Tronsmart Edge 20000mAhの実機レビュー - これ一台あれば急な外泊も安心!な大容量モバイルバッテリー(かのあゆ)

Tronsmart Edge 20000mAh
こんにちは。かのあゆです。以前Tronsmartのモバイルバッテリー「Presto 10000」及び「Presto PBT10」という製品をレビューいたしました。特にPBT10のほうは今でも常に持ち歩いて愛用している製品となっていますが、そのTronsmartより大容量でUSB-Cポートも備えた「Tronsmart Edge 20000」をご提供いただいたのでレビューしたいと思います。Tronsmartにはこの場でお礼申し上げます。ありがとうございます。

スポンサーリンク

1.スペック

入力 (Micro-USB ポート): 5V/3A,9V/2A,12V/1.5A
出力 (Qualcomm QuickCharge; FCP; VoltIQポート): 5~6.5V/3A,5.6~9V/2A,9~12V/1.5A
出力 (Volt IQ): 5V/3A
出力(Type-C) : 5V/3A
バッテリー容量 : 20,000mAh
サイズ : 151 x 79 x 26mm / 395.5g

Tronsmart Edge ポート類
基本仕様は「Presto PBT10」の仕様に準じており、microUSBポートに関してはQualcomm QuickCharge 3.0とHuawei独自規格のFCPに対応するポートとTronsmartの充電最適化技術「Volt IQ」に対応するポートの2つが用意されています。

さらにTronsmart Edgeでは新たにUSB Type-Cポートも搭載されたため、同時に3台までの端末を同時充電することができるようになっています。もちろんモバイルバッテリーへのQuickCharge 3.0での高速充電もしっかり対応しているため、20,000mAhという大容量でありながら短時間で高速充電することができます。

また今回はUSB Type-Cポート経由での充電も可能となっています。もっともこの大容量であればあまりバッテリー切れになるというケースも少ないかもしれません。

2.付属品

Tronsmart Edge 付属品
付属品は以前レビューしたPresto PBT10同様モバイルバッテリー本体のほか、キャリングポーチ、充電用のmicroUSBケーブル、マニュアル、保証書が付属しています。

キャリングポーチはPresto PBT10と同じタイプのものになっていますが、本体が一回り大きくなったことでポーチのサイズも大きくなっています。充電用USBケーブルも一本程度であれば余裕で入るので非常に持ち運びに便利です。

いわゆる「きしめん」タイプのフラットケーブル
microUSBケーブルは0.5mのフラットタイプのものが付属しています。これもPresto PBT10に付属していたものと同じタイプですね。非常にコンパクトなので付属のポーチに一緒に入れておくと便利かもしれません。

3.デザイン

Tronsmart Edge 前面
製品名に「Edge」という名称がついている通り、Tronsmart Edgeの筐体デザインは側面にエッジデザインを採用しており、さらに大容量バッテリーでありながら非常にコンパクトで持ちやすいデザインだと思います。

スポンサーリンク

バッテリーの残量は4段階のステータスランプで確認可能
モバイルバッテリーの残り残量は4段階のインジケーターランプで確認できるようになっています。

Tronsmart Edge 背面
カラーリングはPresto PBT10同様ブラックとなっており、非常にかっこいいデザインになっているのが特徴です。個人的に毎日持ち出して自慢できそうなデザインになっていると感じました(ちょっとオーバーか?)。

4.使用感

Huawei端末のFCPにもしっかり対応
一日程度の外出で端末一台持ちであれば基本的に以前から利用しているPresto PBT10で十分足りるのですが、現在かのあゆはメイン端末とサブ端末を2台運用しているため、さすがに10000mAhのバッテリーでは足りなくなってしまうことがあります。

そんなときに役に立つのがEdgeで、先日急に外泊することになった際に活用したのですが2台充電してもおおむね2日持たせることができました。2,3日程度の外泊であればPresto PBT10とEdgeを2台連れて行けば十分足りるのではないかと感じました。

ただし重さ自体は20,000mAhと大容量のバッテリーであるにもかかわらず軽量になっているのですが、本体の大きさが5.5インチのスマートフォンとほぼ同サイズとなっており、厚さもそれなりにあるのでさすがにズボンのポケットに端末と一緒にいれるには厳しいかもしれません。今の時期であればジャンパーのポケットにはすっぽり入りますし、夏などはバッグなどに入れておく使い方がベストかと思います。

5.まとめ

Tronsmart Edge まとめ
現在Tronsmart EdgeはAmazon.co.jpで3,389円にて販売中となっています。この容量のモバイルバッテリーとしては安価でなおかつ各種急速充電にも対応しており、以前レビューしたPresto PBT10同様非常にコストパフォーマンスに優れたモバイルバッテリーとなっています。

基本的に端末を一台のみ利用しているのであれば10,000mAhのバッテリーでも十分足りると思いますが、急な出張などでACアダプターを忘れてしまっても、この製品がポケットに入っていれば2~3日は十分しのげるため、いざという時のために予備モバイルバッテリーとしてそろえておくと非常に便利なのではないでしょうか。

またガジェット好きで端末を複数台持ち歩いているような人だと10,000mAhでは足りないので、そんなガジェットマニアな方にも非常にお勧めできる製品になっています。

まさに「これさえあれば何もいらない」といえる製品ですが、普段使い用としてコンパクトなPresto PBT10と一緒にそろえておくと非常にモバイルライフが快適になるので、かのあゆとしては同時購入をお勧めします。

6.関連リンク

Tronsmart 20000mAh モバイルバッテリー : Amazon.co.jp

スポンサーリンク

Comment

  1. takeota より:

    普段はあまり必要ないですが、大容量バッテリーは便利ですよね。
    私は日本ではあまり流通がないですがzmiのQB820を使ってます。
    PD40Wまで対応なので、自分のノートPCも充電出来て重宝していますよ。
    (価格は今回ご紹介いただいたバッテリーの倍くらいしますが・・・)

  2. 前の記事 http://win-tab.net/sale/aukey_sale_1712232/ にあったAUKEYのセールでPB-P24 https://www.amazon.co.jp/dp/B072BGTSVV/ref=cm_sw_r_tw_dp_U_x_tn6rAbM4VFNBA を買って使ってますけど、容量が大きくなってくると大きく重くなりますねえ。
    この辺は中々如何ともし難い所です。

  3. 匿名 より:

    MixMartの24000mAh モバイルバッテリー使ってます。値段1万円ぐらいするので全くジャンルが別物ですがコンセントがついてるのでノートPC充電出来て非常に便利。
    普段は10000mAhのモバブを鞄に入れてて出張や旅行の時はコイツも持って行きます。

    https://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/B06XF23KK5

  4. より:

    世には充電側が2.4Aを謳って売ってるモバブ多いけど、入力は1Aというのが多いのが本当に酷いと思うんですわ
    その点Tronsmartは入力もしっかりQC3.0対応してたりしてモバブ自体の充電も早いのは大容量には必須ですからね

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑