Lenovo Legion T730 レビュー - 上級ゲーマーにもおすすめ!なタワー型ゲーミングデスクトップ(実機レビュー)

Lenovo Legion T730
こんにちはtakumiです。今回はレノボのデスクトップパソコン「Legion T730」をレビューします。この製品は、ハイエンドクラスで、サイズ感は一般的なミドルタワーデスクトップとなっており、初心者から上級者まで使いやすいマシンです。

スポンサーリンク

1.スペック

Lenovo Legion T730 スペック表
この製品はバリエーションモデルの選択のみで、注文時にシステム構成をカスタマイズすることができません。CPUはIntelのCoffee Lake Refresh世代「Core i9-9900K」です。GPUはNVIDIAのハイエンド製品「Geforce RTX 2080」となっています。また、搭載VRAMは8GBです。このGPUならば、ゲームの起動自体はほぼすべてのゲームで出来ますし、フルHDならほとんどのゲームでは最高設定で快適に遊ぶことができるでしょう。また、RTX製品ですので、対応ゲームでは「DXR」や「DLSS」が使えるようになります。

システムメモリは32GBと大容量で、ゲームプレイだけでなく、写真や動画を編集する際にも恩恵を受けられる程の大容量となっています。ストレージはNVMeSSD+2TBHDDという構成で、SSDはサムスン製の512GBです。

また、最近のゲーミングPCとしては珍しく光学ドライブが搭載されていますが、SDカードスロット純正では装着されておらず、外部接続のものを用意する形になります。このマシンはケースサイズがMicroATX規格のものになっており、持ち運びしやすいように筐体上部にハンドルがついているのが大きな特徴です。

Lenovo Legion T730 システム構成
レビュー機の構成はスペック表の記載と同じで、OSはWindows10 Home、CPUはCore i9-9900K、RAMは32GB、また画像はありませんがGPUはRTX2080でした。

Lenovo Legion T730 CDM
ストレージの読み書き速度を「CrystalDiskMark」で測定しました。NVMe接続なので、かなり速い速度が出ているのがご確認いただけると思います。

2.筐体

Legion T730 正面

ここからは外観を詳しく見ていきます。まずは正面です。表面のメッシュ部分にLED装飾がされており、起動時は光るようになっています。なお、ロゴ部分には筐体保護のためにビニールが被せられていますが、貸与機なので、そのまま撮影しています。

Lenovo Legion T730 左側面
左側面には特に何も配置されていません。

Lenovo Legion T730 右側面
右側面はカバーが取り付けられています。アクリルパネル仕様ですので、内部が見えるようになっています。

Lenovo Legion T730 背面
背面です。中央のビデオカードから映像出力を行います。対応ポートはUSB-C、HDMI、DP×3です。マザーボードの接続ポートは、上からライン入力、ギガビット対応LANポート、USB2.0×2、USB3.0×4となっています。電源コネクタは左下にあります。

Lenovo Legion T730 底面
下は通気口が配置されています。ゴム足4点で筐体を支えています。

Lenovo Legion T730 上面
上部は中央部にハンドルが装備されており、一般的なデスクトップPCと比較して非常に持ち運びやすくなっています。電源ボタンは右下で、起動時は白色LEDが点灯するようになっています。

Lenovo Legion T730 内部
内部の画像です。スペース的にはゆとりがあるので、将来的なパーツアップグレードも問題ないでしょう。CPUは120mm簡易水冷クーラーが装着されており、GPUは外排気シングルファン仕様です。また、SSDにヒートシンクが装着されてるのも嬉しいポイントです。

Lenovo Legion T730 光学ドライブ
正面上部をスライドアップすると、このようにDVDドライブにアクセスできます。

3.使用感

前回レビューした「Legion C730」と比較すると、正直なところ筐体に大きな特徴は見受けられませんが、拡張性が高いので、将来的なパーツアップグレードに対応できるでしょう。また、筐体上部にハンドルが装備されているので、一般的なタワー型マシンよりは持ち運びがしやすくなっています。

GPUが外排気シングルファン(リファレンスモデルはデュアルファンなので尚更)ということもあって、高負荷時は残念ながら騒音は目立つ印象です。体感的には、空気清浄機が稼働しているような感じの音が出ていました。ヘッドセットをすればほぼ気にならなくなるレベルではありますが、念の為マイク等に入らない位置に筐体を設置するのがいいでしょう。画像は撮り忘れてしまったのですが、CPUは50℃前半、GPUは80℃後半という感じでした。


ユーティリティツールの「Lenovo Vantage」では、CPUやGPUの使用率や温度などをモニタリングしたり、マシンのLEDカラーやパターンを変更したりできるようになっています。また、マシンの診断やサポート申請、さらには簡易OCなど幅広い業務に対応しています。

Lenovo Legion C530
オーディオチップはRealtek製ですが、Dolby Atmosが標準搭載されていますので、バーチャルサラウンド性能はかなり高く、買ってすぐに特別な設定をしなくても本格的なサラウンドサウンドを楽しめます。

4.性能テスト

この製品はCPUに第9世代のCore i9-9900K、GPUにGeForce RTX 2080を搭載していますので、「ドラゴンクエスト X ベンチマーク」「ドラゴンズドグマオンライン(DDON)ベンチマーク」「3D Mark」「PC Mark」をやってみました。また、普段ウィンタブでは取り扱わない「ファイナルファンタジーXV Windows Editionベンチマーク」もテストしてみました。また、実動テストで「シャドウ・オブ・ザ・トゥームレイダー」「Quake Champions」「Forza Horizon4」もそれぞれテストしています。


参考:
マウス NEXTGEAR-NOTE i7901BA1(Core i7-7700K、GTX1080): 21,271
ドスパラ GALLERIA GCF1070NF(Core i7-8750H、GTX1070): 19,008
MSI GS65 Stealth Thin(Core i7-8750H、GTX1070): 18,571
ドスパラ GALLERIA GKF1070NF(Core i7-7700HQ、GTX1070): 18,222
ドスパラ GALLERIA Mini 1060(Core i5-7500、GTX1060): 18,061

スポンサーリンク


参考:
マウス NEXTGEAR-NOTE i7901BA1(Core i7-7700K、GTX1080): 13,600
ドスパラ GALLERIA GCF1070NF(Core i7-8750H、GTX1070): 11,440
ドスパラ GALLERIA Mini 1060(Core i5-7500、GTX1060): 10,491
ドスパラ GALLERIA GKF1070NF(Core i7-7700HQ、GTX1070): 10,215
ドスパラ GALLERIA GCF2070NF(Core i7-8750H、RTX2070): 10,155


参考(高品質):
ドスパラ GALLERIA ZZ(i7-8700K RTX2080Ti) 12532
ドスパラ GALLERIA ZF(i7-9700K RTX2070) 9520
ドスパラ GALLERIA GCR2070RNF(i7-9750H RTX2070) 7440
ドスパラ GALLERIA GCF1070NF(i7-8750H GTX1070) 6691
MSI GL63(i7-8750H RTX2060) 6982
MSI GS65(i7-8750H GTX1070 Max-Q) 5821
ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(i7-8750H GTX1060) 4675
ドスパラ GALLERIA GCF1050TNF(i7-8750H GTX1050Ti) 2914
MSI GF75 Thin(i7-8750H GTX1050Ti Max-Q) 2990

各種ベンチマークでこれだけの非常に高いスコアをマークしているのは、流石Corei9+RTX2080と言わざるを得ません。FF15もこの環境下ならば、文句なしのパフォーマンスが出ると思います。

Legion T730 3D Mark
参考:
マウス NEXTGEAR-NOTE i7901BA1(Core i7-7700K、GTX1080): 6,703、17,345、37,589
OMEN X by HP(Core i7-7820HK、GTX1080): 6,283、15,476、30,804
MSI GL63 8SE(Core i7-8750H、RTX2060): 6,205、14,838、33,985
ドスパラ GALLERIA GCF1070GF(Core i7-8750H、GTX1070): 5,583、15,146、36,268
ドスパラ GALLERIA GCF2060GF-E(Core i7-8750H、RTX2060): 5,453、13,800、33,609
※左からTime Spy、Fire Strike、Sky Diverのスコア

「Timespy」でスコア1万台に乗ってきているのが目を瞠ると思います。FireStrikeも文句なしのスコア値ですから、ゲームをやっていて不満が出るシーンはまず無いでしょう。


参考:
Lenovo Legion Y740(15)(Core i7-9750H、RTX2070 Max-Q): 5,830
ASUS ZenBook Pro Duo UX581GV(Core i9-9980HK、RTX2060): 5,727
ドスパラ GALLERIA GCR2070RNF(Core i7-9750H、RTX2070): 5,505
DELL G7(Core i7-8750H、GTX1060): 5,401
ドスパラ GALLERIA GCF2060GF-E(Core i7-8750H、RTX2060): 5,328
ドスパラ GALLERIA GCF1070GF(Core i7-8750H、GTX1070): 5,122
MSI GF75 Thin(Core i7-8750H、GTX1050Ti): 5,009
ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(Core i7-8750H、GTX1060): 4,976
ドスパラ GALLERIA Mini 1060(Core i5-7500、GTX1060): 4,906

GPU性能がスコアに左右されないPCMarkですが、ここはCore i9の性能が光るところであり、7500という高スコアを叩き出しています。ゲームだけでなく、事務処理シーンでも遺憾なく力を発揮してくれるはずです。

Shadow of the Tomb Raider Lenovo T730

トゥームレイダーですが、搭載ハードがそれぞれハイスペックなので、ベンチマーク上では殆どのシーンで100fpsを超えてきています。平均で120fps出ていれば文句はないのではないでしょうか。


トゥームレイダーの初期設定です。フルHDではプリセット高では余裕と言っていいと思います。もう少し画質設定を詰めてもいいでしょう。

Quake Champions Lenovo T730

QuakeChampionsですが、CPUがハイパワーなこともあって、Medium設定で200fpsを超えてきてくれています。ハイエンドディスプレイを使用しても十分その性能を発揮できます。


初期設定では、全てUltra設定になっています。144fps付近を狙うならこのままでもいいかもしれません。

すみません、動画はありませんが、Forza Horizon 4も、特に不自由なく初期設定で140fpsをオーバーしています。遊ぶ際に不満が出るシーンはほぼ無いでしょう。



初期設定ではプリセットはウルトラでした。もうすこし細かく設定を詰めても問題ないでしょう。

5.DXRとDLSSテスト

今回搭載されているGPU「RTX2080」は、NVIDIAの新技術「リアルタイムレイトレーシング」に対応しており、それを動かすためのエンジン「DXR(DirectXRaytracing)」と、同じく新技術「ディープラーニングスーパーサンプリング(DLSS)」に対応しています。「DXR」は主に影や光の表現を従来のものよりより現実的なものにし、「DLSS」は従来のアンチエイリアシングと比較して高いパフォーマンスを維持できるようになります。今回は有料版「3DMark」内で、DXRテストの「Port Royal」と、DLSSテストをそれぞれ実行してみました。


※画像は通常(WQHD解像度)時。
参考
ドスパラ ガレリアZZ(RTX2080Ti):8161
ドスパラ GALLERIA ZF(デスクトップRTX2070):5043
MSI GL63 8SE(RTX2060):3246
ドスパラ GALLERIA GCF2070NF(RTX2070):4198
ドスパラ GALLERIA GCF2060GF-E(RTX2060 Max-Q): 2955

意外にも、RTX2080とRTX2070の性能差は狭く、逆にRTX2080Tiとは大きな差が出ています。



DLSSを「シャドウ オブ ザ トゥームレイダー」WQHD解像度時で有無を比較したときのスコアです。DLSSを有効にすると15fps程フレームレートが出るようになりました。なかなか面白いですよね。

Shadow of the Tomb Raider Lenovo T730(RTXON)

シャドウオブザトゥームレイダーのRTXをオンにしたときの動画です。光や影の表現に注目してみてください。

6.まとめ

レノボ Legion T730はレノボ直販サイトにて送料・税込269,610円で販売中です。前回ご紹介したC730と比較して、こちらは僅かながらパフォーマンスが出やすくなっていますし、何より将来的な拡張性が高いのが特徴です。まず最初の1台として購入し、後からパーツを替えたり足したりする楽しみを感じられると思います。パフォーマンス自体も高いので、単純にゲームPCとしても完成度の高い1台となっています。

どなたにも手放しでオススメできるハイエンドマシン。購入して損はないと思います!

7.関連リンク(Lenovo)

Lenovo Legion T730

スポンサーリンク