ALLDOCUBE GT Book - CPUにJasper LakeのCeleron N5100を搭載するモバイルノート。販売価格に注目しましょう!

ALLDOCUBE GT Book
中国メーカーのALLDOCUBEが14インチモバイルノート「GT Book」を発売します。中国メーカーが積極的に手掛けているCeleron搭載機で、最新のJasper Lake世代を搭載しています。価格次第ではありますが、CPUが新型番ということもあり、かなり期待できそうな製品です。

スポンサーリンク

1.GT Book スペック

スペック表

  ALLDOCUBE GT Book
OS Windows 10(Home版と推定)
CPU Intel Celeron N5100
外部GPU なし
RAM 12GB
ストレージ 256GB SSD
光学ドライブ なし
ディスプレイ 14.1インチIPS(1,920 x 1,080)
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth 5.1
入出力 USB Type-C、USB 3.0 、オーディオジャック、microSDカードリーダー
カメラ Webカメラ(1MP)
バッテリー 7.6V/5,000 mAh
サイズ 323 x 207 x 17 mm
重量 1.35 kg

コメント

中国メーカーのWindows PCはスペックが少し古いかわりに価格が安い、というパターンが多いのですが、このGT Bookは全般に新しいスペックになっています。

CPUはJasper LakeのCeleron N5100です。ウインタブではまだ実機レビューをしたことがないCPUですし、搭載PCもまだ非常に少ないので、Webでベンチマークスコアを調べてみました。

Celeron N5100 ベンチマーク

画像出所:Passmark

まずはウインタブがよく参照させてもらっているPassmarkのスコアです。んー、現在一般的に使われているGemini Lake世代のCeleron N4100とほぼ同じスコアですね。もちろん妥当なスコアなんでしょうけど、ちょっと釈然としないです。

Celeron N5100 ベンチマーク

画像出所:CPU Monkey(クリックで拡大します)

CPU MonkeyにCINEBENCH R20のスコアが掲載されていました。これを見ると確かにCPU性能は上がっているようです。実際のところ「どのくらい性能が上がっているのか」というのははっきりとはわかりませんが、早く実機を試してみたいなあ、とは思います。

RAMは12GBと、CPU性能から見て十分な容量になっています。また、ストレージは256GB SSDですが、

スポンサーリンク

ALLDOCUBE GT Book
底面にM.2 スロットがあるのが確認できました。このスロットには初期搭載の256GB SSDは入っていると思いますので、「増設」ではなく「換装」になると思いますが、より大容量のストレージを搭載可能です。

ディスプレイは14.1インチのIPS液晶、FHD解像度です。ALLDOCUBE製品は直近でタブレットのiPlay 40を実機レビューしていますが、ディスプレイ品質は高かったです。なので、この製品の発色性能にも期待できそうに思います。

通信まわりではWi-Fi 6に対応しますし、Bluetoothも5.1規格と新しいものが採用されています。中国メーカーのCeleron機でWi-Fi6対応というのはまだ珍しいです。

サイズについて、14インチモバイルノートの「MSI Summit B14 A11」と比較してみましょう。

GT Book:323 x 207 x 17 mm / 1.35 kg
Summit B14:319 × 219 × 15.9-16.9 mm / 1.3-1.36 kg

ノートPCとしての「格」がまるっきり違うんですけど、その割にGT Bookは健闘していますね。中華ノートの場合、重量が少し重くなりがちですが、14インチで1.35 kgなら、まあOKでしょう。

2.GT Book 筐体

ALLDOCUBE GT Book
すみません、メーカーサイトから画像を引用しているのですが、背景がちょっとうるさくて見にくいです。

中国メーカー品の場合、筐体画像を盛る(ベゼルが細く見えるように画像加工している)ケースがあります。しかし、この製品は筐体サイズから考えて、全く盛られていないか、盛られていたとしてもごく僅かだろうと思います。上下左右ともベゼル幅がかなり細く、スタイリッシュに見えます。

ALLDOCUBE GT Book

クリックで拡大します

画像がわかりにくいので気づかなかったかもしれませんが、上部ベゼルにWebカメラは確認できませんでした。これはキーボードの画像ですが、ヒンジの中央付近にWebカメラがあるのがわかります。ちょっと前にプチ流行した「下から見上げる」タイプのWebカメラです。これね、あんまり映りが良くないんですよね。正確には画質が悪いわけではなくて、アングルが悪くてイケメンに映らないんです。

キーボードはバックライト付きでキートップは大型サイズ、おそらくキーピッチにも十分な余裕があると思います。

ALLDOCUBE GT Book
側面と入出力ポートの配置です。ここには写っていませんが、左側面の前よりに3.5mmイヤホンジャックも装備しています。しかし、これは高く評価することはできないですね。ポートの絶対数が足りませんし、HDMIポートもありません。一応USB Type-Cポートが映像出力に対応しますので、外部モニターへの出力は可能です。また、USB Type-CポートはUSB PD充電にも対応しています。

ALLDOCUBE GT Book
最後に天板です。この画像はメーカーの紹介動画からキャプチャしたものですが、GT Bookは素材と筐体色にバリエーションがあるようです。メーカーサイトのスペック表にこんな記載がありました。

A shell-metallic gray sandblasted
B shell-plastic black material sun pattern
C shell-plastic gray material sun pattern
D shell-metallic gray sandblasted

AとDは全く同じものにしか見えないですねw 一応金属筐体とプラスティック筐体があり、筐体色はブラックとグレーがあります。また、sandblastedというのはいわゆる梨地加工、sun patternというのは…、わかりません。サンドブラストの反対で「つるつる」という意味でしょうか?

3.GT Book 筐体

ALLDOCUBE GT Bookは6月10日現在、ALLDOCUBEの公式サイトに製品紹介ページがありますが、まだ販売がスタートしていません。この記事を書く際にBanggoodに「発売予定はあるのですか?価格はいくらですか?」と聞いてみたら「発売します。価格はまだ決まっていません」とのことでした。

現状価格がわからないのでいいとも悪いとも言えないのですが、現在の中華ノートの相場(Celeron N4100搭載機で300ドルから300ドル台後半くらいまで)くらいであれば、かなり魅力的なのではないかと思います。

4.関連リンク

GT Book:ALLDOCUBE公式サイト(日本語)
※一応日本語サイトですが、説明はほぼ英語です。

スポンサーリンク