LEMFO M1 - 冷静な突っ込みはヤボというもの、アイデア勝負のスマートウォッチ(natsuki)

公開日: : アクセサリ , ,

LEMFO M1
こんにちは、natsukiです。今回は、中華通販をあさっていて目にとまった、面白スマートウォッチを紹介してみたいと思います。ブランド名は「LEMFO」。最近、ウインタブでも取り上げることの多い、勢いのあるスマートウォッチブランドです。もっとも、スマートウォッチの世界はまだまだお世辞にも成熟しているとは言えず、実用面では何かと厳しい製品も多い、危険なジャンルとなっています。

スポンサーリンク

でも、だからこそ、アイデア勝負の挑戦的な製品が出てくる。最近実機レビューした「LEMFO LEM9」も、ダブルCPUのダブルOSという意欲的な製品でした。そんなLEMFOが、またやってくれました。

1.概要

LEMFO M1
画像のとおり、見た感じはありがちな健康サポートタイプのスマートウォッチ。スマートウォッチといっても、そんな多機能なものではなく、単純な健康管理がらみの機能が入っているだけのものですね。で、なに、どこが違うというの?

LEMFO M1
パカッ!

LEMFO M1
ポポーン!!

はい、爆笑。

なんと、ワイヤレスイヤホンを内蔵して、スマートウォッチ本体が充電ドックになっています。

2.スペック

え? まだ続けます? 話としては、もうオチたんですけど……

じゃあ、一応。

とはいえ、この製品、製品紹介ページ中でスペックの記載が錯綜していて、正確なところが分からないんですよね。まあ、処理能力を競うような製品ではないですが。以下の情報は、TOMTOPとAliexpressのページを総合しています。

スマートウォッチ本体

LEMFO M1
まず、スマートウォッチ側の機能ですが、この図が分かりやすいです。「時計」「万歩計」「カロリー」「心拍数」「血圧」。典型的かつ基本的な、健康管理用スマートウォッチです。この他、睡眠チェックや長時間座りっぱなしの警告など、健康管理用スマートウォッチとして標準的な機能は一通り備えている模様。なお、カメラはなく、スマホカメラの遠隔操作もできないようです。

スポンサーリンク

LEMFO M1
もちろん、スマホと連携して通知をチェックすることもできます。ただ、どこまでのアプリに対応しているかは分かりません。例えば、LINEって日本人はよく使っているけれど、国際的にはそれほどメジャーなアプリじゃないんですよね。システム言語は英語と中国語のみで、専用アプリの対応言語にも「日本語」は入っていないので、メールのプレビューなどはちゃんと表示されるか怪しいものです。なお、スマホとの連携はスマホに専用アプリをインストールして行います。この方式は、スマートウォッチとしては標準的。

電池保ちは7日から15日ということで、一瞬、おお!? と思うものの、別にAndroidを動かしているわけではないので、こんなものか。重量は表記が45gだったり46gだったり、まあ、そのあたり。充電機構を積んでるにしては案外軽いですが、イヤホンまで含んでいるのかどうかは分かりません。イヤホン充電機能との兼ね合いなのか、防水ではないようで、これはスマートウォッチとしては厳しいところか。

通信形式も、Bluetoothなんですが、バージョンが4.2と書いてあったり5.0と書いてあったりではっきりしません。本体とスマホは4.2で、イヤホンとスマホは5.0? 実用上でさほど差はないと思いますけれど。

イヤホン

イヤホン側のスペックは、電池保ち、対応コーデックなど、一切不明。うむ、これは怖いぞ。

LEMFO M1
形状については、この画像が見やすいでしょうか。薄い船のような、独特の形状ですね。あー、これは多分、残念ながら私は無理なタイプです。私の場合、耳の突起が外を向いているので、伝統的な引っかけるタイプのイヤホンは装着できないんですよ。フィット感は、個人差が大きそうです。引っかけ型のイヤホンで安定する人なら、大丈夫そうかな。

3.価格など

この「LEMFO M1」は、いまのところAliexpressかTOMTOPで扱っています。記事執筆現在、Aliexpressで4,622円、TOMTOPで5,085円。TOMTOPの方がやや高めなものの、PayPalが使える分の安心感はあります。気をつけたいのは、どういうわけだか、まったく同じ型番の丸形のスマートウォッチが存在します。なんで製品名かぶらせてんの? ご注意ください。

LEMFO M1
ほぼ同スペックで、ちょっとデザインの違う「LEMFO T89」というのもあり、こちらはAliexpressのみ扱っています。価格は、記事執筆現在4,758円とほぼ変わらず。なお、違うブランドで、片耳のパターンのものもあるようです。

正直、機能からすると、細かい仕様がよく分からないこともあって、冒険するにはちょっと高いかなと感じます。腕時計でイヤホンを充電する必然性も、よく分からない。でもでも、これはそうやって冷静に判断する製品じゃありませんね。実質的に唯一無二なので、刺さる人には刺さるかもしれません。実際、AliexpresもTOMTOPも、製品ページを見ると意外と売れているようです。実用性やコスパはとりあえず置いておいて、やっぱり、こういう、なんでもやってみようという製品は楽しいですもんね。

4.関係リンク

LEMFO M1 Smart Bracelet BT Earphone:TOMTOP
LEMFO M1 Newest AI Smart Watch With Bluetooth Earphone:Aliexpress LEMFO Official Store
LEMFO T89 TWS Smart Binaural Bluetooth Headphone Fitness Bracelet:Aliexpress LEMFO Official Store

スポンサーリンク

Comment

  1. スパイ映画チックな見た目、カバンの中からイヤホンを取り出すといった手間が嫌な人には案外良い気がします。

  2. ミハエル週末派 より:

    非常に合理的な商品ですね。メリットがデメリットを上回っていると思います。
    これからもこういう商品を紹介してください。

  3. かぜ より:

    実はイヤホン型盗聴器とかイヤホン型ボイスチェンジャーとかイヤホン型麻酔銃とかイヤホン型ドローンとかイヤホン型爆弾とか考えた
    夢が膨らみます

  4. ぽん より:

    すげー!!って思っちゃいました。片耳でいいので、省電力設計ならなおよしですね。

  5. 匿名 より:

    これ好き。普段音楽聞かないけど時々イヤホン欲しくなる時あるから意外と便利かも。

  6. 匿名 より:

    ワイヤレスイヤホンをなくすのが嫌で、腕に巻き付けていたけどこれならいいかも!

  7. なお より:

    問題があるとしたら
    湯切りのときに内蔵イヤホンがどこかへ飛んで行ってしまう恐れがあるので
    ラーメン店員さんには向いていないスマートウォッチですね
    ラーメン店員さんは注意ですよ!

  8. natsuki より:

    まさかの大反響、ありがとうございます!
    こんな怪しげな製品なのに、みなさん、好きですねぇ(笑)
    この製品を知ったのは、TOMTOPのプロモーションメールなんですが、電車の中でチェックしてて笑い転げそうになって危なかったです。ディスプレイが「パカッ」という絵面が、もうツボにはまりました。そこ、開くんかい!! この笑撃を共有できて何よりです。

    >見習いプログラマーさん、5.匿名さん、6.匿名さん
    確かに、いつでもそこにあってすぐに使えるというのは、このガジェットの最大の利点ですね。まじめに評価すると、この必要性があれば買いなんじゃないかと思います。

    >ミハエル週末派さん
    ありがとうございます。こういう製品にいち早く出会えることこそ、「世界の工場」たる中華通販の楽しみだと思うので、これからも積極的に紹介していきたいと思います。

    >かぜさん
    スマートウォッチはどんどん多機能化しているので、スパイ道具系はリアルになってきていますね。ちなみに、スパイボールペンは、すでにボイスレコーダーやカメラは当たり前になってきていて、調べると面白いですよ。

    >ぽんさん
    この企画力は、さすがは中国ですよね。電池保ちとかのきちんとした情報がよく分からないところも含めて(笑)

    >なおさん
    確かに!!(笑) 指揮者なんかも要注意ですね!!

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑