Zeblaze THOR 4 Pro - 1.6インチの「大きめディスプレイ」ながら、コンパクトに仕上がったAndroid OS搭載スマートウォッチ

公開日: : アクセサリ , ,

Zeblaze THOR 4 Pro
Android OSを搭載するスマートウォッチを手掛ける中国メーカーにはLEMFOのほかにZeblazeがあります。ウインタブではZeblazeの製品の紹介記事を掲載するのはこれが初めてですが、Zeblazeはこれまでに多くのOS搭載スマートウォッチを作っていて、中には「LEMFO製品と中身が同じじゃん」というものも見受けられます。LEMFOとZeblaze、どっちがおおもとなのかはわかりませんが、最新モデルとしてのLEMFO LEM8とZeblaze THOR 4 Pro、筐体や内部構造はかなり異なったものになっています。

スポンサーリンク

1.スペック

Zeblaze THOR 4 Pro
システム構成は最新のAndroid OS搭載スマートウォッチとしては標準的です。OSはAndroid 7.1.1、CPUはMT6739で、RAMとストレージは1GB/16GB。先ほど紹介記事を掲載したKospet HopeはスマートウォッチながらRAM3GB/ストレージ32GBという大容量を備えていますが、それとは対照的です。この製品は単体で通話をしたり、アプリをインストールしたり、メッセージを送ったりと言ったことができる独立したAndroidデバイス(スマートフォン)ですが、そうはいっても腕時計なので、操作性には限界があり、マルチタスクであるとかアクションゲームなんかをするには無理があり、個人的には「果たしてRAM3GBも必要なのか?1GBでも十分なのでは?」と思っています。

ディスプレイは大きいです。このタイプのスマートウォッチは多くの場合1.39インチなのですが、この製品は1.6インチです。また、有機ELではなくLTPS (低温ポリシリコン)が使われています。実際のところ、腕時計のディスプレイとして有機ELがいいのかLTPSがいいのか、私には何とも言えませんが、どちらも高画質ではあります。

ただし、解像度はやや低めで、他の1.39インチ有機ELの製品が400 × 400であるのに対し、この製品は320 × 320です。でも2インチに満たないサイズなので、解像度よりは絶対的な大きさのほうを重視してもいいのかな、とは思います。

バッテリーは600 mAhで、これもLEMFO LEM8やZeblaze Thor 4の580 mAhよりは若干大容量です。ただ、そんなに大きな差ではないので、バッテリー持ちのほうは劇的に改善されるとも思えません。

ディスプレイサイズが大きくなったことにより、心配になるのがサイズです。なんと、「小さくなりました」。Zeblaze Thor 4は48.5 × 48.5 × 15.9 mm、LEMFO LEM8はダイヤル径50 mmなので、若干ではありますがThor 4 Proのほうが小さいです。

2.筐体

Zeblaze THOR 4 Pro
ディスプレイサイズが大きくなっているにもかかわらず、サイズが小さくなっているということは「ベゼルが細くなった」ということですよね?LEMFO LEM8の画像と比較してみます。

スポンサーリンク

LEMFO LEM8
こちらがLEM8。ちょっと微妙ですが、確かにThor 4 Proのほうがベゼルは細いですね…。

なお、Thor 4 Proについては様々な角度からの画像が公開されていません。ですが、カメラは他のAndroid OS搭載のスマートウォッチと同様にリューズの部分についているのがわかります。「配置」という意味では他のスマートウォッチと同じようなものですね。

Zeblaze THOR 4 Pro
背面には心拍数センサーとnanoSIM用のスロット、そして充電とデータ伝送に使うPOGOピンがあります。

Zeblaze THOR 4 Pro
バンドはシリコンとレザーの「ハイブリッド」です。表面がレザー、裏面がシリコンということのようです。また、この製品は購入時にバンドの色(ブラックとブラウン)を指定する仕組みになっています。

Zeblaze THOR 4 Pro
ディスプレイ面は多彩なテンプレートが用意されていて、使っていて楽しくなりそうです。また、アプリのUIもカスタマイズされているみたいですね。スマホとの連携ももちろん可能で、「 Wiiwatch2(Kospet Hopeと同じアプリ)」を使います(Android、iOSに対応)。

3.価格など

「大変だ!早く記事を書かなくちゃ!」と思いました。というのも、11月30日現在、この製品は中国の通販サイト「Banggood」でプレオーダーセールを開催していて、99.99ドル(11,554円)で購入できます(先着1,000台限定)。また、TOMTOPでもセール中で104.99ドル(11,863円)です。

同じ日に2つのスマートウォッチ(この製品とKospet Hope)の紹介記事を掲載するのは初めてです。また、ちょうどいい比較になる、といいますか、RAMとストレージが大容量のKospet Hopeと、ディスプレイサイズが大きくて狭ベゼルのZeblaze Thor 4 Pro、いずれも魅力的な製品で、どちらも購入しやすい価格になっていると思います。個人的には、スマートウォッチに大容量のRAMとかストレージはあまり必要ない気がしますので、少しでも画面が大きくてサイズも小さいZeblaze Thor 4 Proがいいかなあ、と思います。

4.関連リンク

Zeblaze THOR 4 Pro:Banggood
Zeblaze Thor 4 PRO:TOMTOP

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
geekbuying セール
  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑