UMIDIGI Power 3 - 大容量バッテリーと48MPクアッドカメラを搭載、でも「エントリークラス」のスマホです!実売価格に期待!

UMIDIGI Power 3
中国メーカーの「UMIDIGI」が6.53インチで大容量バッテリーを搭載するニューモデル「Power 3」を発売します。AliexpressのUMIDIGI Official Storeではすでに先行販売されているので「発売しました」というべきですね。ということで、Aliexpressには製品ページがあり、価格も明らかになってはいるものの、これから発売キャンペーンが開始され、(他の通販サイトなどでの扱いぶんも含め)実売価格が決まっていく感じかと思います。

スポンサーリンク

1.スペック

OS: Android 10
CPU: MediaTek Helio P60
RAM: 4GB
ストレージ: 64GB
ディスプレイ: 6.53インチ(2,340 × 1,080)
LTE: グローバルバンド対応
カメラ: アウト48MPクアッドカメラ
バッテリー: 6,150 mAh

Aliexpressの製品ページを確認した結果、わかったことはこれだけです。また、UMIDIGIからの販促メール(w)によれば、この製品の位置づけは「entry-level」ということなので、先日来何度か紹介記事を掲載しているUMIDIGI F2よりも低位に位置するものと思われます。

現状わかっているスペックに加え、少し予想をしてみると、通信に関しては日本で重要となるバンド19を始め、非常に多くのバンドに対応するものと思われます。メインの48MPカメラ以外のカメラ品質はUMIDIGI F2(イン32MP/アウト48MP+13MP+5MP+5MP)よりも若干低めになるでしょう。ディスプレイはF2と同サイズですから、筐体のサイズもF2(162.6 × 77.7 × 8.7 mm / 207 g)に近く、バッテリー容量が大きい分だけ少し厚みと重量が増えるのかもしれません。

2.筐体

UMIDIGI Power 3
10月8日現在、公開されている製品画像はこのアングルから見たものだけです。

スポンサーリンク

UMIDIGI Power 3
この画像からわかることとして、インカメラがF2と同様パンチホールタイプになっていること、アウトカメラが4枚レンズで48MPのものを含んでいる、ということが挙げられます。また、指紋センサーの位置もオーソドックスに背面となっています。

UMIDIGI Power 3
筐体色は全3色のようです。「レッド」「ミッドナイトグリーン」「スペースグレー」という色名になっています。

3.価格など

UMIDIGI Power 3はAliexpressのUMIDIGI Official Storeで販売中で、10月8日現在の価格は299.99ドル(32,684円)です。しかしこの価格はUMIDIGI F2の237.49ドル、25,875円(10月8日現在)よりも高く、「んなわけない」という感じですね。記事中にも触れた通り、この製品は「エントリークラス」という位置づけですし、F2よりもバッテリー容量以外のスペックが落ちていますから。

「本当の価格」はまだわかりませんが、200ドルを大きく切ってくるんじゃないか、と予想します(現行モデルのUMIDIGI PowerはBanggoodで139.99ドル。とすれば、CPUにHelio P60を、48MPを筆頭とするクアッドカメラを、そして6,150 mAhの大容量バッテリーを搭載するスマホとしては非常に安価になると言えます。前面もパンチホール型のカメラを搭載する、最新デザインになっていますし、かなり魅力的な製品と言えそうです。

UMIDIGIはあちこちのサイトにティザーっぽく情報を小出しにするのがお好きなようで、個人的にはどうかと思いますけど、リリースする製品はみな品質(スペック)がよく、コスパ面でも抜群、というのはあります。UMIDIGI Power 3のキャンペーンがいつスタートするのかは不明ですが、しばらく様子を見てみるのも良さそうですね。

4.関連リンク

UMIDIGI Power 3:UMIDIGI Official Store(Aliexpress)

スポンサーリンク