ドスパラ GALLERIA ZZ レビュー - Core i9 9900KF + GeForce RTX2080Ti搭載!これがドスパラ最強のモンスターマシンの実力だ!(実機レビュー:takumi)

ドスパラ GALLERIA ZZ レビュー
こんにちはtakumiです。今回はドスパラのデスクトップパソコン「GALLERIA ZZ」をレビューします。この製品は、CPUにIntelの「Core i9-9900KF」を、GPUにNVIDIAの「Geforce RTX 2080Ti」を採用した、正真正銘の超ハイエンドマシンとなっています。

スポンサーリンク

1.スペック

ドスパラ GALLERIA ZZ レビュー
ドスパラはBTOメーカーなので、この製品でもGPU以外はカスタマイズが可能です。CPUはIntelのCoffee Lake Refresh世代「Core i9-9900KF」です。この型番「F」というのは、CPU内の内蔵GPUを削除したモデルなのですが、2000円追加することで通常モデル(Core i9-9900K)への変更が可能になっていますので、将来長く使いたい、という方はメンテナンス性を考慮して変更してしまったほうがいいかもしれません。また、「Core i7-9700K」へのダウングレードも可能で、実はゲーム基準で考えたときのCPUパワーは9700Kのほうが高いので、ゲームに特化する、という場合はこちらを選択するのも良いかと思われます。

GPUはNVIDIAのフラグシップ製品「Geforce RTX 2080 Ti(VRAM11GB)」です。このGPUならば、ほとんどのゲームでは高設定で快適に遊ぶことができますし、またWQHDや4Kなどの超高解像度環境でも十分快適にゲームを遊ぶことが出来ます。また、RTX製品ですので、対応ゲームでは「DXR」や「DLSS」が使えるようになります。

システムメモリは16GBで、最大64GBまで増設できますし、8GBへ減らすこともできますが、お勧めはしません。ストレージは500GBNVMeSSD+3TBHDD(シーゲート製)という構成で、HDDは最大8TBまでのものに換装出来ますし、最大1TBまでのSSDに変更することも出来ます。

光学ドライブは標準では搭載されておらず、オプションでの対応となります。また、SDカードスロットもしっかり備えています。その他、CPUクーラーを性能の高いものに変更したり、ケースファンを増設したり、サイドパネルをアクリル製に変更するなどのオプションもあります。

レビュー機の構成はOSがWindows10 Proに変更されていて、それ以外は標準構成と同じでした。また、Windows10のバージョンを1903に上げています。

ドスパラ GALLERIA ZZ レビュー
GPUはNVIDIAのRTX2080TiでVRAMは11GBです。ドライバーは記事執筆時点で最新の431.36です。

ドスパラ GALLERIA ZZ レビュー
ストレージも容量自体は標準構成です。SATA SSDへのダウングレードは500円引きとなります。

ドスパラ GALLERIA ZZ レビュー
読み書き速度を「CrystalDiskMark」で測定しました。NVMeなのでかなりの速度が出ています。

2.外観と内容

ドスパラ GALLERIA ZZ レビュー
ドスパラ GALLERIA ZZ レビュー
まずは正面です。電源、リセットボタン、SDカードスロット、オーディオジャック、USB3.0 Type-A×2があります。下のメッシュ部には吸気用ケースファンが装着されています。

ドスパラ GALLERIA ZZ レビュー
右側面にはマザーボード冷却用のエアインテーク以外は何も装備されていません。一応、ここを開ければ裏配線にアクセスできます。

ドスパラ GALLERIA ZZ レビュー
左側面にはパーツの大部分が集中してるエリアのため、エアインテークが大きめに装備されています。

ドスパラ GALLERIA ZZ レビュー
ドスパラ GALLERIA ZZ レビュー
背面です。マザーボードのIOポート類(USB3.0Type-A×2、USB2.0Type-A×2、USB3.1Type-A、USB3.1Type-C、有線LAN、オーディオジャック)に、グラフィックカードの画面出力コネクタ(DP×2、HDMI、出力専用USB-TypeC)、電源プラグが備えられています。ポート類右側には排熱用ファンが取り付けられています。

ドスパラ GALLERIA ZZ レビュー
下のファンは吸気用になっています。こちらもオプションで追加することができるかと思います。

ドスパラ GALLERIA ZZ レビュー
上部のファンは標準で1個装備されています。冷却面が心配な場合は、ファンを増設しておくと良いでしょう。

3.使用感

ケースの冷却性能が高いので、ベンチマークを回しても5分程度でアイドル時の温度に戻ってくれる(環境によります)ので有り難いのです。また、CPUクーラーは高性能なので、高負荷環境でも大丈夫だと思われます。マザーボードに搭載されているオーディオコンデンサの品質が高いので、ゲーミングマザーボード程ではないにしても、十分クリアなサウンドを鳴らしてくれます。イコライザソフトを別途用意できるなら、これで十分だと思っています。

ガレリアZZ 温度&騒音テスト

今回は、CPUID HardwareMonitorを用いてベンチマーク実行中の騒音と温度も確認してみました。

ドスパラ GALLERIA ZZ レビュー
テストはこの画像のように、PC本体から10cm前後離れたところにマイクを吊り下げ、エアコンを切るなどして部屋内の騒音を出来る限り出さないようにしました。詳細は動画からご確認ください。

4.性能テスト

この製品はCPUに第9世代のCore i9-9900KF、GPUにGeForce RTX 2080 Tiを搭載していますので、「ドラゴンクエスト X ベンチマーク」「ドラゴンズドグマオンライン(DDON)ベンチマーク」「3D Mark」「PC Mark」をやってみました。また、「ファイナルファンタジーXV Windows Editionベンチマーク」もテストしてみました。実動テストで「シャドウ・オブ・ザ・トゥームレイダー」「Quake Champions」「Forza Horizon4」もそれぞれテストしています。

ドスパラ GALLERIA ZZ レビュー
参考:
※ドスパラ GALLERIA ZF(Core i7-9700K、RTX2070): 22,792
※ドスパラ GALLERIA ZZ(Core i7-8700K、RTX2080Ti): 22,059
マウス NEXTGEAR-NOTE i7901BA1(Core i7-7700K、GTX1080): 21,271
※ドスパラ GALLERIA DF(Core i5-8500、RTX2060): 19,274
ドスパラ GALLERIA GCF1070NF(Core i7-8750H、GTX1070): 19,008
MSI GS65 Stealth Thin(Core i7-8750H、GTX1070): 18,571
ドスパラ GALLERIA GKF1070NF(Core i7-7700HQ、GTX1070): 18,222
※ドスパラ GALLERIA Mini 1060(Core i5-7500、GTX1060): 18,061
※印はデスクトップPC

ドスパラ GALLERIA ZZ レビュー
参考:
※ドスパラ GALLERIA ZZ(Core i7-8700K、RTX2080Ti): 14,742
マウス NEXTGEAR-NOTE i7901BA1(Core i7-7700K、GTX1080): 13,600
※ドスパラ GALLERIA ZF(Core i7-9700K、RTX2070): 13,230
※ドスパラ GALLERIA DF(Core i5-8500、RTX2060): 12,958
ドスパラ GALLERIA GCF1070NF(Core i7-8750H、GTX1070): 11,440
※ドスパラ GALLERIA Mini 1060(Core i5-7500、GTX1060): 10,491
ドスパラ GALLERIA GKF1070NF(Core i7-7700HQ、GTX1070): 10,215
ドスパラ GALLERIA GCF2070NF(Core i7-8750H、RTX2070): 10,155
※印はデスクトップPC

ドスパラ GALLERIA ZZ レビュー
参考(高品質):
※ドスパラ GALLERIA ZZ(i7-8700K RTX2080Ti): 12,532
※ドスパラ GALLERIA ZF(i7-9700K RTX2070): 9,520
※ドスパラ GALLERIA DF(Core i5-8500、RTX2060):7,890

スポンサーリンク

i9-9900KFとRTX2080Tiという現在最高の組み合わせということもあり、ベンチマーク結果は文句なしのトップランクです。CPUがCore i9ではないZZ(Core i7-8700K)とのスコア差はごく小さいものです。

ドスパラ GALLERIA ZZ レビュー
参考:
※ドスパラ GALLERIA ZZ(Core i7-8700K、RTX2080Ti): 11,743、24,112、51,437
※ドスパラ GALLERIA ZF(Core i7-9700K、RTX2070): 8,665、19,807、45,030
※ドスパラ GALLERIA DF(Core i5-8500、RTX2060): 7,072、16,142、34,912
マウス NEXTGEAR-NOTE i7901BA1(Core i7-7700K、GTX1080): 6,703、17,345、37,589
OMEN X by HP(Core i7-7820HK、GTX1080): 6,283、15,476、30,804
MSI GL63 8SE(Core i7-8750H、RTX2060): 6,205、14,838、33,985
ドスパラ GALLERIA GCF1070GF(Core i7-8750H、GTX1070): 5,583、15,146、36,268
ドスパラ GALLERIA GCF2060GF-E(Core i7-8750H、RTX2060): 5,453、13,800、33,609
※印はデスクトップPC
※左からTime Spy、Fire Strike、Sky Diverのスコア

2080Tiということで、性能的には文句なしのトップクラスであり、TimeSpyで1万台、FireStrikeで2万台後半という極めて高いスコアを記録しています。また、ZZのCore i7モデルよりも確実に高いスコアになっています。

ドスパラ GALLERIA ZZ レビュー
また2080Tiということで、4K等高負荷でテストした「TimeSpyEX」と「FireStrikeEX」もテストしてみました。ウィンタブではまだテストしたことはありませんが、参考までにテスト結果を御覧ください。

ドスパラ GALLERIA ZZ レビュー
参考:
※ドスパラ GALLERIA ZF(Core i7-9700K、RTX2070): 6,337
※ドスパラ GALLERIA DF(Core i5-8500、RTX2060): 5,769
DELL G7(Core i7-8750H、GTX1060): 5,401
ドスパラ GALLERIA GCF2060GF-E(Core i7-8750H、RTX2060): 5,328
※ドスパラ GALLERIA RJ5(Ryzen 5 2600、GTX1660): 5,208
ドスパラ GALLERIA GCF1070GF(Core i7-8750H、GTX1070): 5,122
MSI GF75 Thin(Core i7-8750H、GTX1050Ti): 5,009
ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(Core i7-8750H、GTX1060): 4,976
※ドスパラ GALLERIA Mini 1060(Core i5-7500、GTX1060): 4,906
※印はデスクトップPC
※Core i7搭載のGALLERIA ZZは計測スコアなし

GPU性能がスコアに左右されないPCMarkですが、CPUの基本性能がかなり高い事もあって、非常に高いスコアが出ています。

ガレリアZZ トゥームレイダー

トゥームレイダーですが、平均で120fpsを超えてきています。高設定でも快適に遊べますし、画質や解像度を上げても全く問題ないと思われます。

ドスパラ GALLERIA ZZ レビュー

クリックで拡大します

トゥームレイダーの初期設定です。プリセットは高ではありますが、最高設定でも全く問題ないでしょう。

ガレリアZZ Quake

QuakeChampionsですが、120fps狙いならウルトラ設定でも全く問題ないと思います。引っかかりもないのでかなり快適です。

ドスパラ GALLERIA ZZ レビュー

クリックで拡大します

初期設定なんですが、何故かLow寄りのメチャクチャな設定になってしまっていたのでMediumに設定しました。これはゲーム側で「F」モデルCPUに対応していないためと思われます。

ガレリアZZ Forza

Forza Horizon 4も、特に不自由なく初期設定で120fpsをオーバーしています。不自由があることは全く無いでしょう。(録画環境の問題でガクガクになってしまったので、Xboxゲームバー機能で直接録画しています。)

ドスパラ GALLERIA ZZ レビュー

ドスパラ GALLERIA ZZ レビュー

クリックで拡大します

初期設定ではプリセットはウルトラでした。もうすこし細かく設定を詰めてもいいかもしれません。

ガレリアZZ Forza 4K

また、今回は4K設定でもベンチマークモードを試してみました。60fpsを突破してきているため、プレイする分には全く問題ないかと思われます。

5.DXRとDLSSテスト

今回搭載されているGPU「RTX2080Ti」は、NVIDIAの新技術「リアルタイムレイトレーシング」に対応しており、それを動かすためのエンジン「DXR(DirectX Raytracing)」と、同じく新技術「ディープラーニングスーパーサンプリング(DLSS)」に対応しています。「DXR」は主に影や光の表現を従来のものよりより現実的なものにし、「DLSS」は従来のアンチエイリアシングと比較して高いパフォーマンスを維持できるようになります。今回は有料版「3DMark」内で、DXRテストの「Port Royal」と、DLSSテストをそれぞれ実行してみました。

ドスパラ GALLERIA ZZ レビュー
※画像は通常(WQHD解像度)時。

参考
※ドスパラ GALLERIA ZF(RTX2070):5043
MSI GL63 8SE(RTX2060):3246
ドスパラ GALLERIA GCF2070NF(RTX2070):4198
ドスパラ GALLERIA GCF2060GF-E(RTX2060 Max-Q): 2955

やはりフラグシップモデルということもあって、性能はトップクラスですね。DXR目当てなら間違いなく最良の選択肢になるでしょう。

ドスパラ GALLERIA ZZ レビュー

クリックで拡大します

DLSSのテストです。スコアとかが出るわけではありませんが、フレームレートに15fpsの差が出たので、テスト結果を見ていただければDLSSがどれだけゲーム上で効果的か、というのはご理解していただけるかと思います。また、2080TiではDLSSはWQHD以上の解像度でないと使用できないようです。

https://youtu.be/wv8k_9QKmG8
https://youtu.be/vCmRtnfBNmc

今回は「シャドウオブザトゥームレイダー」でDXRとDLSSのテストを行っています。DLSSに関しては10fps程度のフレームレート向上が見られました。影の濃度や光の指し方に注目していただければ効果がご理解いただけるかと思います。

ドスパラ GALLERIA ZZ レビュー

クリックで拡大します

トゥームレイダーではDLSSはWQHD画質でないと使用できなかったので、NVIDIAの「DSR」機能を使用して、内部的にWQHD解像度にアップスケーリングしてフルHD出力を行っています。

6.まとめ

ドスパラ GALLERIA ZZ(i9-9900KF搭載)は、ドスパラ公式通販にて送料税別279,980円(標準構成時送料税込304,538円)にて販売中です。

価格はやはり多少なりとも張ってしまいますが、間違いなく現在では最高性能を誇っているマシンですし、ゲームの品質に妥協したくないと言う方には間違いなくオススメできる一台となっています。i9-9900KFの処理性能が極めて高く、ゲーム配信や画像動画編集もこれ一台でいけるようになっていますので、配信用などのPCをわざわざ用意しなくても全く問題ありません。

名実ともに間違いなく最強と言えるモンスターマシン、必要な方には買って損はない一台となっています。

7.関連リンク(ドスパラ)

GALLERIA ZZ ガレリア ZZ i9-9900KF搭載

スポンサーリンク