ドスパラの展示会に行ってきました。新製品ぞくぞく登場!みたいよ

ドスパラの展示会
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。7月8日にドスパラの展示会に参加してきました。展示会ではドスパラが発売を予定している製品、ここのところドスパラが力を入れている自作PCキット「パーツの犬モデル」、そしてVRゴーグル「HTC Vive」の体験など、盛りだくさんの内容でした。ということで、この記事では私が気になった新製品について、分かる範囲で紹介します。

スポンサーリンク

1.Diginnos Stick DG-STK4S

Diginnos Stick DG-STK4S
ウインタブとして最初に紹介すべき製品はこれだと思います。ドスパラお得意のスティックPCの新型。ちなみに上の画像の左側は従来型のDG-STK2Sだと思います。また、最近ドスパラが発売したスティックPC用のドッキングステーション「DG-STKLC」とセットで展示されていました。

Diginnos Stick DG-STK4S スペック表
これがスペック表です。RAM4GBというのがいいですね。これでスティックPCに興味が出た!という人もいそう…。あと、筐体のほうもかなり見直しが進んでいて、冷却ファンの装備はもちろん、アンテナも外出しにして電波をキャッチしやすくなっています。このアンテナでかなりスティックPCのイメージが変わりますよね。8月の発売が待ち遠しい!

2.モバイルモニター DG-NP9D

DG-NP9D
スティックPCとペアで展示されていたのがこれ、バッテリー内蔵のモバイルモニターです。分かる範囲でのスペックは

ディスプレイ: 8.9インチ(1,920 × 1,200)
バッテリー: 8,000mAh(非公式の稼働時間4時間)
ポート: microHDMI
価格: 税抜き18,500円、税込み19,980円

8.9インチタブレットに似ていますが、パソコンではなくモニターです。見たところスピーカーもステレオですし、スティックPCとの相性はかなり良さそうに思われます。こちらは7月中に発売されるようです。

3.GALLERIA QHF965HE

GALLERIA QHF965HE
この製品は7月15日に発売されました。GALLERIAとしてはローエンドに属する製品です。展示機に触らせてもらいましたが、相変わらずというかいつもどおりというか、非常に頑丈な筐体で、とてもローエンドの製品とは感じられません。これ、かなりお買い得だと思いますよ!別に紹介記事を書いていますので、詳しくはこちらをご覧ください。
ドスパラ GALLERIA QHF965HE - 「税抜きで10万円切り」のガレリアがリニューアル!実質値下げだね、これ

4.Altair VH-AD

ドスパラ Altair VH-AD
ウインタブで推している、税込みで3万円を切る14インチノートPC「Altair VH-AD」ですが、この製品で唯一「イマイチ」だと思っていたRAM容量が4GBに増量されます。というかバリエーション追加されます。担当の方に口頭ベースでうかがったところによると「8月」発売とのこと。しかも(これも口頭ベースです)お値段据え置き!!!

スポンサーリンク

展示機は従来型と全く同じ筐体で、そういう意味では地味な感じでしたけど、ウインタブ的ユーザー目線ではこの製品の4GB版というのが一番うれしいと思いました。だって、私欲しいですもん!従来型についてはウインタブで実機レビューしていますので、詳しくはこちらをご覧ください。
ドスパラ Altair VH-AD - 期待値を大きく上回る3万円切りの14インチノートPC(実機レビュー)

5.その他タブレット関連

展示会ではドスパラの方がたくさんいて(まあ、当たり前ですね)、いろいろと質問させてもらいました。特にタブレットについていくつかヒアリングさせてもらったので、文字だけで申し訳ないですがお伝えします。

・8インチタブレットにストレージ64GB版追加を検討中
・現行のWindowsタブレットにRAM4GB版を追加する可能性あり
・Androidタブレットについては新しいニュースなし
・Windows スマホについては上位モデルに必要なCPUなどの調達が難しく、当面新製品は出ない

こんな感じです。口頭ベースでのお話なのですが、これでハッキリするのは、ドスパラは小型のWindowsタブレットについて新製品を出す意欲があり、撤退する可能性は少ない、ということでしょう。特に8インチはドスパラがやめちゃったら本当に寂しいことになるので、ひと安心です!

6.パーツの犬モデル

パーツの犬
ドスパラのキャラクターに「パーツの犬」というのがあります。上の画像の左からジュリー、リンダ、サンチュというそうなんですが、この3匹はブログも運営していて、PCパーツ関連の紹介などをしてくれています。

ドスパラ パーツの犬モデル
すごくドスパラらしいと思うんですけど、「パーツの犬モデル」という、PCの自作に必要なパーツをすべて用意し、工具もセットしてくれたうえ、親切なマニュアルまでついている「キット」を販売しています。「自作に興味はあるけど自信がない」という人にも安心で、価格もお手頃になっています。こう書くと初心者向けの低スペック機に思われますが、全然そうじゃなく、最新のVR(バーチャル・リアリティ)対応のハイエンド機までラインナップしてるんですよね。

自作PCというのはウインタブのカバー範囲ではないですが、ドスパラ製品の購入を検討するのであれば、パーツの犬モデルも一緒に考えてみてはいかがでしょうか?
自作パソコン(PC)のすすめ:ドスパラ公式サイト

7.HTC Vive

HTC Vive
最後に、HTC Viveの体験をさせてもらいました。これね、画像がないんですよ、というか撮影が不可能なんで、文字だけでしか表現できないんですが、上の画像のゴーグルをつけ、「巨大ロボットのバトル」を見せてもらいました。圧倒的な迫力です!ああ、だめだ、これしか書けないや…。

ドスパラの店舗でHTCを無料体験させてもらえる(予約が必要)ということなので、お近くにドスパラの店舗がある人はぜひ体験してみてください。詳しくは下記のリンクから。
VR バーチャルリアリティ HTC Vive

8.関連リンク

ドスパラ公式サイト

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    モバイルモニターは自立するのかな?

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。ごめんなさい、見てなかったです。でも確かキックスタンドはなかったような…。月内に発売されると思うので、もうしばらくお待ち下さい。

  2. 匿名 より:

    スティックPCのこのスペックでこの値段が本当ならかなり魅力的ですね。
    早く実機レビューを拝見したいものです。

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。もちろんその場で実機レビューはお願いしております。なので私も楽しみです!