ALLDOCUBE iPlay 40H - 大人気の高性能Androidタブレットに新たなバリエーションモデル

ALLDOCUBE iPlay 40H
中国メーカーのALLDOCUBEが10.4インチサイズのAndroidタブレット「ALLDOCUBE iPlay 40H」を発売します。既存モデルの「iPlay 40」はウインタブでも2回実機レビューをしていますが、性能、品質とも中華の低価格Androidタブレットとしては最高水準といえ、実際、日本でもよく売れている中華タブレットだと思います。

スポンサーリンク

ALLDOCUBE iPlay 40の実機レビューはこちらです
ALLDOCUBE iPlay 40の実機レビュー - 性能高め、質感も良くて軽量、10インチクラスのAndroidタブレットではベストバイか!
ALLDOCUBE iPlay 40の実機レビュー(第2回)- 質感良し、性能良し、価格良し、機能性良し。古いハイエンドタブレットからの乗り換えにもおススメしたい優秀なタブレット

先に結論を書かせていただくと、ニューモデルiPlay 40Hと既存モデルiPlay 40の相違点は少なく、現在すでにiPlay 40をお使いの人がわざわざ買い換える必要はないと思われます。しかし、現在iPlay 40の購入を考えている人はちょっと迷ってしまうかもしれません。

なお、この記事ではiPlay 40との相違点を中心にご説明します。

1.ALLDOCUBE iPlay 40H 概要

スペック表

    ALLDOCUBE iPlay 40H
OS  Android 10
CPU  UNISOC T618
RAM  8GB
ストレージ  128GB
ディスプレイ  10.4インチIPS(2,000 × 1,200)
LTEバンド  B1/2/3/5/7/8/20/28AB
SIM  Nano SIM×2(SIM2はmicroSDと排他)
ネットワーク IEEE 802.11a/b/g/n/ac、 Bluetooth 5.0
入出力  USB Type-C
カメラ  イン5MP/アウト8MP
バッテリー  6,200mAh
サイズ  246.7 × 156.5 × 8.2 mm
重量  475 g

コメント

OSはAndroid 10、CPUはAntutu Ver.8で20万点オーバーのスコアをマークするUNISOC T618、RAMは8GB、ストレージは128GBと良スペックで、既存モデルiPlay 40と変わりません。また、10.4インチと「ちょっと大きめ」で解像度2,000 × 1,200というディスプレイ仕様もiPlay 40と同じです。

スポンサーリンク

ALLDOCUBE iPlay 40H
異なるのはここ、インカメラの位置です。iPlay 40は縦持ちを想定しているようでインカメラは左側面(横持ち時)にありましたが、iPlay 40Hでは上面(横持ち時)に変更されました。どちらがいいのか、というのは人それぞれだと思いますが、ZoomやSkypeでWeb会議やボイスチャットなどをする場合はiPlay 40Hのカメラ位置のほうが使いやすいでしょうね。

ALLDOCUBE iPlay40
この画像はライターの.TAOさんが実機レビューした際のものです。iPlay 40には筐体色のバリエーションがなく、ブラック(ガンメタリック)のみでしたが、iPlay 40Hはホワイト(あるいはシルバーかも)のみとなります。

そしてサイズも微妙に異なります。

iPlay 40H:246.7 × 156.5 × 8.2 mm / 475 g
iPlay 40:248.1 × 157.86 × 8.2 mm / 475 g(実測値458 g)

iPlay 40の実機レビュー記事を見ていただければわかると思いますが、もともとiPlay 40は筐体サイズが小さめで、ベゼルもタブレット製品としては細く仕上がっています。iPlay 40Hは若干ですがさらに小型化していますね。ただ、この記事のトップ画像は少し盛っている(ベゼルが細く見えるように画像加工している)ように思われます。

ALLDOCUBE iPlay 40H
スピーカーの仕様はiPlay 40から変更ありませんが、4スピーカーで「しっかりステレオ」です。比較的低価格で購入できるタブレットのスピーカーとしては十分に合格点をあげられるでしょう。

2.ALLDOCUBE iPlay 40H 価格など

6月10日現在、ALLDOCUBE iPlay 40HはBanggoodにも製品ページがなく、ALLDOCUBEの公式ストア(Aliexpressなど)でも販売はスタートしていません。いつから購入できるようになるのかは不明ですが、大人気製品の新バリエーションということなので、遠からず発売されると思います。

また、価格も不明ですが、システムスペックが既存モデルのiPlay 40とほぼ同じであることから、iPlay 40(実売価格は200ドル前後)と大きくは変わらないと思います。

「カメラの位置」と「筐体色」が違うだけ(まあ、サイズ差はそこまで気にしなくていいでしょう)なので、冒頭に書かせていただいたように、iPlay 40のオーナーがあえてiPlay 40Hに買い換える必要はないと思いますが、これから購入する人にはちょっと悩みどころかもしれないですね。

3.関連リンク

iPlay 40H:ALLDOCUBE公式サイト(中国語)
※ALLDOCUBEは英語、日本語のサイトもありますが、6月10日現在だとiPlay 40Hは中国語サイトにしか情報がありません

スポンサーリンク

コメント

  1. 朴念仁 より:

    iPlay40の上位版かと思ったら、High ではなく Horizontal の H なんですね(多分)