Windows タブレット機種比較 ー Surfaceタイプに行く前に、個性派で低価格なCore mマシンをチェックしてみる(2017年夏版)

公開日: : オピニオン ,

HUAWEI MateBook
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。2017年夏版のWindows タブレット機種比較特集も終盤に差し掛かりました。前回まででAtom機はひと通り見てきましたので、今回からはCore m、Core iを搭載するミドル~ハイスペックのタブレットを見ていきます。そうすると「Surfaceタイプ」が視野に入るのですが、その前にワンクッション入れさせてもらいます。どうしても2機種、避けて通れない低価格な製品があります。お値段の方もSurfaceタイプよりワンランク下に位置し、Atom機の上位モデルとオーバーラップしそうな価格帯になっています。

スポンサーリンク

ウインタブで「Surfaceタイプ」と呼んでいるのは「キックスタンドを持っていて、本体だけで自立でき、薄型のカバー一体型キーボードが用意されているもの」です。このタイプの特徴は外観が非常によく似ている(要するにMicrosoft Surface Proにそっくり)ことですが、今回紹介する2機種はキックスタンドを持たず、したがって外観もSurfaceには似ていません。そして決定的なポイントとして、Surfaceタイプよりも低価格である、ということが言えます。

1.HUAWEI MateBook

Huawei MateBook

価格: 67,980円(税込み)から

OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Core m3-6Y30 / m5-6Y54
RAM: 4GB / 8GB
ストレージ: 128GB / 256GB
ディスプレイ: 12インチIPS(2,160 x 1,440)
ネットワーク:  802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.1
カメラ: インのみ5MP
入出力: USB 3.0 Type-C、オーディオジャック
バッテリー稼働時間: オフィス用途9時間/動画鑑賞9時間/音楽29時間
サイズ: 278.8 x 194.1 x 6.9 mm / 重量 640 g

最初に言っておくと、この製品はもうすぐ新型が登場します。海外では新型である「MateBook E」が発表済みとなっており、日本でもこの夏には発売される予定です。しかし、この記事を書いている6月19日時点ではこの製品が現行モデルであり、海外で新型が発表されたこともあって、一段とお買い得になっています。

CPUはKabylakeではなく、ひとつ前のSkylake世代のCore m3もしくはCore m5、RAMは4GB/8GB、ストレージは128GB/256GBと、構成の選択肢がありますが、断然低価格でおすすめなのが最下位のグレードであるCore m3/RAM4GB/ストレージ128GBに専用キーボードをセットしたモデルで、これが最安値67,980円となります。上位モデルになると急激に価格が上昇し、Core m5/4GB/128GBモデルが最安値72,750円(キーボード別売りで実売価格9,000円程度)、Core m5/8GB/256GBモデルだと最安値で115,344円(キーボード別売り)となってしまいます。

この製品の魅力はCore mプロセッサー搭載によるパフォーマンスと12インチサイズで高精細なディスプレイ、そして厚さなんと6.9 mm、重量640 gという薄型・軽量の筺体です。また、別売りのスタイラスペン(実売価格7,000円程度)を使えば2,048段階の筆圧に対応する手書き入力も可能です。

また、専用キーボードは形状こそカバー一体型の簡易なものですが、キーサイズが大型でバックライトもつく本格的なものです。もちろん洗練されたデザインも魅力的で、キーボードが付属して7万円を切る価格というのは本当にお買い得だと思います。既に発表されている新型機ではCPUがKabylake化され、キーボードもさらに改善されていますが、キーボード込みで6万円台という低価格のグレードが用意されるか不透明なため、この製品の在庫があるうちに買っておく、というのはいい考えなのではないか、と思います。

紹介記事:HUAWEI MateBook - ティザーキャンペーンの正体はこれ!12インチWindows 2 in 1が日本でデビュー!
安値サイト(NTT-X):MateBook/M3-4G-128G-5MP/グレー/キーボードセット

2.ドスパラ Diginnos DGM-S12Y

ドスパラ Diginnos DGM-S12Y

価格: 49,980円(税込み)から

OS: Windows 10 Home / Pro
CPU: Intel Core m3-6Y30
RAM: 4GB / 8GB
ストレージ: 64GB / 128GB / 256GB(すべてSSD)
ディスプレイ: 12.2インチ(1,920 x 1,200)
ネットワーク:  802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0
カメラ: イン2MP / アウト5MP
入出力: USB 3.0、USB Type-C、microHDMI、microSD、オーディオジャック
バッテリー稼働時間: 約4.7時間
サイズ: 305 x 210 x 10.5 mm / 重量 935 g(キーボード635 g)

スポンサーリンク

Core mを搭載するタブレットの中では最も低価格(特価販売の旧モデルを除く)な製品です。最安値49,980円のものはCore m3/RAM4GB/ストレージ64GB SSDという構成ですが、キーボードと筆圧(256段階、ソフトウェアによって1,024段階)に対応するスタイラスペンがついての価格であるのが驚きです。ストレージを少し上げて128GBにしても53,978円と、上に掲載したMateBookよりも安いです。

ディスプレイも1,920 × 1,200と十分な解像度を確保しており、Wi-Fiも5GHz帯に対応、前後にカメラを装備するなど、CPU性能だけでなく、必要とされる機能が備わっており、また必要と思われる周辺機器が標準で付属しているため、本体価格だけで当面追金は不要、というのがありがたいところ。

ウイークポイントとしては重量が重いこと、手書き入力機能がワコムではなくN-Trigのため、ワコムに慣れている人には多少違和感があると思われること、そしてキーボード配列にややクセがあることが挙げられます。ただ、やはり価格のアドバンテージはかなり大きいですね。

紹介記事:ドスパラ Diginnos DGM-S12Y ー スペックを考えれば非常にお買い得!な12.2インチ2 in 1(実機レビュー)
販売サイト(ドスパラ):Diginnos DGM-S12Y

3.サイズ感ならMateBook

今回の対象は2機種だけですが、わりとはっきりした違いがあります。CPUやRAM、ストレージに関しては両者のバリエーションモデルによって異なりますが、Core m3ということで言えばほぼ互角と思われます。どちらもしっかりしたメーカーなので、同じバーツを使っているのならほぼ同じ性能と考えていいでしょう。

ディスプレイに関しては解像度で上回るMateBookが有利です。また、デジタイザー性能もMateBookのほうが2,048段階の筆圧に対応しており、手書き入力性能についてもMateBookに軍配があがると考えていいと思います。

最も気になるのはサイズ感です。MateBookは12インチながら640 gと軽量で、タブレット部分の厚さもわずか6.9 mmと超薄型です。少なくともタブレット形態での利用を考えると重量級(タブレット部分で935 g)のドスパラ Diginnosとは格段の差があると言えます。

ディスプレイ、そして筺体構造という点ではどう考えてもDiginnosは太刀打ちできないと言えます。

4.価格は圧倒的にDiginnos

価格面を考えるとDiginnosの圧勝となります。Core m3/4GB/128GBと同スペックでの価格を比較すると、Diginnosは53,978円、MateBookは67,980円で、さらにDiginnosにはスタイラスペンが付属するのに対し、MateBookはスタイラスペンが別売りとなりますので、スタイラスペンの価格まで考慮すると、約2万円の差になります。

5万円以上のガジェットは(人によりますけど)適当に買い物できるようなものではないので、慎重に、そして後悔しないように製品選びをすると思います。それで「どうせ買うなら、5,000円くらいは余計に払ってもいいか」なんて考えて、ちょっとずつ予算が上がっていき、気がついたらかなりの出費になってしまった、という状況に陥りがちなので、「妥協点」はしっかり考えておく必要がありますよね。少なくとも私は予算オーバーしやすいタイプなので、一度設定した予算は理由のいかんを問わず、必ず守る、ということをいつも考えています(が、実際そうなりません)。

おそらくですが、DiginnosとMateBookの2万円の価格差、というのは妥当なんだろうと思います。2万円余計に払ったら、その分幸せになれそうな気がします。だけどね、さらにあと2万円追加したらSurfaceタイプが買えますよ、みたいな話にもなります。そしてさらに2万円足すとCPUがCore i5になるし、さらに2万円足すとCore i7が視野に…。

お互い、身の丈にあった買い物をしたいものです…。

5.まとめ

普段はドスパラびいき(そして、関係ないけどThinkPad推し)のウインタブですが、今回の対象2機種ではMateBookのほうに魅力を感じます。特にキーボード付きで67,980円のCore m3モデルが非常に気になってしまいます。

ただし、もう一方の対象機種、Diginnosはコストパフォーマンスが異常に高い、というのも事実です。デジタイザー性能をあまり気にすることなく、筺体重量がやや重いことに目をつぶれるならDiginnosのほうが割安、というのは間違いありません。というか、この2点が購入時の要件にあまり関係なく、ビジネス用途での購入であればDiginnosがいいと思います。逆にタブレットとして軽快に使い、より快適な手書き入力を楽しみたいのならMateBook、ということになるでしょう。

あとは予算ですね。自分に言い聞かせるような書き方になりますけど、設定した予算はなるべくオーバーしないように…。

6.関連リンク

Windows タブレット機種比較 ー 8インチサイズは選択肢が少ないものの少数精鋭!こんな状況を予想できた?(2017年夏版)
Windows タブレット機種比較 ー 8.9インチも個性派ぞろい!しかし選択肢は少ない(2017年夏版)
Windows タブレット機種比較 ー 10.1インチ、キーボードつきで3万円以下から買えるよ!(2017年夏版)
Windows タブレット機種比較 ー 10.1インチ、「AtomでRAM4GB」から選んでみる(2017年夏版)
Windows タブレット機種比較 ー 11.6インチ、ちょっと大きめのAtom機という選択肢もあり(2017年夏版)

スポンサーリンク

Comment

  1. 絵描き用途として考えるならワコムのデジタイザーが使えるかどうかというのはすごく大事な問題で、2万の価格差がひっくり返る程のものですからMatebookに軍配が上がりますね。

    • wintab より:

      PYUさん、こんにちは、コメントありがとうございます。絵描きさんならそうなりますよね!ビジネスマンだとどうかなあ。

  2. 匿名 より:

    ペン使いにとってはコンバチ型やらセパレートノート型やキックスタンド型より
    Mateのようなピュアタブ型の方が形状的には都合がいいですね
    ただこのジャンルはMobileStudio Proという例外を除けば
    12インチと画面が小さくCoreMが主流なんで正直悩ましいです

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。やはり手書き系だとMatebookですね。2機種とも制約のあるなか、よく頑張っていると思います。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
Probox
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑