マウス m-Book Fシリーズ(2019・Celeron)- ベーシックでとっても使いやすい15.6インチノートにCeleronモデルが追加!

マウス m-Book Fシリーズ(2019・Celeron)
マウスコンピューターが15.6インチ・スタンダードノートの「m-Book Fシリーズ」にCeleronモデルを追加しました。なお、2019年モデルのm-Book Fシリーズ(Core iプロセッサー搭載モデル)については先日紹介記事を掲載していますので、詳しくはこちらをご覧ください。
マウス m-Book Fシリーズ(2019)- 15.6インチで「基本がしっかりした」スタンダードノート、Core i3モデルが追加されました

スポンサーリンク

PC購入の際、何を優先するかというのは人それぞれですが、私の好みだと「機能優先で、デザインの優先順位は低い」です。なので、ThinkPadが好きなんですよね。国内メーカーだとマウス製のPCは好きです。マウスの製品はほとんどの場合、デザイン(薄さとか)よりも入出力ポートの構成など「使い勝手」を優先しているように思われます。

1.スペック

マウス m-Book Fシリーズ(2019・Celeron)
m-Book Fシリーズの概要については上にリンクしたCore iプロセッサー搭載モデルの紹介記事で説明済みなので、この記事では簡単に触れたいと思います。

CPUのCeleron 3867Uですが、Kaby Lake R世代で、Celeron 3865U(Kaby Lake)の後継モデルと思われます。残念ながらまだPassmarkでベンチマークスコアが公開されていませんが、Celeron 3865UのスコアがCeleron N3450(Apollo Lake世代で、エントリークラスのノートPCによく使われていました)といい勝負くらいだったので、「じゃあ3867UはCeleron N4100(Gemini Lake世代で、最新のエントリークラスのノートPCによく使われています)と同じくらいかなあ」と予想しています。

要するに、Core iプロセッサーには及ばないものの、Celeronとしては高性能な部類で、Officeソフトなどを使う分には十分な実力があると思います。

RAMは最低で4GB、カスタマイズにより最大で32GBまで増設可能で、ストレージは2基搭載可能、最低構成だと500GB HDDになりますが、SSDの追加をしたり、SSD+SSDという構成にすることもできます。いつも書いていますが、ウインタブとしては「せめてOSだけでもSSDに」と思っています。この製品の場合、500GB HDDという構成の最下位グレードでも128GB SSDを追加できます(税抜き6,800円)ので、これを追加するだけでも格段にサクサク動くでしょう。ちなみにマウスではSSDを増設注文する場合、OSはSSDにインストールしてくれます。

また、この製品は光学ドライブを搭載可能です。「必要ない」という人も多いかもしれませんが、DVDスーパーマルチなら税抜き3,800円、ブルーレイでも9,800円で追加できますので、それほど高額なオプションでもありませんし、つけておくとTSUTAYAで映画のDVDレンタルなんかをして楽しめるかもしれませんよ。

あと、マウスのノートPCで特筆したいのが「入出力ポート」ですね。この製品もUSBポートが合計で4つ、映像出力もHDMIとD-sub、そして有線LANポートもありますし、SDカードリーダーはmicro規格ではなくフル規格です。というか、この製品のポートにはmicro規格はありません。なので、ビジネス利用にせよ、デジカメからのデータ伝送にせよ、ラクラクとこなせます。

スポンサーリンク

2.筐体

マウス m-Book F(2019)
m-Book Fシリーズは15.6インチスタンダードノートとして、特にコンパクトサイズとは言えません。2019年現在だとむしろ「少し大きめ」といったほうがいいかもしれません。正面から見ても、特にナローベゼルということはありませんし、ブラック一色でそっけない感じです。いや、これがいいんですけどね…。

マウス m-Book F(2019)
マウス m-Book F(2019)
キーボードと入出力ポートの配置です。キーボードに関しては15.6インチなのでテンキーがつき、配列の癖も大きくはありません。また、マウスのこだわりポイントとして、タッチパッドには「物理クリックボタン」がつきます。入出力ポートに関しても上に書いたとおり、非常に充実しています。

なお、m-Book Fシリーズの旧モデルはウインタブでも実機レビューしています。おそらく筐体は現行モデルと同じと思われますので、筐体構造についてより詳しく知りたい場合はこちらのレビュー記事を参考にしてください。
マウス m-Book F - プレーンな15.6インチスタンダードノート、末永く使えそうな「真面目さん」の印象(実機レビュー)

3.価格など

マウス m-Book Fシリーズ(Celeron)はマウスコンピューター公式サイトでは販売中で、3月25日現在の価格は49,800円(税込み53,784円)から、となっています。「これなら使いやすそう」と思われる「RAM8GB/240GB SSD/DVDスーパーマルチ搭載」という構成だと58,800円(税込み63,504円)ですね。CPUが少し非力に感じられるかもしれませんが、テキスト入力とかExcelで比較的シンプルな表を作成したりとか、そういった用途なら十分満足できると思いますよ。この製品の場合、Core i3/Core i5/Core i7も選べますので、ご予算と用途に応じてCPUを選ぶといいでしょう。

派手さはありませんが、ビジネスにもプライベートにも頼りになる製品だと思います。

4.関連リンク(マウスコンピューター)

15.6型 m-Book F シリーズ
icon

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑