mouse B5-R5 - 15.6インチで重量1.62 kgのRyzen搭載ノート、薄くて軽いけど、装備は端折らないのがマウス流

mouse B5-R5
マウスコンピューターの15.6インチノート「mouse B5-R5」をご紹介します。この製品に先立ち「B5-i7」という製品が発売されていて、B5-i7のCPUがCore i7-1065G7なのですが、今回ご紹介するB5-R5は「B5-i7のRyzen版」と言える製品です。15.6インチながら1.62 kgと軽量で、コストパフォーマンスにも優れたノートPCです。

スポンサーリンク

1.スペック

  mouse B5-R5
OS Windows 10 Home/Pro
CPU AMD Ryzen 5 4500U
外部GPU なし
RAM 8GB/16GB/32GB/64GB
ストレージ 256GB/512GB/1TB/2TB SSD
(HDD/SSD増設可)
光学ドライブ なし
ディスプレイ 15.6インチ (1,920 x 1,080)
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth 5.0、(LTE)
入出力 USB 3.1 Type-C、USB 3.0、USB 2.0 × 2、HDMI、microSDカードリーダー、オーディオジャック、LAN(RJ45)、(SIMスロット)
カメラ Webカメラ(100万画素)
バッテリー 稼働時間 約 8.5時間
サイズ 360.4 × 239.3 × 19.9 mm (突起部含まず)
重量 1.62 kg

マウスコンピューターはBTOパソコンメーカーなので、注文時に構成のカスタマイズが可能です。このB5-R5もOSのバージョン、RAM/ストレージ容量を変更することができます。

CPUは第3世代のRyzen 5 4500Uです。Ryzen 3やRyzen 7の設定はいまのところありません。第3世代Ryzenはウインタブでも何度か実機レビューをしていますが、少なくとも各種ベンチマークテストの結果を見る限り第10世代のCoreプロセッサーを圧倒していますね。なので、この製品のパフォーマンスも期待していいでしょう。

RAMは最低で8GB、最大でなんと64GBまで搭載可能です。注文する際のカスタマイズ画面で64GBが指定できます。B5-i7のほうも、発売直後は注文時最大32GBまでだったと思うのですが、現在は64GBを選べますね。実際そんなに必要か?とは思いますが、非ゲーミングノートで64GBを選べるというのは希少です。

ストレージも最低で256GB、最大で2TBまで搭載でき、さらにHDDもしくはSSDを増設注文することもできます。ただねえ、RAM64GBのオプション料金が49,300円、ストレージ2TBのオプション料金が41,200円(いずれも税抜き)なので、「とりあえず積んでおく」という話ではないですね…。

スポンサーリンク

ディスプレイは15.6インチのFHD解像度、ノングレアタイプと開示されていて、IPSあるいはTNという説明はありませんでした。

通信まわりではWi-Fi6(ax規格)やLTE(オプション)に対応するほか、入出力ポートは「さすがマウス」と言いたくなる充実ぶりです。Type-Cを含めて4つのUSBポート、HDMI、さらに有線LANポートも装備しています。そう言えばちょっと前まではマウス製品には「D-sub」もついていることが多かったのですが、さすがに最新モデルでは省かれていますね。

サイズは「まあコンパクトな部類」です。全く不満はありませんが、他社製品と比較して著しく小さい、という感じではありません。ただし、重量1.62 kgというのは15.6インチノートとしては非常に軽いと言えます。

2.筐体

mouse B5-R5
この製品の筐体はB5-i7とほぼ同じだと思います。サイズがコンマ何ミリか違っていますが、「コンマ何ミリ」なので気にしなくていいでしょう。ご覧の通りオーソドックスなデザインで、左右のベゼルが細く、下部ベゼルはやや太い、という印象です。

mouse B5-R5
天板です。筐体素材は「天板がアルミ」ということだけ開示されています。シンプルながら、ヘアライン加工が施された美しいものになっています。筐体色はB5-i7とは異なり「アイスシルバー」という新色が採用されています。

mouse B5-R5
キーボードです。アルファベットキーのキーピッチは19 mm、キーストロークは約1.8 mmと、十分な余裕があります。バックライトはついていないようですね。また、テンキー部分の配列が少し特殊で、加減乗除キーが上段に集められ、テンキー側のEnterキーも小さくなっています。ASUSの最近のモデルによく似ています。

mouse B5-R5
ヒンジは180度開口可能です。狭いテーブルで向かい合わせにミーティングをする際などに便利な構造で、たまに「おお、便利」って思えますよ。

mouse B5-R5
側面と入出力ポートの配置です。これを見るだけでマウス製品の良さがわかる、という感じです。マウスは以前から薄型化・軽量化を理由として入出力ポートを省略するようなことをしないメーカーなので、それだけでも好感度大です。

3.価格など

mouse B5-R5はマウスコンピューター公式サイトで販売中で、12月3日現在の価格は79,800円(税込み87,780円)から、となっています。最低価格でもRAM8GB/256GB SSDなので、ビジネスマシンとしては十分使えるスペックです。

最近は特にRyzen搭載ノートの低価格化が進んでいて、B5-R5が市場で最安値、というわけではありません。しかし、十分に競争力のある価格だと思いますし、とってもマウスらしい、「端折ってない」ノートPCだとも思います。ビジネスや勉強にガンガン使いたくなる、軽くて基本性能がしっかりした製品ですね。

4.関連リンク

15.6型 mouse B5 シリーズ mouse B5-R5:マウスコンピューター

スポンサーリンク