Google Pixel 3/3XL ー ついにPixelが日本に上陸。おサイフケータイ対応も!(かのあゆ)

Google Pixel 3/3XL Top
こんにちは。かのあゆです。Googleは10月10日にかねてより噂されていた「Pixel」シリーズの最新モデルとなる「Pixel 3/3 XL」を発表し、あわせて日本にも正式投入することを発表しました。2015年の「Nexus 5X/6P」の発売を最後に途絶えていたGoogleブランドのスマートフォンが3年ぶりに戻ってきた形になります。また日本向けモデルに関してはおサイフケータイにも対応しますよ!

スポンサーリンク

1.スペック

Pixel 3/3XL スペック
OSはもちろん最新となるAndroid 9.0 Pieを初期搭載します。Pixelシリーズは昨年のPixel 2/2XLよりOSのアップデート保証期間が3年に変更されているため、Pixel 3/3XLに関しても2021年10月までOSのアップデートが保証される形となります。

そのため、OSアップデートのスケジュールによって異なってくるは思いますが、2019年にリリースされる「Android 10 “Q”」、2020年にリリースされる「Android 11 “R”」、2021年にリリースされる「Android 12”S”」まで最大3回OSのメジャーアップデートが提供されそうで、通常のAndroidスマートフォンが最大2年までのOSアップデート提供となっていることを考えると、より長い期間最新OSの端末を使い続けることができると思われます。

また、セキュリティアップデートに関しても同じく2021年10月まで毎月提供されます。

さらにPixel 3/3XLでは独自のセキュリティチップである「チタンM」が搭載されており、OSや端末に保存されたパスワードを強力に保護してくれるようになっています。

またPixelシリーズに関してはAndroid OSのリファレンスモデルになっているため、最新のAndroid OSの開発テスト版を誰よりも先に導入することも可能です。

開発テスト版に関しては不安定な挙動も多いので一般ユーザー向けではありませんが、最新OSを誰よりも早く試したいガジェット好きな方や開発者の方にとってはこれだけでもかなり魅力的なのではないでしょうか。

搭載CPUはハイエンド向けのQualcomm Snapdragon 845で搭載RAMは4GB。内蔵ストレージは64GBモデルと128GBモデルが用意され、MicroSDカードによるストレージ拡張は非対応となっています。

Snapdragon 845に関しては現時点で最高のスペックを誇るスマートフォン向けCPUで、強力なAdreno 630 GPUを搭載しているため「PUBG Mobile」などの重量級3Dゲームも快適にプレイすることができるスペックとなっています。

Pixel 3 カメラ
カメラに関してはイン側が12.2MP、アウト側が8MPとなっており、現在他社が数多く採用しているデュアルレンズ仕様でこそありませんがSamsung GalaxyシリーズやMoto Gシリーズなどでも採用している「デュアルピクセル」技術を採用し、超解像ズームに対応することによりシングルカメラ構成でもきれいにズームすることが可能です。

今回Pixel3/3XLの端末製造元はHTCではないようですが、同社の端末の「Edge Sense」によく似た「握ることによってGoogleアシスタントを呼び出す機能」が搭載されています。

Googleフォト無制限バックアップ
Pixel 3/3XLでは、撮影した写真や動画をオリジナルサイズのままGoogle Photoアプリを利用して無制限にクラウドにバックアップできる特典も付属しています。

スポンサーリンク

Google Photoの無制限バックアップ自体はiPhoneも含む他社スマートフォンでも可能ですが、Pixelシリーズ以外だとオリジナルの画質のままではなく圧縮されて保存されるので、無圧縮のままオリジナルの画像や4K動画を無償で保存できるのはPixelシリーズだけの特典となっています。

日本国内で販売されるPixel 3/3XLに関してはおサイフケータイにも対応。Pixel 3/3 XLはもちろんグローバル市場でも販売されますが、おサイフケータイに対応するのは日本向けモデルのみとなります。

通信バンドに関してはドコモ・ソフトバンク回線は(キャリアモデルとしても登場するため)当然サポートしており、キャリアモデルとしては投入されないauの回線に関してもSIMフリーモデルの接続テストをクリアしているため、日本国内の主要バンドはすべてフルカバーしている格好です。

バッテリー容量に関してはPixel 3が2,915mAh、Pixel 3 XLが3,430mAhです。

2.デザイン

スペック的にはほぼ共通となっているPixel 3とPixel 3 XLですが、前面デザインは異なります。

Pixel 3
5.5インチモデルのPixel 3はノッチ非採用のベーシックなデザインを採用。ノッチが苦手な方はこちらのほうが好きになれるかもしれません。

Pixel 3 XL
一方6.3インチモデルのPixel 3 XLはノッチを採用。ディスプレイの広さ的にはPixel 3 XLのほうがより広くなっているので動画やゲームなどのコンテンツをより大きな画面で楽しみたいという方はこちらを選ぶのがベストかもしれません。

背面デザインはPixel 3、3XLともに共通のデザインで、基本的に日本未発売だった初代モデルやPixel 2シリーズのデザインを継承したものになっています。

Pixel 3/3 XL カラーリング
カラーリングはPixel 3、3XLともに「クリアリー・ホワイト」「ジャスト・ブラック」「ノット・ピンク」の3色が用意されます。

3.まとめ

Google Pixel 3は64GBモデルが95,000円(税込)、128GBモデルが10,7000円(税込)となっており、、Pixel 3 XLは64GBモデルが119,000円(税込)、128GBモデルが131,000円(税込)で11月1日に販売開始予定で、現在はGoogleの公式オンラインストアで予約受付中となっています。

また今回ドコモ・ソフトバンクがキャリアモデルとして販売することも発表されています。こちらに関してはSIMロックがかかっているものの、基本的な仕様としては国内版SIMフリーモデルと共通の仕様です。

日本国内では2015年以来途絶えていたGoogleのリファレンスモデルが久々に戻ってくることになりましたが、まさか日本仕様でおサイフケータイにも対応するのは予想外でした。

Snapdragon 845搭載機に関しては登場から半年経過したこともあり、中古端末も含むのであれば4万円台から購入できるものも出てきていることを考えると、最も安価なPixel 3 64GBモデルで95,000円という価格設定は一般ユーザーにとって高額に感じてしまうかもしれません。

ただPixelシリーズに関してはAndroid OSのリファレンスモデルになっていることもあって3年間のOSアップデートとセキュリティアップデートが保証されているほか、Android OSの最新テスト版を誰よりも早く試すことが可能で、ハードウェアスペック的にも長く使える端末となっています。

高額ではあるものの、スペックが高く、Googleのアップデート関連で恩恵を受けられるという点を踏まえると非常に魅力的な端末だと思います。

4.関連リンク

Google Pixel 3/3XL 商品サイト : Google

スポンサーリンク

Comment

  1. 本山 葵 より:

    こんばんわ。
    ドコモとソフトバンクが11月1日の発売決定しましたね。
    先日ギャラクシーS9+にしてしまったので機種変出来ませんがw

    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1810/10/news088.html

    紹介動画
    https://www.youtube.com/watch?v=d00C0g3L0j4

    AnTuTu
    Pixel 3 :240584
    Pixel 3XL:261674
    S9+(本山所有) :261798  
    これ月賦販売だと審査厳しくなりそうですね。(価格が価格だけに)

    • wintab より:

      本山 葵さん、こんにちは。キャリアの審査ってどのくらい厳しいんでしょうね。しかしGALAXY S9+買ったのならPixelはいらんのでは?

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑