数珠デジタルカウンター -「数珠」の本質を体現したアイデア商品、今の時代にこそ求められる祈りの小品か

beads counter
こんにちは、natsukiです。今回は、TOMTOPでみかけて、いたく感じ入ったガジェットを紹介したいと思います。単なるデジタルカウンターなんですが、数珠を繰るような動作でカウントします。つまり、祈りのためにデザインされたデジタルカウンターです。これ、よく考えてみると、きちんと宗教的意義も踏まえた、なかなかのアイデア商品なんです。

スポンサーリンク

1.そも、数珠とは

beads counter
いわゆる「数珠」型の、ビーズを連ねた形状の祈りのためのアイテムは、およそ様々な宗教に存在します。その中でも、特に仏教やイスラーム教の多くの宗派では、一定の章句を繰り返し唱えることを重視し、そこではこの道具は、「カウンター」としての役目を果たすため、なおさら重要となります。イスラーム教では「タスビーフ」など、仏教では「数珠」と呼びますね。まさに、「数」えるための「珠」なわけです。一部の仏教宗派には、より大きな数をカウントしやすくするための、補助的な数珠すらあるようです。ちなみに同じ仏教でも、カウントすることに重きを置かない宗派もあり、そういった宗派では、「数珠」とは呼ばずに、「念珠」と呼びます。

さて、であれば確かに、技術の進んだ現代においては、アナログにしろデジタルにしろ、数字を表すカウンター付きの数珠があってもおかしくない、いやむしろあってしかるべきかと、この製品を見て、はたと思い至りました。感じ入ったとはそういうわけです。まさに目から鱗。おっと、これはキリスト教か

ざっと探してみても、他のデザインのものはみあたらず、一方で同等品はあまりにもあふれていてオリジナルのメーカーがどこかはもはや分かりませんが、これをはじめて商品化した人は、かなりの智恵者と見受けられます。

2.製品概要

beads counter
使い方はこの通り、数珠を繰るような動作でカウントできます。

スポンサーリンク

beads counter
表面の色は、TOMTOPの扱っているものでは、「念仏入り木目(Brown1)」「木目(Brown2)」「無地(White)」の3色から選べます。Aliexpressを探せば、もっとバリエーション豊富です。

beads counter
カラーバリエーションがあることからも分かるように、筐体材質はプラスチックで、実際に木を使っているわけではないようです。ガチで使っていくと、早晩、指の当たる部分はハゲてきそうですが、膨大な数や年月をものの摩耗によって表現することの多い仏教においては、それも一つの趣というものでしょうか。

不満があるとすれば、価格が安いので仕方ないとはいえ、さすがにチープすぎること。多少値が張ってもいいから、もっとしっかりした造りの、できれば信頼性の高いカラクリ式のが欲しくなりますが、管見の限り、見当たりません。

とまれ、私とて決して信仰心のあるようなたちではありませんが、これが歳を重ねるということか、最近は仏教美術にずいぶん興味がわいたり、仏像を描くのが楽しくなったりしています。個人の力ではどうしようもない災害の目立つ昨今、信仰するかはさておいて、何事にも心を平らかに精神修養のための念仏・読経というのも、また一興かもしれません。

3.販路と価格

この製品、特にブランドとかがあるわけではないので、販路は膨大にあります。日本のAmazonにも出品があるようですが、やはり高い。TOMTOPなら、記事執筆現在971円、しかも6~9営業日の配送で送料無料となっています。Aliexpressだと「Beads Counter」で検索をかければ、同等品が山のように出てきて、やはりこれが一番安く、中には400円台で送料無料のものもあります。ただし、配送に日数がかかります。急ぐものでもないとは思いますが、お好みで。

4.オチ

まあ、うちは浄土真宗なんで唱える回数は関係無いんですけどね。

5.関連リンク

Digital Counter Beads Counter:TOMTOP
Aliexpressを「bead counter」で検索:Aliexpress

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    数珠型のヘルスバンドあればいいのにね