マウス m-Book Fシリーズ(2019)- 15.6インチで「基本がしっかりした」スタンダードノート、Core i3モデルが追加されました

マウス m-Book F(2019)
マウスコンピューターが15.6インチスタンダードノート「m-Book Fシリーズ」にCore i3モデルを追加しました(逆に従来設定のあったCeleronモデルが販売終了となりました)。記事タイトルに「2019」って入れてますけど、従来のCore i5/Core i7モデルの基本仕様に変化はないようなので、実際は「モデル追加」ということになると思います。m-Book Fについては過去にウインタブでも実機レビューをしており、実用本位の真面目なノートPCという印象があります。
マウス m-Book F - プレーンな15.6インチスタンダードノート、末永く使えそうな「真面目さん」の印象(実機レビュー)

スポンサーリンク

1.スペック

マウス m-Book F(2019)
マウスはBTOメーカーなので、注文時にOSのバージョンやCPU、RAM、ストレージの構成をカスタマイズできます。CPUは第8世代ですがWhiskey Lakeではなく、Kaby Lake R(Core i3はKaby Lake)です。RAMは最低で4GB、最大で32GBですが、4GBを選べるのはCore i3モデルのみです。また、ストレージは2基搭載可能で、SSD + HDDにすることができますが、注文時にSSD + SSDという構成にすることはできません。

光学ドライブは搭載可能ですし、非搭載とすることもできます。また、DVDスーパーマルチドライブだけでなく、ブルーレイドライブも選択可能です。

ディスプレイは15.6インチでFHD解像度、形式については不明ですが、2017年6月に実機レビューをした際には「おそらくTN」という評価をしています。

入出力ポートは「マウスのm-Book」なので充実しています。別にマウスの人が公言しているわけではないですが、「必要なポートを減らすくらいなら薄型にする必要なし」という考えなんじゃないかと思います。頑固にD-subを残してますよね…。

サイズは15.6インチのノートPCとして良くも悪くも「普通」です。タテ・ヨコ・厚さそして重量は一般的なスタンダードノートそのものですね。2018年とか2019年に発売された上位クラスのスタンダードノートの場合は横幅が360 mmくらいですし、重量が2 kgを切るものもありますので、それら最新機種との比較ではむしろ少し大きめです。

2.筐体

この製品の筐体は2017年にウインタブが実施したレビューの頃から変わっていないと思われますので、実機レビュー記事も合わせてご覧ください。

マウス m-Book F(2019)
正面から見たところです。若干四隅が角ばっている印象があります。ベゼルは特に細いわけではありませんが、筐体色がブラックでベゼル面もブラック、ということで少し引き締まって見えます。

スポンサーリンク

マウス m-Book F(2019)
天板もマウスのロゴが控えめに入っているだけで、特に装飾がないシンプルなものです。また、筐体素材はプラスティックで、そっけないものではありますが安っぽさを感じるようなものではありません。

マウス m-Book F(2019)
キーボードです。15.6インチサイズなのでテンキーが装備されます。キーピッチは18 mm、キーストロークは約1.8 mmと標準的で、バックライトは装備されません。配列は素直で特にクセも感じられませんが、右側のShiftキーのサイズが小さいというのが少しトリッキーなところです。使い始めのうちはミスタイプする可能性がありますが、慣れてしまえば特に問題はないと思います。

マウス m-Book F(2019)
側面と入出力ポートの配置です。この製品には光学ドライブが装備されます(光学ドライブなしも選べます)が、それでもポート類は充実しています。なお、SDカードリーダーは側面ではなく前面に装備されています。

マウス m-Book F 底面
これはニューモデルではなく、2017年に実機レビューをした際の画像です。画像上部に着脱式のバッテリーがあるのがわかると思います。2019年にバッテリーを着脱式にしているメーカーはかなり少なくなってしまいましたが、マウスは依然として大部分のノートPCで着脱式バッテリーを維持しています。

3.価格など

マウス m-Book Fシリーズはマウスコンピューター公式サイトで販売中で、今回追加されたCore i3モデルの価格は66,800円(税込み72,144円)から、となっています。ただ、最安値のモデルはカスタマイズなしの状態だとRAM4GB/500GB HDD/光学ドライブなし、になりますが、RAM8GB/256GB SSD/光学ドライブあり、のモデルを選ぶと74,800円(税込み80,784円)です。こっちのほうが数段使い勝手が良くなるでしょう。

あくまで私が見聞きした程度の話ですが、知人とかショップのスタッフの人にノートPC(デスクトップPCでも)の購入アドバイスをしてもらう際に、「CPUはCore i5にしておくと安心」的なことを言われるケースがあるようです。確かに間違ったアドバイスではありませんが「でも最近のCore i3は性能いいよ!」と付け加えたい気持ちもちょっとありますね…。

4.関連リンク(マウスコンピューター)

15.6型 m-Book F シリーズ
icon

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑