザインです。P20シリーズやnova3あたりにインスパイアされたのではないかと思えるほどそっくりなので、LenovoロゴがなければHuawei端末に間違えられそうです。

背面にはコーニング・ゴリラガラスを採用しており、P2i Nano防滴コーティングが施されています。またカラーリングはグレー、オレンジ、ブルーの3色構成です。

3.まとめ

Lenovo Z5sはBanggoodにてRAM 4GB/ストレージ64GBモデルが269.99ドル(30,536円)、RAM6GB/ストレージ128GBモデルが369.99ドル(41,847円)と価格表示されていますが、12月26日現在はIn Stock Alert(入荷お知らせ)というステータスになっており、まだ販売開始になっていません。

前述の通り、同時期に最新ハイエンドCPUのSnapdragon 855を採用し、RAM12GBというモンスタースペックの上位機種Lenovo Z5 Pro GTが発表されてしまったため、そちらのほうが注目されがちになってしまいそうですが、Lenovo Z5sに関してもSnapdragon 710という十分な性能のCPUを採用し、なおかつスタイリッシュな水滴型ノッチとトリプルレンズカメラを採用しながら安価な価格帯に設定されているなど、かなり魅力的な一台に仕上がっているのではないでしょうか。

ただし、ZUI搭載端末が日本では展開されていない関係で今回も日本語ロケールは搭載されていない点は残念ですが、英語UIでも気にならないという方であればRAM4GB/ストレージ64GB構成のモデルであれば3万円ちょっとで購入できるので、かなりお買い得感は高いと思います。

4.関連リンク

Lenovo Z5s(4GB/64GB):Banggood
Lenovo Z5s(6GB/128GB):Banggood

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑