便利な電子メモパッドは、消耗品と思って海外通販で安く買っておこう!

電子メモパッド
こんにちは、natsukiです。使っている人は多用していると思う、「電子メモパッド」。好きなだけ書いて、サッと消して、便利ですよね。これ、価格はピンキリなんですが、例によって海外通販だとかなり安く手に入ります。当然、いいものほど耐久性はあるのですが、いっそ消耗品と思って、安いのをたくさん買ってしまってもいいのでは?というお話です。今まで使ったことがないという人も、お試しに是非。

スポンサーリンク

1.「電子メモパッド」とは?

電子メモパッド
電子メモパッドとはどんなものか? 詳しくは、以前にあおぴさんが詳しくレポートしているのでそちらをご覧ください。要は、圧力で書ける黒板みたいなものです。もっとも、あんまりとがったもので圧力をかけると表面が傷つくので、普通は付属のペンを使うべきですが。

電子メモパッド
消すときはボタンひとつでサッと全部消えます。ここがちょっと使い勝手の悪いところでもあって、「部分的に消す」ことはできません。完全消去のみです。なので、こだわって書いたり、あんまりじっくり使う用途には向きません。パッと書いてどんどん消す。落書きでも、メモでも、伝言でも。これこそ電子メモパッドの真骨頂です。

2.安物の電子メモパッドのメリットとデメリット

電子メモパッド

クリックで拡大します

この電子メモパッドの本家とも呼べるのは、「ブギーボード」です。もちろん、品質をとるならこれなんだろうけれど、高いんですよね。一番売れ筋の8.5インチのもので、廉価な「BB-1GX」が、Amazonでだいたい2,000円台半ば。薄型の「BB-7N」だと、4,000円台半ばです。
これが、Amazonにも多数出品されている類似品だと、8.5インチなら、だいたい1,000円くらいです。中華通販だと、セールを狙えば、だいたい700円台で買えちゃう。

スポンサーリンク

電子メモパッド
こういう安物のメリットは、もちろん安さ。それと重要なのは、安くてもちゃんと薄型になっているんですよ。カバンなんかにもすっと入ります。

電子メモパッド
もちろん、安物のデメリットは耐久性。長く使っていると、電池の消耗以外にも、どうしても線が薄くなってきて、ぼやけも出てきてしまいます。安物電子メモパッドの方だと、電池より先に表面がヘタレてくるかな。ちなみに本家ブギーボードは、ぼやけてはくるものの、なかなか薄くならずに頑張りますね。

3.どのみち消耗品なので、と割り切って考えてみては?

ただ、ブギーボードでも、時間の問題というだけで、使っているうちにヘタレが出てくるのは変わりません。電子メモパッドは、どんなに丁寧に使っても、必ず劣化してくる消耗品なんです。一方で、安物の方も、子供がさんざん使って数年は十分に使えました。これは個体差がありそうではありますが。すると、どのみち消耗品なら、出来るだけ安く手に入れて、買い直したりまとめ買いしておけばいいんじゃない? というわけです。

今回、この記事を書いたのは、ちょうど円高もあって、現在Banggoodのセール品が700円を割っていたからです。記事執筆現在、パソコンからで690円、アプリからで679円です。700円台はよく見るんですが、記憶にある限り、Paypal決済可能な販路での600円台ははじめて見ます。なお、Aliexpressを探せば、出品者によっては8.5インチサイズで送料込み500円くらいまで下がっていますが、なにしろAliexpressなので、こちらの見極めは自己責任で。ともあれ、まだ使ったことがなかった人も、すでに使っている人も、このチャンスに1枚いかがでしょうか。もちろん私も、今回は無難にBanggoodで1枚買い足しておきました。持っておいて損はない便利アイテムですよ。

4.関連リンク

HOWSHOW 8.5 Inch LCD Update Multi function Writing Tablet:Banggood
「lcd pad 8.5inch」検索結果:Aliexpress

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    面白い商品を紹介していただきありがとうございます

    • natsuki より:

      ありがとうございます。一枚あると、何かと便利ですよ。
      今回リンクをはったBanggoodのは、磁石付きタイプなので、冷蔵庫やスチール棚に張り付けて、掲示板としても使えるはずですよ。

  2. 匿名 より:

    消耗品ではあるのですが海外通販で売られているのは、
    あまりにも普段使いに耐えられないなあと思いました。
    国内の家電量販店でもブギーボード以外はしっくりきませんでした。
    普段から使うものだから消耗品と言えども、イラっとさせない
    ブギーボードが第1選択だなとしみじみ感じました…。

    • natsuki より:

      価格と質は比例しますからね。
      両方使ってみた違いとしては、鮮明さと、耐久性、見た目の造り、ですね。

      個人的には、家庭や自分のメモ用で使うなら、海外通販の廉価版で十分です。
      ビジネスで使ったり、店頭掲示用なら、ケチらずにブギーボードがいいかと思います。