POWERUP DART - スマホで操作できるプロペラ式紙飛行機!これは皆さん刺さりますな…

POWERUP DART
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。今回紹介するのはPCでもタブレットでもスマホでも、それらの周辺機器でもありません。でも、おそらくウインタブ読者であれば刮目するような製品というか玩具を紹介します。「紙飛行機」です。ただの紙飛行機ではありません。「プロペラ動力がついていて、スマホで操作ができる」紙飛行機です。ね?刺さるでしょ?

スポンサーリンク

「POWERUP DART」という製品なのですが、実はこの製品、以前から「POWERUPシリーズ」として製品化され、販売もされています。ウインタブが知らなかった、というだけですね。なので、ドローンで遊んでいる人など、すでにこの製品のことを知っている人も少なくないと思います。「とっくに知ってる」という人はどうかご容赦ください。

POWERUP DART
簡単にいうと、こういう製品です。紙飛行機にモーターとプロペラがついたものですね。この時点ですでに私はワクワクしてしまいます。

POWERUP DART
作り方は簡単、紙飛行機を折って、動力ユニットをつけるだけ。

POWERUP DART
キットには「紙」も入っていて、折り方を工夫すれば(解説してくれないと難しいっぽいですよね)、カッコいい戦闘機デザインにすることもできます。

POWERUP DART
AndroidとiOS用に専用アプリが用意されていて、このアプリを使って紙飛行機を操縦します。なにやらスマホを傾けてコントロールする形式のようです。「直感的に操作可能」ということですが、そんなに簡単じゃなさそうな気もします。

スポンサーリンク

POWERUP DART
「誰にでも簡単に、こんな技が繰り出せます。」とのことですが、大丈夫なのか?

POWERUP DART
しかも、離着陸セット、というかただの車輪ですけど、これが付属するので、手で持たずに平地に置くだけで離着陸が可能です。

POWERUP DART
microUSBで充電する方式なので、乾電池は不要です。25分で充電完了するため、ちょっと気晴らしに遊ぶのに良さそうです。

POWERUP DART
で、ここでスペック表です。どうやら紙飛行機本体を含まず、動力ユニットのサイズが表記されているようですね。Bluetooth接続でスマホと通信し、時速40kmで飛行できるようです。あと、25分で充電完了するのはいいとして、飛べるのは10分だけ。なので、外で遊ぶ際にはモバイルバッテリーとかノートPCとか、なにか電源に使えるものを持っていく必要がありそうです。

また、従来のPOWERUPシリーズとの相違点は「サイズ」で、「50%縮小し、25%軽量化」したことにより、パワフルな飛行が可能になったとのことです。

POWERUP DARTはクラウドファンディング「Kibidango」で予約受付(正確にはサポート受付)中で、この記事を書いている9月14日現在だと「早割」プランに枠があり、5,280円(税込み、送料込み)で購入ができます。

なんかこれ、欲しくならないですか?私は欲しいです。紙飛行機を自由自在に操縦するのって、子供の頃「出来たらいいなあ」なんて思ってましたから。価格も高いのか安いのか判断できませんけど、悩むような金額ではないと思います。

最後に、YouTubeにメーカーがデモ動画を公開していますので、そちらにリンクをしておきます。いきなり壁に激突してたりして、やっぱ操縦はそこそこ難しいような気がするんですけど、すごく楽しそうではあります…。

How to takeoff from the ground POWERUP DART with wheels

関連リンク

8種の技をマスターせよ!あの次世代紙飛行機の最新版「POWERUP DART」:kibidango

スポンサーリンク

コメント

  1. なお より:

    欲しいけどBluetooth接続なのが怖いw
    うちのBluetooth機器は10m離れたら認識してくれません
    電波強度は出力に比例しますからスマホ次第ですね

    ラジコン飛行機等は無線を受け付けなくなったときはそのまま飛んでいきます

    まあ、室内用だからそこまで気にしない方がいいのかな…
    まあ、室内用だし

  2. wintab より:

    なおさん、こんにちは。一見心配しているようにお見受けしますが、実はそれほど心配していないということが行間からうかがい知れますw 私の場合、子供の頃の記憶で「紙飛行機を自由自在に操縦するのが夢」でしたからねえ。変な話、1回だけでも思い通り旋回してくれたらそれで満足かな、と。