MSI Bravo 15 B5 - CPUはRyzen、GPUはRadeon、”AMDイズム”なゲーミングノート

MSI Bravo 15 B5
MSIが15.6インチサイズのゲーミングノート「Bravo 15 B5(B5DD-029JP)」を発表しました。CPU、GPUともAMD製を搭載しています。最近はゲーミングノートでもCPUにAMD Ryzenを搭載する製品が増えていますが、ノート用GPUは依然としてGeForceの天下が続いていますよね?MSIのBravoという製品は以前からCPU、GPUともAMD製で、ウインタブでは先代モデルを実機レビューしていますが、製品価格の割に性能が高く、GPUのAMD Radeonは同等クラスのGeForceに負けないくらいの実力がありました。

スポンサーリンク

先代モデルの実機レビュー記事はこちらです。なお、レビュー機は「Ryzen 5 4600H/Radeon RX5300H」という構成でしたが、その後は「Ryzen 7 4800H/Radeon RX 5500M」という構成になっています。
MSI Bravo 15の実機レビュー

ここでご紹介するBravo 15 B5、スペックだけでなく、筐体も新しくなっていますよ!

1.Bravo 15 B5 スペック

スペック表

  Bravo 15 B5
OS Windows 10 Home
CPU AMD Ryzen 7 5800H
外部GPU AMD Radeon RX 5500M(4GB)
RAM 16GB(最大64GB)
ストレージ 512GB M.2 NVMe SSD
光学ドライブ なし
ディスプレイ 15.6インチIPS(1,920 x 1,080)144 Hz
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth 5.1
入出力 USB 3.2 Gen1 Type-C、USB 3.2 Gen1 × 2、USB 2.0、HDMI、オーディオジャック、LAN(RJ45)
カメラ Webカメラ(92万画素)
バッテリー 53.5Whr/4,562 mAh
サイズ 359 × 259 × 25 mm
重量 2.35 kg

バリエーションモデル

6月10日時点で公表されているのは上記スペックのみ、単一バリエーションです。

ポイント

・CPUは第4世代のRyzen 7 5800H
・GPUもAMD製のRadeon 5500Mと
・新筐体を採用

コメント

冒頭に書かせていただいた通り、直近で販売されている従来モデルのBravo 15は「Ryzen 7 4800H/Radeon 5500M」という構成なので、新しいBravo 15 B5はCPUが新しくなり、GPUは変更なし、ということになります。

RAMは標準で16GB、MSI指定販売店で最大64GBまで搭載可能です(DIYによる増設も可能ですが、その場合メーカー保証が切れてしまいますのでご注意ください)。ストレージは512GB SSDです。このあたりは従来モデルと同じです。また、ディスプレイは15.6インチのFHD解像度でリフレッシュレートも144 Hzと、いまどきのゲーミングノートとしては標準的と言える仕様になっています。

スポンサーリンク

サイズを従来モデルと比較してみましょう

ニューモデル:359 × 259 × 25 mm / 2.35 kg
従来モデル:359 × 254 × 21.7 mm / 1.96 kg

従来モデルよりも少し厚くなり、重量は結構増えてしまいましたね。

2.Bravo 15 B5 筐体

MSI Bravo 15 B5
BravoシリーズはMSIの他のゲーミングPCとはロゴデザイン、あるいはシンボルマークが異なります。MSIといえば「ドラゴン」ですけど、BravoはThunderbird(サンダーバード)です。

筐体は先日発売されたPulse GL66(ウインタブで実機レビュー済み)によく似ています。ディスプレイ面は左右ベゼルが細く、上下のベゼルはやや太めです。特に上部ベゼルはゲーミングノートらしい感じがしますね。

MSI Bravo 15 B5
天板です。ここもPulse GL66と同様、模様が入っています(同じ模様ではありません)。筐体素材は不明ですが、Pulse GL66の天板が金属製だったので、このBravo 15 B5も同様かと思います。

MSI Bravo 15 B5
天板のロゴが非常にカッコいいですね。従来のMSI製品とは雰囲気がかなり雰囲気が違うように思われます。

MSI Bravo 15 B5
すみません、キーボードの拡大画像がありませんでした。他の製品画像を見ると従来モデルにはなかったテンキーが搭載されているのがわかります。また、バックライトは「シングルカラー」つまり、赤のみなので、オフィスなどではちょっと目立つかも。

MSI Bravo 15 B5
この画像だとわかりにくいですが、底面にはハニカム模様の大きな通気口があります。また、MSIのゲーミングノートには「Cooler Boost」という冷却システムが搭載されていますが、Bravo 15 B5にも「Cooler Boost 5」という、2基のファンと6本のヒートパイプからなる冷却システムが使われています。

3.Bravo 15 B5 価格など

MSI Bravo 15 B5(B5DD-029JP)は6月17日の発売予定で、MSIストアやMSI指定販売店のPCショップアークで予約販売がスタートしています。価格は税込み148,800円です。記事中も書かせていただきましたが、この製品はユーザーがDIYでRAMやストレージの増設をするとメーカー保証が切れてしまいますので、標準のRAM16GB、ストレージ512GBで不足感のある人はアークで購入されるといいでしょう(注文時にカスタマイズが可能で、保証も切れません)。

従来モデルをレビューしたあと、「Bravoって割安感があるのにイマイチ話題に上らないなあ」と思っていました。ご存知の通りノートPCのジャンルでもAMDの存在感が非常に大きくなっていますが、この先AMD GPUを搭載するゲーミングノートも数が増えてきそうですよね。

4.関連リンク

Bravo 15 B5:MSI公式サイト 製品紹介
Bravo-15-B5DD-029JP:MSIストア
Bravo 15 B5 Bravo-15-B5DD-029JP:PCショップアーク

スポンサーリンク