MSI PS63 Modern 8SC(PS63-8SC-035JP)レビュー - スリムで軽量な15.6インチノートですがGeForce GTX1650を積んでます!(実機レビュー)

MSI PS63 Modern(PS63-8SC-035JP)
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。今回はMSIのビジネス&クリエイター向け製品「Prestige」シリーズから、15.6インチ軽量ノート「PS63 Modern(PS63-8SC-035JP)」の実機レビューです。MSIといえばゲーミングPCを思い浮かべますが、この製品はゲーミングノートではありません。でも「やっぱり」といいますが、ちゃんとGeForceは積んでます。それも最新のGTX1650です。繰り返しますが、一応この製品はゲーミングノートではありません…。

スポンサーリンク

1.スペック

MSI PS63 Modern(PS63-8SC-035JP)スペック表
では、スペック表から確認していきます。この製品、ちょっと構成が面白いですよね?CPUは一般的な高性能ノート(ビジネスノート)に搭載されるWhiskey LakeのCore i7-8565Uですが、GPUにはゲーミングノートに使われるGeForce GTX1650が搭載されます。ただし、薄型ノート用のMax-Qデザインなので、省電力性に優れるかわりにパフォーマンスは少し抑えられています。上位モデルのRTXシリーズではありませんが、Turing世代の新しい型番で、ゲーミングノート以外の製品にはまだ搭載されている例が多くありません。

RAMは16GB、ストレージは512GB SSDと十分な容量です。また、MSIの指定販売店のみの対応となりますが、RAMは最大で32GBまで、ストレージに関してはM.2 スロットの空きがありますのでSSDを増設することができます。

ディスプレイは15.6インチのIPS液晶、FHD解像度です。なので、一般的にはスタンダードノートサイズ、ということになります。リフレッシュレートも60 Hzなので、ゲーミング用のものではありません。

入出力ポートはビジネスノートとしては充実しているほうです。USBポートは高規格のものも含め合計で4つ、Type-Cポートは映像出力にも対応し、Type-AポートのうちのひとつはQC3.0規格で他のデバイス(スマホなど)を高速充電することができます。しかし、MSIのゲーミングノートには当たり前のように装備される有線LANポートやDisplayPortなどはありません(後述しますが、有線LANに関しては変換アダプターが付属しています)。

サイズはGTX1650搭載機としては異例にコンパクトです。15.6インチながら横幅は356.8 mmと最小クラスですし、重量も1.6 kgに抑えられています。ウインタブでは「モバイルノートは1.5 kgまで」ということでいつも記事を書いていますが、この製品に関してはGPUが強力なこともありますし「まあモバイル利用もで大丈夫ということでいいか…。」と思ってしまいました…。

2.筐体

MSI PS63 Modern(PS63-8SC-035JP)外箱
いつもは掲載しない化粧箱から。いやね、とても立派でキレイな箱だったのでつい載せてしまいました。ただし、箱としては紙(ボール紙)製で、特にどうということはないんですけどね…。

MSI PS63 Modern(PS63-8SC-035JP)同梱物
同梱物です。レビュー機は貸出機で同梱物のビニール袋が未開封でしたので、開封せずに掲載しています。右下の袋にはLAN(RJ45)(メス)- USB Type-A(オス)の変換ケーブルが入っています。あとはマニュアル類とACアダプターです。ACアダプターのサイズが小さく、かつ軽量である、というのがこの製品のセールスポイントになっていて、実測値は335gでした(電源ケーブル込み)

MSI PS63 Modern(PS63-8SC-035JP)スリーブケース
もう一つ付属品があります。スリーブケースです。表面がスウェード状になっていて、上質な仕上がりです。

MSI PS63 Modern(PS63-8SC-035JP)スリーブケース
蓋はマグネット式で適度な磁力で固定されます。なかなか高級感があっていいなあ、と思いました。

MSI PS63 Modern(PS63-8SC-035JP)天板
MSI PS63 Modern(PS63-8SC-035JP)天板
天板です。素材は金属(おそらくアルミ合金)で、表面に僅かなざらつき(MSIではサンドブラスト加工と呼んでいます)があり、手触りは非常にいいです。また、筐体色は「カーボングレー」で、実際の色は「ちょっと青みがかった、非常に濃いグレー」という感じでした。

MSI PS63 Modern(PS63-8SC-035JP)エッジ
エッジ部分とキーボード面のパームレストの周囲にはダイヤモンドカット加工が施されています。この部分がブルーに輝いていて、筐体色が少し青みがかっているように感じられたのはこの加工も要因かと思います。

MSI PS63 Modern(PS63-8SC-035JP)底面
底面です。両サイドにスピーカーが配置されます。また、GTX1650搭載機ということで、中央の通気口は一般的なノートPCよりも大きめになっています。ユーザーがメンテナンスできる開口部(ハッチ)はありません。

MSI PS63 Modern(PS63-8SC-035JP)前面
前面です。こちらにはポート類やボタン類はありません。

MSI PS63 Modern(PS63-8SC-035JP)右側面
右側面です。画像左からmicroSDカードリーダー、USB Type-A × 2です。

MSI PS63 Modern(PS63-8SC-035JP)背面
背面です。ポート類やボタン類はありませんが、やはり通気口が一般的なノートPCと比較して大型になっているのがわかります。

MSI PS63 Modern(PS63-8SC-035JP)左側面
左側面です。画像左からDC-IN、HDMI、USB Type-C、USB Type-A、オーディオジャック、LEDインジケーターがついています。なお、この面のUSB Type-AポートはQC3.0に対応し、同規格に対応するスマホなどを高速で充電することができます。この機能は地味にありがたいと思いますね。

MSI PS63 Modern(PS63-8SC-035JP)キーボード
キーボードです。この製品は15.6インチサイズですが、テンキーはありません。ENTERキーの右に一列あるタイプで、配列には少しクセがあります。まず、スペースキーが左にオフセットされていて、右手親指でスペースキーをタイプするような人には少し使いにくいかもしれません。それと、Fnキーがスペースキーの右側にしかありません。しかし、設定で「WindowsキーをFnキーとして使う」ことができます。

MSI PS63 Modern(PS63-8SC-035JP)キーボード拡大
キートップはフラットでわずかにざらついた手触りです(ただ、ほとんど認識できないレベル)。アルファベットキーのキーピッチは手採寸で上下左右とも約1.9 mmとフルサイズになっています。また、バックライトも装備されており、バックライト色は標準的なホワイト、明るさは3段階に調整できます。

MSI PS63 Modern(PS63-8SC-035JP)正面
正面から見たところです。ご覧のようにベゼル幅が非常に細くなっています。このせいか、非常にカッコいい!と感じられる筐体になっています。

MSI PS63 Modern(PS63-8SC-035JP)ヒンジ最大開口
ヒンジを最大開口したところです。この製品はメーカー説明によれば「リフトアップヒンジ(ヒンジを開口すると筐体後部がせり上がり、キーボード面に適度な角度がつく)」とのことですが、ウインタブが実機を確認した限り「リフトアップしません」。この部分を重視している人はそんなに多くないかもしれませんが、一応注意してください。

一通り筐体をチェックしてみましたが、「本当にGeForce GTX1650を積んでるんですか?」と思ってしまうくらいにスリムでコンパクトですね。見た感じは15.6インチに見えません。重量が1.6 kgとやや重いものの、モバイルノートとしても十分に使えそうな印象です。また、アルミ製の高級感ある筐体にブルーのエッジアクセント、そしてナローベゼルのデザインは非常に美しいと感じられます。

3.使用感

スピーカー

MSI PS63 Modern(PS63-8SC-035JP)Nahimic
この製品は底面にステレオスピーカーを装備します。配置はよく、ステレオ感もしっかり出ます。ハードウェアとしてのスピーカー品質はそれほど高くないように思われますが、音響アプリのNahimicの出来が非常にいいですね。イコライザーのように非常に細かい設定はできませんが、レディーメードで豊富なメニューが用意されていて、ヴォーカルを強調する、低音を強調するなど、音質を好みに近づけることができます。

またこの製品はゲーミングノートではありませんが、Nahimicではゲームプレイ時、映画視聴用と、利用シーンに合わせて音質をセットすることも可能です。ただし、ゲームプレイ専用の設定項目があるわけではなく、いわば「設定を複数保存できる(好みの設定をいくつかプリセットできる)」という機能と考えていいです。

Nahimicの使い勝手も考慮すると、この製品の音響システムは素晴らしいと言えますが、上に書いたとおり、ハードウェアとしてのスピーカー品質がもうワンランク上だと、さらにNahimicが活きてくるだろうなあ、と感じました。

キーボード

筐体説明のところで記載したとおり、アルファベットキーのキーピッチは手採寸で上下・左右とも約19 mm、キーストロークはノートPCとしては浅めです。打鍵感「パチパチ系」の感触で、押下圧も軽く、確かな手ごたえが得られ、非常に気持ちのいいものでした。また、打鍵音も小さめで、静かな場所で使うのも問題はなさそうです。

配列に関しては、アルファベットキーを使って普通にテキストライティングをする分には問題ないのですが、配列は少しトリッキーです。筐体説明のところから繰り返しになりますが、まず、Fnキーが右側にしかありません。MSIのビジネスノートを試用する際、いつも面食らうのですが、これってかなり珍しいですよね?「WindowsキーをFnキーとして使う」設定がありますので、この点はまあ、大丈夫かと思います。

次に、スペースキーが小さめで左にオフセットされています。スペースキーを「左手の親指」でタイプする人はあまり違和感はありませんでしたが、「右手の親指」を使う人は、やはり使い始めのうち苦労するんじゃないでしょうか?

スポンサーリンク

また、Enterキーの右に一列あるタイプなので、HP製品のユーザーであれば問題ないでしょうが、それ以外の人はやはり慣れが必要だと思います。私の場合、特に右上の「Delete」と「Backspace」の位置関係に少し苦労しました。

ただ、ノートPCのキーボードって、配列にクセがないものを探すほうが苦労するはずなので、大なり小なり、PC買い替えのタイミングでは少し戸惑う、というのはやむを得ないと思います。この製品、個人的にはとってもトリッキー、というわけではないと思います。

ディスプレイ

いつものようにブラウザーのEdgeで「花」を画像検索し、手持ちのノートPC(ThinkPad 13、13.3インチIPS液晶、FHD解像度)と比較してみました。PS63はThinkPad 13よりも「色が濃い」という感じです。発色が自然でくっきり感が高いですね。ただし、これまでのウインタブの実機レビュー経験に照らすと、トップレベルという感じではありません。HP Spectre X360 13であるとか、NEC LAVIE NEXTのほうが「黒がより黒い」という感じで、くっきり感ではPS63を上回ると思います。

また、ディスプレイの輝度についてもSpectreほどではありません。ただし、高性能な15.6インチサイズのノートPCとしての水準はクリアしていると思われ、日中の室内であれば50%くらいの明るさに設定しておけば十分かと思いました。実用上、この製品のディスプレイで不満を感じるケースはまずないでしょう。

MSI PS63 Modern(PS63-8SC-035JP)TRUE COLOR
MSIの製品は独自の設定アプリが比較的多めにインストールされています。ディスプレイについては「TRUE COLOR」というのがありまして、音響アプリのNahimicと同様に、利用シーン別に輝度や色温度などの設定を登録(保存)することができます。ただし、これらはWindowsの標準機能にもある項目で、しかしWindowsの標準機能だとそんなに使いやすくはありません(該当する設定項目がどのメニューにあるかなどが非常にわかりにくいです)ので、使いやすいUIが提供され、しかも複数の設定をプリセットできるというのはありがたいと思います。

バッテリー

この製品は15.6インチサイズのGPU搭載機ですが、重量が1.6 kgということなので、バッテリー稼働時間も重要ですよね。

ディスプレイ輝度を50%にしてバックライトオン(弱)、ブラウザーでYouTubeを開き、音楽を流しながらテキストライティングやWebブラウジングを30分やって、バッテリー消費は13%ほどでした。単純計算だと稼働時間はおよそ4時間ほどということになると思います。公称値が16時間なので、残念ながら遠く及ばない、というのがウインタブの評価になります。ただし、バッテリー稼働時間はPCの利用状況によって大きく変化しますので、ディスプレイを暗くするとか、音を出さないようにするとかの工夫でもう少し稼働時間は伸ばせる可能性が高いです。

しかし、ウインタブのレビューではそんなに負荷のかかることはしてないですよね…。なので、バッテリー稼働時間に関しては個人的にちょっと不満が大きいです。せめて7~8時間くらいは持ってほしかったですね。

その他

MSI PS63 Modern(PS63-8SC-035JP)Creator Center
MSI PS63 Modern(PS63-8SC-035JP)Creator Center
MSI PS63 Modern(PS63-8SC-035JP)Creator Center
この製品には「Creator Center」というオリジナルアプリがインストールされています。MSIのゲーミングノートで言う「Dragon Center」に相当するものと言え、上に説明したNahimicやTRUE COLORのオン/オフやバッテリー保護、はてはWindowsキーの有効化/無効化、WindowsキーをFnキーとして使う、など、多岐にわたる設定が可能です。また、「クリエイターモード(一番下の画像です)」という設定もありまして、残念ながら対象になるアプリ(有名どころではAdobe PhotoshopやIllustratorなど)を使っていないので、どのくらいの効果があるのかはわかりませんでした。これ、ちょっと気になりますよね…。

5.性能テスト

MSI PS63 Modern(PS63-8SC-035JP)ドラクエベンチ最高品質
参考:
マウス NEXTGEAR-NOTE i7901BA1(Core i7-7700K、GTX1080): 21,271
MSI GL63 8SE(Core i7-8750H、RTX2060): 19,178
ドスパラ GALLERIA GCF1070NF(Core i7-8750H、GTX1070): 19,008
MSI GS65 Stealth Thin(Core i7-8750H、GTX1070): 18,571
ドスパラ GALLERIA GKF1070NF(Core i7-7700HQ、GTX1070): 18,222
ドスパラ GALLERIA Mini 1060(Core i5-7500、GTX1060): 18,061
DELL ALIENWARE 17(Core i7-7700HQ、GTX1070): 18,045
OMEN X by HP(Core i7-7820HK、GTX1080): 17,833
ドスパラ GALLERIA GKF1060GFE(Core i7-7700HQ、GTX1060): 17,549
ドスパラ GALLERIA GCF1070GF(Core i7-8750H、GTX1070): 17,153
マウス NEXTGEAR-NOTE i4400GA1(Core i7-7700HQ、GTX1050Ti): 16,951
ドスパラ GALLERIA GKF1060NF(Core i7-7700HQ、GTX1060): 16,865
ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(Core i7-8750H、GTX1060): 16,820
ドスパラ raytrek RKF1060TGK(Core i7-7700HQ、GTX1060): 16,441
ドスパラ GALLERIA GKF1050TNF(Core i7-7700HQ、GTX1050Ti): 16,156
ドスパラ GALLERIA GCF1050TGF-E(Core i5-8300H、GTX1050Ti): 15,923
ドスパラ GALLERIA GKF1050TGF(Core i7-7700HQ、GTX1050Ti): 15,598
ドスパラ GALLERIA QSF965HE(Core i7-6700HQ、GTX965M): 14,964
DELL G7(Core i7-8750H、GTX1060): 13,727
ドスパラ GALLERIA QSF965HE2(Core i7-6700HQ、GTX965M): 12,830
ドスパラ GALLERIA QF960HE(Core i7-4710MQ、GTX960M): 12,791
HP Pavilion Power 15(Core i5-7300HQ、GTX1050): 12,285
ドスパラ Critea VF-HGK1050(Core i7-7700HQ、GTX1050): 12,172

MSI PS63 Modern(PS63-8SC-035JP)DDONベンチ最高品質
参考:
マウス NEXTGEAR-NOTE i7901BA1(Core i7-7700K、GTX1080): 13,600
ドスパラ GALLERIA GCF1070NF(Core i7-8750H、GTX1070): 11,440
MSI GF75 Thin(Core i7-8759H、GTX1050Ti): 11,375
ドスパラ GALLERIA GCF1070GF(Core i7-8750H、GTX1070): 10,875
OMEN X by HP(Core i7-7820HK、GTX1080): 10,828
ドスパラ GALLERIA GCF2070GF-E(Core i7-8750H、RTX2070Max-Q): 10,756
MSI GL63 8SE(Core i7-8750H、RTX2060): 10,635
MSI GS65 Stealth Thin(Core i7-8750H、GTX1070MaxQ): 10,551
ドスパラ GALLERIA Mini 1060(Core i5-7500、GTX1060): 10,491
ドスパラ GALLERIA GKF1070NF(Core i7-7700HQ、GTX1070): 10,215
ドスパラ GALLERIA GCF2070NF(Core i7-8750H、RTX2070): 10,155
ドスパラ GALLERIA GKF1060GFE(Core i7-7700HQ、GTX1060): 9,951
ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(Core i7-8750H、GTX1060): 9,462
DELL ALIENWARE 17(Core i7-7700HQ、GTX1070): 9,364
DELL G7(Core i7-8750H、GTX1060): 9,284
ドスパラ GALLERIA GKF1050TGF(Core i7-7700HQ、GTX1050Ti): 9,124
ドスパラ GALLERIA GCF2060GF-E(Core i7-8750H、RTX2060): 9,100
ドスパラ GALLERIA GCF1050TGF-E(Core i5-8300H、GTX1050Ti): 8,979
ドスパラ raytrek RKF1060TGK(Core i7-7700HQ、GTX1060): 8,867
ドスパラ Critea VF-HGK1050(Core i7-7700HQ、GTX1050): 8,780
ドスパラ GALLERIA QSF965HE(Core i7-6700HQ、GTX965M): 8,568
HP Pavilion Power 15(Core i5-7300HQ、GTX1050): 7,235
MSI PS42 Modern(Core i7-8550U、GTX1050 Max-Q): 5,559

まずゲームソフト「ドラゴンクエスト X」と「ドラゴンズドグマオンライン(DDON)」のベンチマークテスト結果です。この製品の「(モバイル)ノートPC用の省電力CPU(Core i7-8565U)」と「ゲーミングノート用のGPU(GeForce GTX1650 Max-Q)」というシステム構成は「ウインタブとしてはかなり珍しい」ので、比較対象に困ります。まず、GTX1650を搭載しているという時点で一般的なノートPCとは段違いの性能差になりますので、「参考」のところにはすべて外部GPU搭載ノートだけが登場しています。

で、スコアのほう、外部GPU搭載機として必ずしも上位の成績じゃないんですけど、「ドラクエもDDONも普通にプレイできるよね」というくらいにはなってますね。また、強いて比較対象とするなら同じMSIの14インチノート「PS42 Moddern(Core i7-8550U/GTX1050 Max-Q)」が挙げられますが、PS42よりもCPU、GPUの世代が新しい分、DDONのほうではかなりの大差をつけています(PS42はドラクエベンチを測定していません)。

MSI PS63 Modern(PS63-8SC-035JP)3D Mark
参考:
マウス NEXTGEAR-NOTE i7901BA1(Core i7-7700K、GTX1080): 6,703、17,345、37,589
ドスパラ GALLERIA GCF2070GF-E(Core i7-8750H、RTX2070Max-Q): 6,381、14,867、34,742
OMEN X by HP(Core i7-7820HK、GTX1080): 6,283、15,476、30,804
MSI GL63 8SE(Core i7-8750H、RTX2060): 6,205、14,838、33,985
ドスパラ GALLERIA GCF1070GF(Core i7-8750H、GTX1070): 5,583、15,146、36,268
ドスパラ GALLERIA GCF2060GF-E(Core i7-8750H、RTX2060): 5,453、13,800、33,609
ドスパラ GALLERIA GKF1070NF(Core i7-7700HQ、GTX1070): 5,280、14,030、30,686
DELL ALIENWARE 17(Core i7-7700HQ、GTX1070): 5,257、13,233、29,845
ドスパラ GALLERIA GCF1060NF(Core i7-8750H、GTX1060): 3,965、10,506、29,442
ドスパラ GALLERIA GKF1060GFE(Core i7-7700HQ、GTX1060): 3,808、9,888、26,344
GALLERIA GKF1060NF(Core i7-7700HQ、GTX1060): 3,717、9,989、24,824
DELL G7(Core i7-8750H、GTX1060): 3,703、9,743、26,843
GALLERIA GKF1060GFE(Core i7-7700HQ、GTX1060): 3,625、9,784、24,233
ドスパラ GALLERIA Mini 1060(Core i5-7500、GTX1060): 3,583、9,276、22,203
ドスパラ raytrek RKF1060TGK(Core i7-7700HQ、GTX1060): 3,518、9,207、23,689
ドスパラ GALLERIA GCF1050TNF(Core i7-8750H、GTX1050Ti): 2,528、6,776、17,005
ドスパラ GALLERIA GCF1050TGF-E(Core i5-8300H、GTX1050Ti): 2,523、6,802、20,045
GALLERIA GKF1050TNF(Core i7-7700HQ、GTX1050Ti): 2,492、6,858、18,179
NEXTGEAR-NOTE i4400GA1(Core i7-7700HQ、GTX1050Ti): 2,449、6,852、20,453
GALLERIA QSF965HE(Core i7-6700HQ、GTX965M): –、5,344、16,987
ドスパラ Critea VF-HGK1050(Core i7-7700HQ、GTX1050): 1,826、5,553、17,109
HP Pavilion Power 15(Core i5-7300HQ、GTX1050): 1,797、5,230、14,052
MSI PS42 Modern(Core i7-8550U、GTX1050 Max-Q): 1,727、5,094、14,713

続いて3D Markです。このテストではかなり健闘していると言えるでしょう。「Core i7-8750H/GTX1050Ti」搭載のゲーミングノートを上回り、GTX1060搭載機には及ばない、という感じです。この製品のGPUはMax-Qデザインであることを考慮すれば、期待以上のスコアが出たと言えます。また、PS42 Modernにも大差をつけていますよね。

MSI PS63 Modern(PS63-8SC-035JP)PC Mark
参考
DELL G7(Core i7-8750H、GTX1060): 5,401
ドスパラ GALLERIA GCF2060GF-E(Core i7-8750H、RTX2060): 5,328
ドスパラ GALLERIA GCF1070GF(Core i7-8750H、GTX1070): 5,122
MSI GF75 Thin(Core i7-8750H、GTX1050Ti): 5,009
ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(Core i7-8750H、GTX1060): 4,976
ドスパラ GALLERIA Mini 1060(Core i5-7500、GTX1060): 4,906
ドスパラ GALLERIA GCF2070GF-E(Core i7-8750H、RTX2070Max-Q): 4,893
ドスパラ GALLERIA GCF1050TGF-E(Core i5-8300H、GTX1050Ti): 4,545
OMEN X by HP(Core i7-7820HK、GTX1080): 4,290
iiyama STYLE-17FH054-i7(Core i7-8750H) : 4,281
HP Spectre x360 13(Core i7-8565U): 4,223
Lenovo ThinkPad X280(Core i7-8550U): 3,909
ドスパラ Altair F-13KR(Core i5-8350U): 3,778
NEC LAVIE Direct NEXT(Core i7-8550U): 3,704
ドスパラ Critea VF-HEKS(Core i7-8550U、MX150): 3,704
DELL Inspiron 17 5000(5770)(Core i7-8550U、Radeon 530): 3,607
東芝 dynabook AZ65/G(Core i7-8550U): 3,546
MSI PS42 Modern(Core i7-8550U、GTX1050 Max-Q): 3,536
HP ENVY 13(Core i7-8550U):3,534
DELL XPS 13(9370)(Core i7-8550U): 3,518
ドスパラ Critea VF-HGK1050(Core i7-7700HQ、GTX1050 Max-Q): 3,492

ラストはGPU性能だけでなくCPU性能も重視される「PC Mark」のスコアです。このテストでは表計算ソフトや画像加工ソフト、ビデオチャットなどのシミュレーションも行っているので、ビジネスマシンの性能評価をするのであれば最も妥当なものと言えます。

スコアのほう、かなり高いですね!ゲーミングノートをしのぐ結果になっています。MSI PS42 Modernとの大きな差になっていますので、Whiskey LakeのCPU(Core i7-8565U)とGeForce GTX1650のタッグも侮れません。

なお、テスト中の発熱についてご報告します。発熱します。しかもかなりの高温になります。「あちち!」というくらいの温度です。ただ、この製品は上で説明した「Creator Center」の設定でファン風量を上げることができます(Cooler Boostモード)ので、これを使えば多少発熱量が抑えられます。「ちょい熱い」くらいまでにはなりますね。しかしファン音はかなり大きくなります。ウインタブの試用中、発熱が気になったのはベンチマークテスト中のみで、それ以外では全く発熱は気になりませんでしたし、ファン音も静かだったので、「ゲームやるならファンの音がうるさいけどCooler Boostモードに、それ以外は通常モードで」使えばいいと思います。

5.まとめ

MSI PS63 Modern(PS63-8SC-035JP)
MSI PS63 Modern(PS63-8SC-035JP)はPCショップアークで販売中で、6月17日現在の価格は税込み179,064円です。なお、アークはMSI指定販売店なので、注文時にRAMやストレージの構成をカスタマイズすることもできます。

PS63 Modernは他メーカーの競合製品が見当たりません。15.6インチサイズでモバイル利用も可能なコンパクトかつ軽量な筐体でありながら、ゲーミングノート用の高性能なGPUを装備していて、性能面でもエントリークラスのゲーミングノートをしのぎます。

一台のノートPCを「モバイルノートとして」「ビジネスノートとして」そして時には「ゲーミングノートとして」使いたいという欲張りなニーズにしっかり応えてくれる数少ない製品と言えるでしょう。また、高度な画像加工や動画編集をしたいというクリエイターにも向く製品だと思います。

そして、「これ、カッコいい」ですよ!筐体デザインとか質感も文句なしなので、「予算に余裕があって、とりあえず何年か先まで使える高性能ノートが欲しい」ということなら、買ってしまっていいんじゃないですかね?

6.関連リンク

MSI PRESTIGEシリーズ PS63 Modern 8SC PS63-8SC-035JP:PCショップアーク

スポンサーリンク