Blackview BV6100 - 6.88インチの大型アウトドアスマホ。デザインも個性的、しかも低価格!

Blackview BV6100
アウトドアスマホでおなじみの中国メーカー「Blackview」が6.88インチと非常に大きいサイズのニューモデル「BV6100」を発売します。大きなディスプレイサイズが最大の特徴ですが、エントリーレベルのスペックながらBlackviewらしいタフネスさと、ちょっとおもしろいデザインを採用しています。

スポンサーリンク

1.スペック

Blackview BV6100
OSはAndroid 9.0ですから、最新バージョンです。CPUはHelio A22でAntutuスコアが6万点台前半くらいですから、2018年のエントリーCPUであるMT6739(Antutu4万点台前半くらい)よりは大幅な性能向上を果たしているものの、まあエントリーレベルというべきでしょうね。ゲーム用としては少し苦しいかもしれません。ただ、Androidのエントリー機は決して実用性がないわけではなく、「ゲームやらないんならこれで平気」くらいの実力はあります。

Blackview BV6100
圧倒されるのがディスプレイサイズです。なんと6.88インチ。ウインタブでいつも取り上げているAndroidタブレットの最小サイズは7インチですから、もはやタブレットといっていいくらいのサイズだと思います。

ただし、解像度は低く、HDを下回り1,352 × 640です。発色などは悪くないと思いますが、サイズも大きいですし、少し粗い画質に感じられるかもしれません。

Blackview BV6100
カメラも「もろエントリー」な画素数なんですけど、ちょっと面白いのが「水中撮影可」なんですよね。普段使いのカメラとしては不十分な性能だと思いますが、レジャーでは活躍してくれそうです。私こういう割り切りは好きですね。

Blackview BV6100
バッテリー容量も大きいです。5,580 mAhあれば、一日中ゲームでもやらない限り、わりと長時間使うにしても終日充電は不要でしょう。

また、Blackviewの英文紹介内容を確認するとリバースチャージ(モバイルバッテリー代わりに他のデバイスを充電できる)にも対応しているようです。これ、サブスマホとして使う場合にはとっても重要なんですよね。

サイズは「デカイ!」です。まあ、想定の範囲内と言えなくもないですが、重量315 gというのは「タブレットの重量」です…。

2.筐体

Blackview BV6100
デザインも面白いです。これ、「水滴型ノッチ」とは言わないでしょうね。また、「ピンホールカメラ」とも言えないし…。使い勝手のほどはよくわかりませんが、他のスマホには似ていないという点で個人的には評価します。

スポンサーリンク

この製品、もちろんIP68レベルの防水・防塵性能を持っているのですが、背面は比較的おとなしいデザインで、露骨にアウトドアを強調していません。

Blackview BV6100
前面、背面とも「ゴリラガラス張り」です。背面もガラス製ということは、質感にも期待できそうです。

Blackview BV6100

クリックで拡大します

展開図です。側面は少しアウトドアスマホっぽさがありますね。説明にはありませんが、上面にはパッキンで覆われたオーディオジャックがあります。ポート類はパッキン防水になっています。あと、Shortcut Keyというのがついてますが、この機能については不明です。

Blackview BV6100
指紋センサーもちゃんとついてます。右側面ですね。また、この製品は顔認証にも対応しますし、(日本ではあまり意味がないですけど)NFCもついています。

Blackview BV6100
さらに、専用ケースも同梱されます。なんとリングつき。この製品は背面が比較的おとなしいデザインになっていますが、このケースを使うと一気に「それっぽく」なります。

3.価格など

Blackview BV6100はAkiexpress内のBlackview Official Store(公式サイトからリンクが張られていましたので直営店だと思います)でプレオーダー中です。

Blackview BV6100

クリックで拡大します

で、価格なんですけど、ご覧のように7月25日以降は毎日少しずつ価格が上昇する仕組みで、定価(8月8日以降)は189.99ドルのようです。7月25日までに購入すれば149.99ドル(16,475円)と、かなりお買い得になっています。

150ドル位で買う、という前提だと、めちゃめちゃ安いんじゃないでしょうか?もちろん非常に個性的な製品なので、好き嫌いはわかれると思いますし、メインスマホ向きではなくサブ機としての運用がイメージされます。仮にサブ機と考えた場合、メイン機とは明らかに異なる特性を持っていて、「わざわざ2台めを購入する」価値がある製品だと思います。また、タブレットとして使っても良さそうです。レジャーのお供に最適でしょうね。

4.関連リンク

Blackview BV6100:Aliexpress
Blackview BV6100:Banggood

スポンサーリンク

 スポンサーリンク