東京ゲームショウ2019 - DELLのブースをレポートします。魅力的な新製品が多数展示されていました!

東京ゲームショウ 2019
こんにちはtakumiです。今年も東京ゲームショウが9/12~9/15の日程で千葉の幕張メッセで開催されています。この記事ではまず、ALIENWAREでおなじみのDellのブースを見学した際の様子をレポートさせていただきたいと思います。

スポンサーリンク

1.新商品について

Dellブースでは、幾つかの新商品の展示が行われていたので、そちらをまずはご紹介します。

NEW ALIENWARE AURORA

AURORA

ALIENWAREのスタンダードデスクトップモデル、Auroraが待望のフルモデルチェンジを行い登場します。筐体デザインは過去の角張ったデザインから一新され、宇宙船を連想させるような丸みを帯びたシルエットになりました。メーカー曰く、これによりエアフローが改善され、さらなる高性能、高寿命化を実現したとのことです。また、新たに「PSUスイングアーム」という、電源ユニットを筐体中部に設置し、可動ユニットを装着することでメンテナンスやパーツ交換が行いやすくなるという設計になり、より一層快適になり、筐体の小型かも実現されました。勿論、パーツ部にはツールレスでアクセスでき、煩わしさがありません。

New Dell G5 Gaming Desktop

g5

Dellのゲーミングモデルとして、コンシューマー向けに開発された「G5」デスクトップです。

筐体構造は一般的なデスクトップPCと大きな差はないものの、正面のデザインは未来を感じさせるようなスタイリッシュなデザインになっており、所有欲を満たされます。また、比較的リーズナブルな価格設定でありながら、CPUはしっかり第9世代インテルCoreプロセッサーを搭載していますし、GPUもNVIDA製GTXまたはRTXモデルを選択可能。オンボードLANチップセットはKiller製と、ゲーマーのニーズをしっかり満たしてきています。サイドパネルがアクリル製なのも、ゲーマー心を擽られるいいデザインだと思います。

Dell Sシリーズ S3220DGF 31.5インチ ゲーミングモニター

dellモニター

一般ゲーマー向けのSシリーズモニターに大型の31.5インチサイズが登場です。1440pの解像度に、リフレッシュレート165Hz対応、更にはAMDの「FreeSync2HDR」対応で、より鮮明な映像美を体感することが可能になっています。

ALIENWARE AW3418DW 34インチ曲面モニタ

awモニター

ALIENWAREはモニターもハイエンドです。こちらのアスペクト比21:9の34.1インチの新作モニターは、UWQHDに対応し、曲面1909Rで圧倒的な没入感を実現しています。また、内部スペックも高性能であり、NVIDIA G-Sync対応、オーバークロック時リフレッシュレート120Hz対応、応答速度4msと一流のゲーマーも納得できる性能となっています。が、その分お値段も10万オーバーとハイエンドなものになっています。

ALIENWARE AW  DW 55インチ 有機EL液晶ディスプレイモニター

aw55モニター

55インチという超弩級サイズのALIENWAREシリーズモニターです。これだけのサイズを誇りながら、4K解像度、リフレッシュレート120Hz対応、更にはFreeSyncやHDRにもしっかり対応とまさに死角無しの大迫力なモニターとなっています。販売価格も税別35万円近くと価格も超弩級ですが、これでもかなり安い部類です!!

スポンサーリンク

ALIENWARE ゲーミングヘッドセットAW510H/AW310H

ヘッドセット

ALIENWAREのゲーミングヘッドセットです。50mmドライバー採用や7.1チャンネルバーチャルサラウンド対応など基本的な部分は抑え、独特の形状設計と一流の素材を使うことによって快適な付け心地を実現しました。

ALIENWARE AW610Mマウス/AW510K キーボード

マウス・キーボード

ALIENWAREのマウス・キーボードです。マウスのAW610は、有線、無線のどちらの形式でも接続をすることが出来、無線時は最長350時間連続で使用可能とのことです。特徴はなんと言ってもその独特の形状であり、手の大きい人でも、どんな握り方でもしっかりとマウスを保持できるとのことです。

キーボードのAW510Kは、スイッチに最近のトレンドである「Cherry MX Low Profile Red」スイッチを採用し、高耐久、高レスポンスでありながら、キースイッチの低背化により、より早くキーを打鍵することが出来ます。無接点スイッチの感触が嫌い、という人にとっては間違いなく最高の選択肢になるでしょう。勿論、USBパススルーやマクロ機能などの便利機能や、RGB対応、Nキーロールオーバー対応など、ゲーミング製品としてほしいところはきっちりと抑えてきてます。

2.期間中のイベント&キャンペーン

会場写真

会場では新製品を試すことができるセットが用意されており、例えば「FF14」の多人数レイドイベントを設置してあるArea51を体験し、その様子を55インチモニターに映し出すというデモが行われていました。

会場写真3

会場写真2

また、別の試遊台ではAAAタイトルのゲームやインディーゲームをALIENWAREで体験することが出来、一般日にはMicrosoftの期待の新作「マインクラフト ダンジョンズ」のプレイアブル展示も行われていました。

キャンペーン

会場に行けないという読者の方もご安心を。現在デルのオンラインショップではTGS出展記念セールとして、対象のALIENWAREまたはDell Gシリーズ製品が最大20%オフ(モニターは15%オフ)となるキャンペーンを行っています。更に今購入すれば豪華なノベルティも貰えるとのことなので、購入を躊躇っていた方には絶好のチャンスとなっています。

3.感想

展示されていた製品を一通りチェックしましたが、その中でもAURORAは待望のフルモデルチェンジということもあり、かなり力を入れているようでした。パーツのみでなく筐体設計も変わっているので、実際に色々と動かしてみたいなという気持ちにさせられました。また、55インチモニターも、確かに高価ではありますが、このサイズ帯のモニターとしては寧ろ破格と言える値段で、かなり気になっています。その他、Dell G5デスクトップも手頃なゲーミングデスクトップとして人気が出そうだなと思いました。

Dellの今後のゲーミング方面の展開にさらなる期待を持ちました。

4.関連リンク(DELL)

Dell Gaming シリーズ TOP
TGS特集ページ

スポンサーリンク