Microsoftストアアプリ – Converter Bot 多形式のファイルを相互変換!(miyuki)

Converter Bot
.doc、.ppt、.pdf、.jpg.、.png、.ptf、.xls、.csv、.ai、.psd、.txt、.htmlに対応するのだそうです。でもって入力ファイルをクラウドからひっぱってくることもできるようです。後ほどスクリーンショットを掲載するのでチェックしてください。FTPサーバーもいけるようです。.pdfや画像ファイルから文書を抜き出して.txtに変換するなんてOCRみたいなことができたらスゴすぎるんですけど、もちろんできないので、基本的にはマルチで相互変換できるけど「画像からテキストは無理よ」とだけ覚えておけばいいかと。

スポンサーリンク

1.起動

Converter Bot 起動
左ペインを見てください。ごっそり対応サーバーがリストされています。Githubとかもありますね。私は写真のバックアップくらいしかクラウドを使いませんし、今回変換したかったファイルはウェッブサイトにあったPDFファイルだったのでローカルにダウンロードしたものを読みこみました。クラウドの自アカウントへのログインを試していません。迷うほどのことはないんじゃないですかね~。と、いうわけでDo It Yourselfでどーぞ。

2.入力ファイルのロード

Converter Bot ドラッグ&ドロップ
ロッケンロール風にドラッゲンドロップで。

スポンサーリンク

Converter Bot PDFからPNGに
ブロガー的には公式サイトにPDFファイルしかない場合に、画像に変換して掲載したいことがあるんです。私的にはこれいがいの使い方はあんまりしないので、じつは「PDFから各画像へコンバート」するだけの軽量版でよかったんですが、それほど重量級アプリでもなかったので(ちなみに約9.01MB)フル版をインストールしました。何種類か単変換の軽量版アプリもあるのでストアから探してください。

グラフィックアプリを使いこなしている人には大きなお世話かと思いますが、変換した画像ファイルをなにかのドキュメントに貼り付けてリサイズして使いたいばあい、そのアプリがSVGファイルの読みこみに対応しているなら、SVG(ベクターグラフィック)にコンバートしたものを読みこめばリサイズによる画像の滲みはなくなりますよ。ベクターグラフィックを扱うとアプリの動作が重くなりますけどね~。

3.コンバート

Converter Bot 変換終了
変換中~。どうやらエクスポート先は、直接クラウドは指定できないみたいです。いったんローカルに作成して、必要な人はクラウドにアップロードってことみたいですね。

4.MS Office(=.doc、.xls)からPDFへもオッケーよ

ビジネスパーソン的にはこっちのほうが使うかなぁ。客先にメール添付する書類はPDFって決まりがあったりするのでしょう??? PDFじゃないほうが署名を入れて送り返すときに楽なのにわざわざPDFで来ることがあるのでOLの友人に尋ねて知りました。スマホでも動作するし、アプリのアイコンが可愛いのでOLさんにお奨めします。

5.関連リンク

Converter Bot:Microsoftストア

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Gearbest Easter promotion


Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑