Bookey Mechanical - モバイルできるメカニカルキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! しかも高コスパ!なキーボード(ふんぼ)

公開日: : アクセサリ , ,

Bookey Mechanical
どうも、ふんぼです。PCの中で一番重要な入力デバイスは何でしょうか? ずばり、キーボードです。「は?、今どきタッチパネルで十分やんけ。おっさんいつの時代のこと言ってんの?」と反論してくるであろうスマホネイティブのYoungたちよ、お前ら何で文字打ってんじゃゴラアァァァァァァァ!!タッチパネルキーボード使っとるやんけ!!キーボード舐めんじゃねえぞ!!

スポンサーリンク

Bookey Mechanical タッチキーボード
はい、ふざけましたw愚痴はここまでにして通常運転に戻ります。とりあえずキーボードは大事ということです。時代がタッチパネルになろうと、やっぱり文字を打つときはキーボードが必要ですよね(音声入力はありますけど・・・)。

そして、キーボードを使い慣れているとどうしても馴染めないタッチパネルキーボード、短文入力ならまだしもメールの返信などの長文入力は厳しいという人も多いのではないでしょうか。

その解決手段の一つとしてBluetooth キーボードがあるわけですが、市販されているBluettothキーボードの多くはいわゆる「ペチペチキーボード」だったりします。やっぱり外出先でもキータッチにこだわりたい、そんな人のためにウィンタブでは特集記事を書いていますが、ここにきて株式会社ジャパントラストテクノロジーからメカニカルなBluetoothキーボードがリリースされました。その名も「Bookey Mechanical」です。製品紹介を見ていて「めっちゃハイコスパやん!」と思ったので紹介したいと思います。

1.スペック

Bookey Mechanical スペック表
スペックはモバイルできるメカニカルキーボードの中では比較的特筆すべきことが少ないように感じます。悪く言えば面白みがない、逆に言うと変な癖がないと言ったところでしょうか。

Bookey Mechanical 赤軸
キースイッチは赤軸系(Cherry MXではありません)、要は中華軸を採用しています。ウィンタブではいくつか中華軸の製品をレビューしていますが、「Cherry MXよりは劣るがメカニカルらしい打ち心地で実用性は十分」といった感じで特に身構える必要はないかと思います。ただ、私自身メンプレン(安いやつ)からいきなりREALFORCE(色々すごいやつ)に乗り換えているので、メカニカルキーボードをあまり触ったことがなく、実際の打ち心地とかよくわかんないんですよねw

配列は英語配列のみで、日本語配列モデルは用意されていません。私のようなローマ字入力erならまだしも、かな入力の人はほぼ完全にアウトですね。この製品は多分中華キーボードのOEMなので日本語配列の登場は期待できないでしょう。

それと、この製品きちんと技適マークがついており、輸入品のキーボードでありながら合法的にBluetooth接続を行うことができます。技適がついてないキーボードだと(法律的には)有線で使うしかないので、これは紹介する上で結構重要なポイントだったります。ちなみに、この製品はマルチペアリングに対応しており最大3台までの機器を切り替えて使うことができます。

スポンサーリンク

2.外観

Bookey Mechanical 外観・サイズ
キーボードの配列はファンクションキーがない5段配列になっています。ファンクションキーの有無については賛否両論ありますが(ちなみに私は賛成派です。)、コンパクトにするためにはやむなしといったところでしょう。また、キーがステップスカルプチャーになっており、タイピングがしやすくなっています。ステップスカルプチャーって何よ?って人向けに説明しますと、キーボードを横から見てキーが弧を描くようにカーブしている構造のことをステップスカルプチャー構造と言います。えっ?そんだけ?と思われるかもしれませんが、これが結構重要なポイントで、あるかないかで指に掛かる負担が大きく違ってきます。低価格な製品だと採用されていないことが多いのですが、この製品ではしっかり採用されているので長文入力がしやすそうです。

Bookey Mechanical カラバリ
カラーは白と黒の2つがラインナップされています。私だったら迷わず黒ですかね。

Bookey Mechanical バックライト
そして、中華メカニカルおなじみのバックライトも搭載されており、暗いところでもキーが見えるほか、「それっぽい感」が出てかっこいいですね。

Bookey Mechanical
また、BluetoothキーボードとしてだけではなくUSBキーボードとしても使うことができるので、家では据え置きとして有線で使用し、たまに外出先でBluetoothキーボードとして使う、なんて使い方もできちゃうんです。(私自身記事書いてる途中なのにメッチャ欲しくなってきましたw)

Bookey Mechanical スタンド
あと、おまけでスマホ・タブレットスタンドがついてきます。

3.価格など

Bookey MechanicalはJTTオンラインショップで5,980円で販売中です。いや、これコスパやばくないですか?中華とは言えメカニカルですよ?Bluetoothですよ?それで5,980円ですよ?下手したら中華よりもコストパフォーマンス高いんじゃないでしょうか。

実際、私も記事書きながら何度も買おうか迷いましたし、実際今もすっごく迷ってますw

持ち運べるメカニカルキーボードが欲しい人や外出先でも入力環境を妥協したくない人は検討してみてはいかがでしょうか?(検討する前に買っちゃうウィンタブ読者多そうだなぁ)

かくいう私も「買おうか、いや、でも・・・買っちゃおうかなぁ、いやいやいや、キーボードいっぱい持ってるじゃん・・・・。」と本気で理性と戦っておりますw
もし、理性が負けてしまったらレビューしたいと思います。

4.関連リンク

Bookey Mechanical:JTTオンラインショップ
Bookey Mechanical:JTTオンライン(Amazon)

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    これってケーブルの長さはどれくらいなんだろう?
    どこにも書いてないような気がする。

  2. m.o.s.ota より:

    あああああああ
    これはマズい・・・買ってしまうと思う・・・

  3. 匿名 より:

    HHKBLiteとの比較かな…

  4. Re:Pu (@Repu6) より:

    ファンクションキーの列が無いからなんでしょうが、1の左がEscape……こやつ、わかっておるな。HHKBそのままともいう。
    魅力的です。

  5. ina より:

    Fn右側ですか
    自然にカーソルキーを操作できる気がしないです

  6. 匿名 より:

    英語配列で言語切り替えに使う~がfn併用とかわかってねぇなぁ
    カーソルキーなんざhjklで充分だろ

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑