MSI Stealth 15M B12U - Alder Lake-PとGeForce RTX3060を搭載する薄型・軽量なゲーミングノート

MSI Stealth 15M B12U
MSIがゲーミングノート「Stealth 15M B12U」を発表しました。従来モデル「Stealth 15M A11」からCPUの世代が新しくなり、筐体デザインも変更になっています。厚さ17 mmで重さ1.8 kgと、ゲーミングノートとしては薄型で軽量な製品です。

スポンサーリンク

1.Stealth 15M B12U スペック

スペック表

  Stealth 15M B12U
OS Windows 11 Home
CPU Intel Core i7-1280P
外部GPU NVIDIA GeForce RTX3060 Laptop(6GB)
RAM 16GB(最大64GB)
ストレージ 512GB NVMe SSD
光学ドライブ なし
ディスプレイ 15.6インチ(1,920 x 1,080)144Hz
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth 5.2
入出力 USB3.2 Gen2 Type-C(映像出力対応)、USB3.2 Gen2 Type-C、USB3.2 Gen1 × 2、HDMI、オーディオジャック
カメラ Webカメラ(92万画素)
バッテリー 52 Whr / 4,600 mAh(最大9時間)
サイズ 358 × 248 × 17 mm
重量 1.8 kg

バリエーションモデル

3月21日現在、上記スペック表の単一バリエーションです。

コメント

CPUは第12世代(Alder Lake)のCore i7-1280Pです。ゲーミングノートですが、より高性能な「H」型番ではなく「P」型番を採用しているのが特徴的です。「P」型番を搭載するPCはまだ日本では発売されていません。これまでに発表されたP型番搭載PCの発売日が判で押したように「3月24日」(この製品も3月24日発売です)でして、「要するにそういうこと」です。早ければ今週末くらいにはベンチマークスコアなどが出始めると思うのですが、おそらくP型番でもゲームプレイには十分なパフォーマンスになっているでしょう。この製品は薄型・軽量がアピールポイントの1つになっていますので、省電力性も考慮してP型番が選択されたのだろうと思います。

GPUはGeForce RTX3060です。もちろん高性能なものではありますが、ハイエンドクラスのGPUではありませんので、その意味でも「CPUにP型番」というのは悪くないのかもしれません。RAMとストレージは16GB/512GBで、RAMは最大で64GBまで増設可能です(ただし、空きスロットはないので、標準搭載の8GB×2から換装することになります)。またストレージに関しても空きスロットはないので、おそらく換装のみ可能だと思います。

ディスプレイは15.6インチで解像度は1,920 × 1,080です。最近は解像度1,920 × 1,200といった、アスペクト比(画面の縦横比)16:10の製品が増えていますが、Stealth 15M B12Uに関してはよくある16:9です。ノングレア(非光沢)タイプでリフレッシュレートも144 Hzと、このあたりもゲーミングノートとしては標準的な仕様です。

入出力ポートはちょっと注意が必要です。ゲーミングノートながら有線LANポートがありません。筐体サイズとの兼ね合いもあるんでしょうけど、ここはちょっと賛否が分かれそうですね。一応無線ではWi-Fi6には対応していますけど…。また、従来モデルには装備されていたThunderbolt 4がなくなり、USB 3.2 Gen2 Type-Cとなりました。つい先日紹介記事を掲載したDynabookのニューモデル(Alder Lake-P搭載)でもThunderbolt 4の搭載が見送られていましたので、「CPUの型番による制約」なのかもしれません。

スポンサーリンク

サイズは従来モデルとほぼ同じですが、ほんの少し厚みが増え、重量も100 gほど重くなりました。しかし、アスペクト比16:9の15.6インチディスプレイを搭載しつつ横幅を358 mmに抑えており、厚さも17 mm、重量も1.8 kgですから、ゲーミングノートとしてはかなり薄型軽量と言えます。

2.Stealth 15M B12U 筐体

MSI Stealth 15M B12U
正面から見たところです。ゲーミングノートとしてはずいぶんスリムな印象です。また、ベゼル幅も細めになっています。

MSI Stealth 15M B12U
天板です。MSIロゴ周辺のデザインが大きく変更されました。この製品、内覧会で実機を見させてもらいましたが、ロゴ部分は「プレート」になっていて、光の反射でレインボーカラーに見えます(おそらくイルミネーションではないと思います)。

筐体色は新色「コアブラック」で、従来モデルの特徴的な色「ピュアホワイト」はなくなり、また「カーボングレイ」もなくなりました。

MSI Stealth 15M B12U
内覧会で撮影したキーボードの画像です。この画像では英語配列になっていますが、日本仕様は「テンキーレス日本語キーボード」となります。MSIのゲーミングノートにはSteelSeries製のものが使われることが多いですが、Stealth 15M B12Uについては筐体にSteelSeriesのロゴが入っていませんでした。

また、このキーボードは「Spectrumキーボード」と説明され、エリアごとに異なるバックライト色になっています。バックライト色の変更が可能なのかは不明です。

MSI Stealth 15M B12U

クリックで拡大します

側面と入出力ポートの配置です。USBポートは合計で4つ(うち2つはType-C)にHDMIを装備していますが、上に書いたとおり有線LANポートはなく、従来モデルには装備されていたmicroSDカードリーダーも廃止されました。

MSI Stealth 15M B12U
冷却システムは「Cooler Boost 5」ですが、薄型筐体用に仕様が一部変更されています。ただ、MSIのCooler Boostは冷却性能が高く、長時間のゲームプレイも快適にこなせると思います。

3.Stealth 15M B12U 価格など

MSI Stealth 15M B12Uは3月24日の発売予定で、PCショップアークなどのMSI指定販売店やビックカメラなどの家電量販店で販売されます。3月21日現在、ビックカメラに製品ページがあり、価格は税込み249,800円(ポイント10%つき)でした。

第12世代のCore i7とGeForce RTX3060を搭載しつつ薄型軽量に仕上がったゲーミングノート、ちょくちょくPCを外に持ち出して使うゲーマーに向く製品だと思います。

4.関連リンク

Stealth 15M B12U:MSI公式サイト 製品紹介
Stealth 15M B12Uicon:ビックカメラ

スポンサーリンク