Google Pixel 4 / Pixel 4 XL − ついにGoogle純正スマホもデュアルカメラに、モーションジェスチャー機能も搭載!

Google Pixel 4
こんにちは、かのあゆです。Googleが最新スマートフォンとなる「Pixel 4/Pixel 4 XL」を発表しました。2017年にそれまでのGoogle Nexusシリーズと入れ替わる形で登場したPixelシリーズはGoogle純正端末ならではのOSアップデート保証期間の長さと最新のAndroid OSを最速で利用できるのが魅力です。昨年発売された「Pixel 3/3XL」からはついに日本国内でも正式導入され、今回登場するPixel 4/Pixel 4 XLもソフトバンク版とSIMフリー版が投入されます。

スポンサーリンク

1.スペック

Google Pixel 4 スペック
搭載OSは最新バージョンとなるAndroid 10です。Android端末は一般的に端末の発売から2年間のOSメジャーアップデートに対応しているものがほとんどですが、Pixelシリーズに関しては最低3年間のOSメジャーアップデートが保証されています。実際に2017年に発売した初代Pixel/Pixel XLに関してもAndroid 10のリリースと同時にアップデートされています。またGoogleからリリースされるAndroid OSのベータ版を導入することも可能です。セキュリティパッチに関しても毎月提供されます。

CPUはQualcomm Snapdragon 855を搭載しており、RAMは前モデルのPixel 3/Pixel 3 XLの4GBから6GBにアップグレードされています。内蔵ストレージは64GBと今回から128GBが追加されています。Pixelシリーズの場合、基本的にGoogleの提供しているクラウドサービスでの利用を前提にしていることもあり、ストレージの拡張には対応していないためより大容量のストレージオプションが用意されたのは歓迎すべき点でしょう。

ディスプレイはPixel 4が5.7インチFHD+(2,280x 1,080)、Pixel 4 XLが6.2インチQHD+(3,060 x 1,440)です。どちらも有機EL(OLED)を採用しています。Android 10では他メーカーが独自で実装していた「ダークテーマ」がサポートされたことにより、目の負担を抑えられるだけでなく、Pixel 4/Pixel 4 XLにも採用されている有機ELディスプレイの特性として黒は発色しないため、バッテリー消費電力を抑えることも可能です。

Google Pixel 4 カメラ
カメラはイン8MP、アウト16MP + 12.2MPです。前モデルとなるPixel 3/Pixel 3 XLまでは背面カメラはシングルレンズを採用してきましたが、Pixel 4/Pixel 4 XLではついにデュアルレンズ構成に変更されました。Pixel 3/Pixel 3 XLはシングルレンズながら「ナイトモード」を搭載することで暗所でも明るい写真を撮影することが可能でスマートフォン用のカメラとして評価が高いものになっていましたが、Pixel 4/Pixel 4 XLでもしっかり継承されています。また今回からデュアルレンズとなったことにより、超解像撮影の性能も向上しており、星や天の川の撮影も可能になったとしています。

Google Pixel 4/Pixel 4 XLでは新たに「Soliレーダー」を活用したモーションジェスチャー機能「Motion Sense」が搭載されており、端末本体に触れなくても様々な操作を可能としています。ただし、日本では認証の関係で発売当初は無効化されており、利用できるようになるのは2020年春以降の予定です。

スポンサーリンク

前モデルのPixel 3/Pixel 3 XL同様、日本国内で販売されるPixel 4/Pixel 4 XLではおサイフケータイに対応しており、モバイルSuicaやGoogle Payなど各種モバイル決済サービスを利用することが可能です。グローバルモデルではNFCは搭載しているもののおサイフケータイで利用されるFelica Type-Fには対応しておらず、国内モデルのみの特徴です。

Google Pixel 4 バッテリー
バッテリーはPixel 4が2,800mAh、Pixel 4 XLが3,700mAhで、共にUSB PDによる急速充電のほか、無線充電をサポートします。

2.デザイン

Google Pixel 4 デザイン
Pixel 4とPixel 4 XLのデザインは共通のものとなっており、ディスプレイにノッチは採用されていません。前モデルとなるPixel 3シリーズでは大型モデルとなるPixel 3 XLのみノッチを採用していましたが、今回はPixel 4 XLでもノッチ非採用のデザインです。

Google Pixel 4 背面
背面デザインは初代Pixelシリーズから継承されてきたものから大きく変更されています。デュアルレンズカメラを採用したこともあり、カメラレンズ部のデザインも変更されていますが、どことなく某社のスマートフォンに似た印象を受ける方も多いかもしれません。

筐体色は「Just Black」「Clearly White」に加え、新色として「Oh So Orange」が追加されます。Oh So Orangeはその名の通り明るいオレンジ色で、可愛らしい色に仕上がっているため女性ユーザーからの受けも良いかもしれません。

3.まとめ

Google Pixel 4/Pixel 4 XLは10月24日より発売され、価格はPixel 4が89,980円(税込)、Pixel 4 XLが11,6600円(税込)からです。前モデルのPixel 3/Pixel 3 XLはGoogleから販売されるSIMフリーモデルのほか、キャリア版としてドコモとソフトバンクから投入されましたが、今回はSIMフリーモデルとソフトバンク版のみの販売です。

PixelシリーズはGoogle純正スマートフォンということもあり、常に最新のOSを使え、毎月のセキュリティパッチを受け取れるというのも魅力の一つですが、今回の新モデルとなるPixel 4/Pixel 4 XLではより進化したカメラ機能とSoliセンサー搭載によるモーションセンサー機能など、最先端の機能も搭載してきており非常に魅力的な端末になったと感じています。スペック面も今期ハイエンドクラスでOSアップデートとセキュリティアップデートの長さもあり、長期的に愛用していけるAndroidスマートフォンに仕上がっています。MicroSDによるストレージ拡張に対応していなかったため、64GBモデルのみだった前モデルのPixel 3/Pixel 3 XLでは容量面で不安を感じる箇所もありましたが、今回から新たに128GBモデルが選択できるようになったことでその点も克服しており、カメラ性能の良さも継承しているため誰にでもお勧めできるAndroidスマートフォンになりそうです。

4.関連リンク

Pixel 4/Pixel 4 XL : Google

スポンサーリンク