Xiaomiが6月24日に発表するのはやっぱりMi 11 Lite 5Gでした!これは楽しみ!

Xiaomi Mi 11 Lite
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。Xiaomi Japanの公式Twitterで本日、こんなツイートがありました。


先日ウインタブでもご紹介した、6月10日のツイートがこちら。

と、いうことで、国内で発表されるニューモデルはMi 11 Lite 5Gであることが判明しました。Mi 11 Lite 5Gについてはウインタブでも紹介記事を掲載していますが、海外で発表されたモデルのスペックはこうです。

  Mi 11 Lite / Mi 11 Lite 5G
OS MIUI 12(Android 11ベース)
CPU Snapdragon 780G
RAM  6GB/8GB
ストレージ 128GB
ディスプレイ 6.55インチAMOLED(2,400 x 1,080)90Hz
LTEバンド B1/2/3/4/5/7/8/12/17/20/28/32/66
SIM nanoSIM x 2(SIM2はmicroSDと排他)
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth 5.2
入出力 USB Type-C
カメラ Lite 5G:イン20MP/アウト64MP+8MP+5MP
バッテリー 4,250 mAh
サイズ 160.53 x 75.73 x 6.81 mm
重量 159 g

CPUのSnapdragon 780GはAntutu Ver.9のスコアが52万点ほどと、「ハイエンド」と言って差し支えないくらいの性能です(ソースはこの動画)。780Gよりもさらに高性能なCPUもありますが、常識的に考えて「これで十分」と言っていいでしょう。

グローバル版ではRAM6GBと8GBがあり、ストレージは128GBです。このあたりの容量について日本版がどうなるかは6月24日まで待つ必要があります。

ディスプレイは有機EL、カメラはアウト側64MPと、メインスマホとして不満の出ない構成だと思います。

個人的にMi 11 Lite 5Gでも最も素晴らしいと思うのが「薄さと軽さ」です。性能面では申し分ない上に、このサイズ感ということなら「どうしても欲しい!」という人が少なからずおられるのではないでしょうか?

通信バンドについては当然国内の通信事情にあわせたものに変更されると思いますし、SIMスロットの仕様についてもキャリアモデル(あれば)だとシングルSIMになったりすると思いますが、この辺もまた6月24日に判明するでしょう。

Xiaomi Mi 11 Lite
それとこれ、Felicaのマークです。つまりおサイフケータイ対応となるようですね。冒頭にリンクしたツイートにつけられていたレス(返信、コメント)で話題になっていました。

国内発表されるニューモデルはMi 11 Lite 5G、価格は43,800円、というところまで判明しました。あと、個人的に注視したいのはRAM/ストレージ容量がどうなるのか、という点です。6月24日を待ちましょう!

関連リンク

Xiaomi Japan公式Twitter
Xiaomi Japan公式サイト
※Xiaomi Japan公式サイトにはまだMi 11 Lite 5Gの情報はありませんでした
Mi 11 Lite 5G製品紹介:Xiaomiグローバルサイト

スポンサーリンク