CHUWI SurPad - Surfaceっぽいキックスタンドつきのタイプカバーを採用!Helio P60搭載の高性能Androidタブレット

CHUWI SurPad
つい昨日、CHUWIの10.1インチAndroidタブレット「HiPad X」の実機レビュー記事を掲載したところなのですが、早くも新型のAndroidタブレット「SurPad」が発表されました。スペックの全貌はまだ明らかになっていませんし、発売日と価格もわかっていません。わかっているのは「HiPad Xに非常によく似たスペックで新筐体が使われている」ということです。

スポンサーリンク

1.概要

   CHUWI SurPad
OS Android 10
CPU MediaTek Helio P60
RAM 4GB
ストレージ 128GB(UFS)
ディスプレイ 10.1インチIPS(1,920 × 1,200)
LTEバンド B1/2/3/4/5/7/12/14/17/2025/26/
30/66/71/38/41(推定)
SIM Nano SIM × 2
ネットワーク 802.11a/b/g/n(推定)、Bluetooth 5.0
入出力 USB Type-C、microSDカードリーダー、イヤホンジャック
カメラ イン5MP/アウト8MP(推定)
バッテリー 8000mAh
サイズ 243.9 × 162.6 × 9.2 mm
重量 542 g

SurPadのスペックはHiPad Xと非常によく似ています。OSがAndroid 10、CPUがHelio P60というのはHiPad Xと同じ、RAMは4GBと、HiPad X(6GB)よりも小さく、ストレージ128GBというのも同じです。

スポンサーリンク

ここまでのスペックを見て「ん?」と思いました。私が知る限り、というかTwitterなどで見聞きした限りですが、日本のユーザーって、RAMの容量を重視しますよね。もちろんRAMは大きいに越したことはありませんし、スマホに関しては、2020年水準ではエントリークラスを除くとRAMが6GB以上になっていることが多く、もはや「RAM4GB≒エントリー」というイメージが定着しつつあるように思われます(そうでないものもあります)。なので、HiPad XのRAMが6GBあるということも踏まえると、この点はSurPad購入のネックになりはしないか?という気はしますね。

ディスプレイは10.1インチのWUXGA解像度です。HiPad Xと同様、筆圧対応のペン入力にも対応するようですが、公開されている製品画像に写っているペンはどうやらHiPad Xに使えるHiPen H3ではなく、HiPen H6のようです(確証はありません)。HiPen H6だとすると筆圧は4,096段階となるので、ペン入力の品質は大きく向上するものと思われます。

また、上のスペック表ではいくつか「推定」としている箇所があります。LTEバンド、Wi-Fi、カメラ性能です。ここには便宜的にHiPad Xと同じ内容を入れていますが、実際には異なっている可能性がありますので、ご注意ください。

CHUWI SurPad
で、筐体ですが、HiPad Xとは別物です。まず注目したいのが「サイズ」ですね。

SurPad:243.9 × 162.6 × 9.2 mm / 542 g
HiPad X:252.54 × 162.94 × 9.5 mm / 563 g

このように横幅が小さくなっています。1センチ弱の違いなので、ベゼルも細くなっているでしょうね。HiPad Xはベゼルがやや太く、特に前面は以前からあまり変わり映えしないものだったので、SurPadでは少しスッキリした雰囲気になっていると思います。

CHUWI SurPad
電源ボタンやカメラ(レンズ)の周囲は赤く塗られていて、デザインアクセントになっています。また、ポート類やボタン類の配置もHiPad Xとは大きく異なります。

CHUWI SurPad
そして、決定的に異なるのがキーボードの形状です。「キックスタンド付きのキーボードカバー」になっています。SurPadの「Sur」はSurfaceのSur、ということでしょうか。使い勝手がどのくらい向上しているのかは何とも言えませんが、少なくとも見た目はクールになっていると思います。

2.価格など

CHUWI SurPadはCHUWI公式サイトに製品ページができていますが、発売日や価格は明らかになっていません。HiPad Xに非常に近いスペックで新筐体が採用されているということなので、HiPad Xに近い価格設定になりそうです。とすれば本体価格が220~240ドル(23,000円~25,000円)、キーボード、ペン込みで270ドル~290ドル(28,000円~30,000円)くらいでしょうか。

デザインについてはお好みの問題なので評価しにくいですが、筐体サイズが小さくなったことは歓迎したいです。また、キーボードの使い勝手やデザインも良くなっているような気がします。一方で、RAMが4GB、という点に引っかかる人も少なくないでしょう。あとは「いつ、いくらで」発売されるのかに注目です。

3.関連リンク

SurPad:CHUWI公式サイト

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    この画面サイズでHelio P60は心もとない気がする。
    RAMは4GBでもいいけど、Socはもっと良いのを積んでほしいかな。

  2. 匿名 より:

    CHUWIの開発ペースだったらそのうち、
    SurPad”Pro”あたり出るんじゃないかと思っている
    この機種もそうだけどパームリジェクションが省かれてなければいいけど、、