OPPO Realme X Lite - バランスの取れた性能のミッドハイ・スマホ、価格も抑えられています(読者投稿:クグリーさん)

公開日: : Android , ,

OPPO Realme X Lite
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。今回は中国の大手メーカー「OPPO」の新製品紹介です。と言っても日本向けの製品ではありません。中国の通販サイトから入手でき、バランスの良いスペックが魅力のミッドハイモデルです。なお、この記事は読者の「クグリーさん」にご投稿いただきました。ではクグリーさん、よろしくお願いします。

スポンサーリンク

0.はじめに

こんにちは、クグリーです。OPPOがインド向けに展開するブランド「Realme」が中国の通販サイト「Banggood」や「geekbuying」にてRealme Xシリーズが購入できるようになっています。Realme XシリーズはX、X Lite、X Masterといったバリエーションが同時展開されていて、そのうちX Masterは日本のプロダクトデザイナーである深澤直人さんが監修をされています。今回は複数あるRealme Xシリーズのうち「Realme X Lite」についてご紹介します。

1.スペック

OPPO Realme X Lite
スペック表はBanggoodの製品ページと公式サイトから引用しています。

OSにはAndroid 9.0をベースにしたOPPOの最新OSのColorOS 6.0が搭載されています。ただ、Realme Xシリーズは中国向けに展開ということもあってか、サポートされている言語が中国語と英語だけになっており、完全な日本語環境は望めないでしょう(ウインタブ注:過去のColor OS搭載製品は中国市場向けでも日本語化できた、という情報がWebにいくつかありましたが、この製品が日本語対応するのかは不明です)。

ColorOSにはHyperBoostと呼ばれる機能が備わっており、ゲーム等で性能を引き出せるようパフォーマンスが最適化されます。また、VOOC Charge 3.0という独自の急速充電規格に対応していて、高速に充電できることをアピールしています。

CPUにはAI対応を謳うQualcommのミッドハイプロセッサのSnapdragon 710が採用されています。普段使いはもちろんのこと、少し重いゲームでも快適に遊べるレベルのCPUです。

RAMは4GBと6GB、ストレージは64GBと128GBが用意されていて、そのうちストレージが128GBのモデルはRAMが6GBのみとなっています。この機種はMicroSDを取り付けることができるので64GBモデルでも十分だと思います。

ディスプレイのサイズは6.3インチで解像度はFHD+である2,340×1,080、液晶にIPSが採用されています。

OPPO Realme X Lite
インカメラが25MP、アウトカメラが16MB+5MBのデュアルという仕様になっています。インカメラ・アウトカメラ共にAI対応を謳っており、自撮りや夜景撮影に強いことを強調しています。

スポンサーリンク

OPPO Realme X Lite
バッテリーはAI制御によって少ない充電でより長持ちすることをアピールしています。ゲームはPUBGが7時間プレイできる、と具体的なタイトルを挙げて示しているのは好感がもてます。

この機種のUSB差込口は今や一般的となりつつあるType-Cではなく、3-4年ぐらい前の端末ではよく搭載されていたMicro USB規格です。上位である無印版XはType-Cに対応しているのでコストダウンの一環なのかもしれませんが、個人的にはちょっと残念です。

2.デザイン

OPPO Realme X Lite
ディスプレイは角の無い曲線で流行りのノッチディスプレイ、画面占有率は90%を超えています。また、背面には指紋認証センサーが備わっております。

背面の特徴的なS字ラインは毎年フランスで開催されるモータースポーツの「ル・マン24時間レース」から構想を得たデザインだそうです。そういえばル・マンってもうすぐだったよな…と思い調べたところ6月15日から6月16日の開催だったようです。もう少し早く記事を早く執筆して公開すればよかった…。

OPPO Realme X Lite
カラーはLightning PurpleとNitro Blueの2色での展開で、上位モデルのXは白色もあります。

3.まとめ

現在Realme X Liteは「Banggood」では在庫入荷待ちになっており、「geekbuying」にて4GB/64GBモデルと6GB/128GBモデルを購入できます。6月17日現在、4GB/64GBモデルはgeekbuyingで259.99ドル(29,040円)、Banggoodの参考価格も259.99ドル(28,590円)です。6GB/64GBはgeekbuyingでは販売しておらず、Banggoodでの参考価格は279.99ドル(30,789円)です。そして6GB/128GBモデルがgeekbuyingでは319.99ドル(35,742円)、Banggoodでの参考価格は319.99ドル(35,188円)となっています。

日本ではOPPOがsimフリースマートフォンとして「R17 Pro」を投入しています。こちらもX Liteと同じSnapdragon 710を搭載していますが、6月17日現在の価格は66,000円となっており、X Liteのコスパの良さが窺えます。ただ、このRealme Xシリーズは中国向けに投入されたものでありグローバルモデルではない、ということに注意が必要です。

4.関連リンク

Realme X Lite:OPPO 中国語製品ページ
OPPO Realme X Lite(4GB/64GB):Banggood
OPPO Realme X Lite(6GB/64GB):Banggood
OPPO Realme X Lite(6GB/128GB):Banggood
OPPO Realme X Lite:geekbuying

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    現物レビューでもない読者投稿とは
    ちょっと意義がわからないです

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑