CHUWI Hi10 Go - Jasper LakeのCeleron N5100を搭載する10.1インチWindows タブレットが4月に発売されます!

CHUWI Hi10 Go
中国メーカーのCHUWIが10.1インチWindowsタブレット「Hi10 Go」を発売する予定です。昨年ウインタブでも実機レビューをした「Hi10 X」の後継機となるのか、あるいは別ラインなのかは不明ですが、ウインタブとしては初見(というかまだ見ていない)のCPU、Celeron N5100を搭載している、ということなので、とても気になるニューモデルと言えます。

スポンサーリンク

1.概要

3月13日現在、スペックに一部不明な点があり、筐体画像も2枚しか公開されていませんので、わかる範囲でご説明します。

スペック表

  CHUWI Hi10 Go
OS Windows10 Home
CPU Intel Celeron N5100
GPU なし
RAM 6GB
ストレージ 128GB eMMC
光学ドライブ なし
ディスプレイ 10.1インチ(1,920 × 1,200)タッチ
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetoosh 5.1
入出力 USB Type-C × 2、HDMI、オーディオジャック、micro SDカードリーダー
カメラ 不明
バッテリー 22Wh
サイズ 243.9×162.6×8.5 mm
重量 不明

Jusper Lake!

「Atom Z8350/RAM4GB/64GB eMMC」というスペックが長く続いていた低価格帯Windowsタブレットの市場で、「Celeron N4100/RAM6GB/128GB eMMC」という「一皮むけた」スペックを引っさげて登場したのがCHUWI Hi10 Xでした。Hi10 Goは基本的にこのスペックを踏襲していると言えますが、最重要項目と言っていいCPUの型番が変更になっています。

IntelのARKはこちら
Celeron Processor N5100:Intel

CHUWIの説明資料ではこのように説明されています。

インテルのJasper Lakeは10nmプロセスで作られた高性能かつ省電力のプロセッサで、2021年に発表されました。
Hi10 Goが採用したこのプロセッサは、新しいTremontアーキテクチャに基づき、前世代のGemini LakeよりIPCが30%向上。TDPはわずか6W、4コア4スレッドで動作し、ブーストクロックは2.8GHzに達しています。GPUの周波数は最大800MHzで、4K動画をスムーズにデコーディングできます。

ベンチマークスコアについて、3月13日現在、Passmarkには公表値がありませんでしたが、CPU MonkeyにCINEBENCH R20のスコアが掲載されていました。

スポンサーリンク
CHUWI Hi10 Go

画像出所:CPU Monkey(クリックで拡大します)

CINEBENCH R20は少し前までウインタブの実機レビューで使用していました。実測値はこんな感じです(一部だけ掲載します)

CHUWI CoreBox Pro(Core i3-1005G1): 399、824
HP EliteBook x360 1040 G6(Core i5-8265U): 396、1,177
MSI Modern 14 B10R(Core i7-10510U): 389、1069
HP Elite Dragonfly(Core i5-8265U): 318、1,187
CHUWI Hi10 X(Celeron N4100): 153、404
Jumper EZbook x3 Air(Celeron N4100): 150、421
Microsoft Surface Go 2(Pentium Gold 4425Y): 147、366
※左から、シングルコア、マルチコアでのスコア

いかがでしょう?性能はイメージできますでしょうか。ウインタブで「軽めの作業ならそこそこ使える」と評価しているCeleron N4100よりは確実に性能アップしているようです。ただし、Coreプロセッサーには及ばないですね。第7世代Coreくらいならいい勝負になるでしょうか。

CPU以外はHi10 Xとほぼ同じ

RAM6GB、128GB eMMC、10.1インチWUXGA(1,920 × 1,200)のディスプレイ、という仕様はHi10 Xと変わりません。低価格帯のWindowsタブレットとしては十分満足できるスペックだと思います。

また、CHUWIのスタイラスペン「HiPen H6」が使えるということなので、4,096段階の筆圧に対応するペン入力も可能と思われます。

筐体

サイズはHi10 Xから変更がありました。

Hi10 Go:243.9×162.6×8.5 mm / 重量不明
Hi10 X:261.8×167.3×8.8 mm / 実測値594 g

タテ・ヨコサイズがずいぶん小さくなっています。

CHUWI Hi10 Go
トップ画像を再掲します。CHUWIからは、前面が2.5D全面ガラスパネルで筐体はフルメタル製である、という説明がありました。画像だとよくわかりませんが、サイズがHi10 Xから小さくなっていますので、ベゼル幅も細く、いくぶんスタイリッシュになっていると思われます。

CHUWI Hi10 Go
キーボードはHi10 Xから変更されています。Hi10 Xはヒンジ付きの本格的なものが用意されました(別売り)が、Hi10 Goでは薄型の簡易なタイプとなります。この画像を見る限り、キーボード側にキックスタンドがついているようです(実際どのような形状なのかは不明です)。

CHUWI Hi10 X

参考:CHUWI Hi10 X

よりノートPCっぽく使うのであればHi10 Xのほうが良さそうですが、重量はHi10 Goのほうが軽くなっていると思いますので、製品特性から見て、どちらがいいのかは賛否のあるところでしょう。

それと、Hi10 Xでもそうでしたが、10.1インチタブレットでありながら、USB Type-Cが2つとHDMI(CHUWIの資料では単にHDMIと書かれていましたが、おそらくmicroHDMIだと思います)がついているのは立派だと思います。

2.価格など

CHUWI Hi10 Goは4月発売予定で、3月13日現在、価格はわかっていません。CHUWIの場合、プレオーダー開始前にメールアドレスを登録すると割引クーポンがもらえるという施策を取るケースが多いので、この製品についても同様の施策が用意される可能性があります。

Jusper Lake搭載ということで、日本でも人気が出そうなWindowsタブレットだと思います。続報が入りましたらまたお知らせします。

3.関連リンク

CHUWI 日本語公式サイト
※3月13日現在、Hi10 Goの製品ページはありません

スポンサーリンク

コメント

  1. 通りすがり より:

     ついにHi10系後継機?が..。
    ただ、見たところデザインアクセントといい
    寸法といい、ほとんど同社Androidタブレットの
    CHUWI SurPad筐体を転用したかのような風貌ですね(厚みの表記が違う)。
    HiPen H6が使えるなら期待大です。
    10nmプロセスCPUなら実稼働時間にも注目したいですね!